トップページ > とりあえず雑感 > 経済ニュースを見て時代は変わりつつあるなぁ…と意味もなく感じている雑感ww 

経済ニュースを見て時代は変わりつつあるなぁ…と

意味もなく感じている雑感ww

                    2016年10月10日
夕食をとりながらニュースを見ていた。
株式取引もしているせいもあるので多少は経済ニュースも興味本位でみてしまう。
実際にはあまり役には立たないのだが…(´・ω・`)y-~

そんなニュースの内容に中国では昨今リストラの嵐でデモをしているとの事。

一昔前の日本のニュースみたいに派手に取り上げられていた。
現在の日本ではあまり取り上げられていないのは、既に世間は『会社等の収入の1本化には可能性を見出せていない』事に気づき始めていると思うのだが如何なものだろうか?

今現在は企業側も収入の保証が出来ないので副業を認める会社が増えてきている様子。
企業側が色々な御託を並べるが本心は違うと考える。

企業側も責任が持てない内部事情がある。
人を雇うには企業側にも大きなリスクが付きまとう。

それは仕事量に応じての人員が合わない点にある。その証拠に派遣業が未だに衰退しないというのが現状だ。

何せ業務量が少ないなら派遣を切れば良いのだから[ 本当に社員の事を考えている ]という建前に翻弄されてはいないだろうか?

事実、人を雇うと見えないお金が無駄に税金として流れていく仕組みがある。

それと同様に社会保障や厚生年金、福利厚生等のお金も自動的に流れていく仕組みがあるという事を知っている人は多いが実際にその金額を見た人は本当に少ない。

それゆえに面倒な経理も雇わないといけない会社事情はどうしても派遣に頼らざるを得ないというワケ。
しかも利便性が高いとくるとなおさらだ。

その中でも若い派遣は正社員に夢を抱いているのでヒタスラ問答無用の仕事量をこなしていく。
もはや奴隷に等しい現実がある。

近年、派遣法が変わったのを知っているかい? 若干企業側の扱いも変化していくのが面白いw
最近ニュースで派遣法案が改定された。
どうやら過酷の極みである作業者の離脱が年々増加している為に派遣企業も慌てている御様子w

もうね…人材を駒のように扱っているのがモロバレですよ。
確かに労働者のピンハネが企業収入になるのだから当然といえば当然ですけど…。

これから先は忘れ去られた[ 個性 ]が時代を担うサービスや事業を展開する世の中になるワケですよ。

実質、この[ 個性 ]を各自個人個人が扱う時代になるのはもっと先のような気がしますが俺がジジイになる頃には何らかの変化が実際に起こるのだと確信している。

特に経済的にもSOHO感覚が浸透してくれば働くという概念はもっと細分化され極小単位で大きな産業になると思うんだ。

そうなると個人も気づき始める。
幾つか収入源を持つ強みやメリットも…

キャッシュ的な動きを見せる国側が 後押しし出すのが目に見える。
基本的に国はキャッシュ的な行動を頻繁に起こす。
一昔前は酒税が大きな問題になった。

特にビールの売れ行きが懸念されアルコールメーカーは研究に研究を重ねて苦労の末に[ 発泡酒 ]を開発し大きな売り上げにつながったのだが国は速攻で発泡酒の酒税を引き上げる動きが出た。

安くて美味いがメインの発泡酒が酒税で高くなると意味が無くなるとメーカーは怒るのは当然だが国は基本的にお構いナシだ。

次に高速道路を1000円化も大きな現象だが基本的にどうなのか?という所。意味が分からん。

そして近年は株式投資。
耳に新しい[ NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)]も基本的には国が参加率を高め株価を操作しようとした節がある。

言わば合法的な一方的戦術でもあるが投資家は基本的にこの類には非常に冷静だ。

何故なら加熱しすぎればしすぎるほど逆を狙っているのだから。

そして何れはネット資産まで税金を掛けてくる気がするのは俺だけだろうか?

でもそれは現実的にはかなり困難を極める。
何故なら本来あるべき[ モノ ]では無いのだから税金の掛けようがないからだ。

そこで予想しうるのは国がビジネスを促進させようとする方法を取ると考える。

つまり教育レベルからネットビジネスを推進するという形から個人所得を底上げしようと考える方法だ。
ただし政治家は基本、企業を大事にしてしまう。

何故ならそこには基盤となる[ 企業票 ]があるからだ。

それでも加速する個人事業の行方。
次第に分かってくるだろうが、今現在日本の投票率は世界に類を見ない程低いんだコレがwww

もう殆どの人が政治に関心が無い。
誰がやっても同じだから。

でもSOHOやネットビジネスをやっている人がコレから個人レベルで増えだすと(そもそもネットビジネスは個人ですw)企業の票すらアテにならない事を政治家は分かってくると思う。

その内に無所属で大勢当選する時代がくるのだろう。
まあどーでもイイけどwww
結局の所、稼いでいる所には税金が取れる仕組みがあるのが日本なのよ。マジで。(#゚д゚) 、ペッ

だから今後の日本は個人レベルで資産を作る[ 術(教育) ]は次世代に伝えていかなくてはいけない気がする。
教育や知恵は基本的に税金は掛からないし盗めないから。

どれだけ教育が[ 就職への道 ]から[ 自己表現という自由への道 ]に成り代わるか俺は晩年に眺めてみたい気がするわ。
                  (´・ω・`)y-~

とくに以下の良書は次世代に読ませてあげて欲しい。
           ↓
   
今回は多少乱文になったが経済ニュースをみると色んな背景が絡み合ってしまう程に整理出来ない状況にも見えるが個人でビジネスを所有してくると色々見えてくるワケよ。

出来ればみんな企業に依存せず自由にビジネスを持って欲しいと願うばかりだ。

そうする事で自然とゆとりが生まれ、人口も局地集中せずに経済が自然の流れを取り戻すと考えてしまうんだなコレが。

事実、収入源を1本化しないというのはリスクの軽減にもなるし、職業選択の自由もそこに在るんだ。
それを知って欲しいなぁ。(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU