トップページ > とりあえず雑感 > 車検に出したんだけど代車が余りにも殺風景すぎて…(´・ω・`) ショボーン 

車検に出したんだけど代車が余りにも殺風景すぎて…

(´・ω・`) ショボーン

                    2016年10月26日
本日、車検で車を出したら店から代車をくれたのだが…
手配上の関係で『大変申し訳ありません!代車が出払っておりまして1日間、このお車でご容赦下さいませんか?』との事なので禁煙車なら何でもOKの旨を言った所…

何と軽四がアテがわれてしまった。
何でだろう?
         (´・ω・`) ショボーン

オ…俺、車検に出した車ってワンボックスなんだけどな。
まあイイけど。

何年ぶりだろうか?
軽四に乗るのは。

実はブラック就労時代の時に所属していた業種で[ 代行業 ]の期間が数年あった。

その時の事を嫌ってほど味わったし、基本…俺大柄なので常用しか乗りたくはないのだが1日だけならと思い久しくアクセルを踏む運びになった訳だ。

走行10万キロは行っていないので程々のエンジンだ。
ちなみに代行業では軽四車両と言うものは[ 車の終着地点 ]なので酷い場合には事故さえなければ40万キロ近く走るんだよ。知ってた?

俺が乗った事のある最高走行距離は38万キロの車両があった。これは最終的に代行メンバーの誰かが事故でオシャカにしたらしい。

ブラック企業の恐ろしい所は、そんなオンボロ車でさえ弁償の対象になるんだよ。

少しその頃を思い出してみる…
無知な知ったかぶりの奴等は[ 代行保険 ]があると思うだろうけど実際には経費の関係上、無保険の車両も数台はあるんだ。
登録上では何とでも誤魔化しが利くからな。

そんでもって車両を事故って大破させてしまうと保険が掛かった車両は程度によって直すのだが免責の関係上、弁償対象となるケースが多いんだ。

会社はあらゆる手段を使って経費で落としたり場合によっては保険を使うが結果的に損になる事は絶対にしないし保険金でさえ懐に入れてしまうケースが殆どだ。

代行のドライバーは結構、そんな弁償金を月賦で支払い薄給を貰いつつ飼い殺しに遭っている輩も結構いるの。

俺は事故率0%だったが明日は我が身と神経ピリピリで業務に当たってた。

逆にカマ等を掘られた100:0の事故(要は相手の全面責任の加害事故)に関しては代行業者は容赦無しのキリトリをする。

これは車両保険業界の方は詳しい事だろう。
実際に代行相手に加害事故の保険を使用した場合は絶対に限界ラインまで取られる。

何せ代行業者は業務命令(大半は進んで自分から通院する)で必ず1ヶ月の内に20日程は通院するのだから絶対に保険料を根こそぎ取られるのだ。

それに業者は低賃金で働かせているにも関わらず、事故に限り所得証明を作る場合には非常に迅速丁寧な対応してくれる。

しかも優良企業並みに書面を偽装して数字を水増ししてくれる。
この理由は至ってシンプル。
休業補償と言う名の書面だからだ。
そして業務資産という車両から〜代行業務の営業保障まで全て保険屋は保障しなくてはならないので一般事故よりも大変なのだ。

代行業務は利益ならトコトン骨までしゃぶる。
その為、この手の保険に対する知識は意外と詳しい。
ちなみに従業員やバイトは休業補償を貰いつつ業務に当たるのでその月から数ヶ月(保険屋がMAX保障に折れる期間まで)はホクホクの手取りとなる。

でも実際には半分…場合によっては会社が全額取る場合もある。(ブラック度の深さによるが…)さらに事故ばかり起こしている負債まみれのドライバーはコレで充填(負債軽減!)される。

ドライバーにはマジでダメな輩が存在する。
集中力の無いヤツや調子コキなヤツ、間抜けなヤツやドン臭いヤツはこの業界で企業側に必ずカモにされる。
何故なら事故が適度に起こす輩は低賃金で働かされるから。

でも皆、辞められないしブラックに就労する幾らかのメリットの為にメンツは何故か集まるものなのだ。世の中の底辺ってこんな感じで強かに回っている。

しかも皆、共通して幾らかのスネに傷をもっている人間が多く何より
基本的に人格崩壊者が多い。

かなり差別的な表現だがブラックに就労すると比較的…というより次第に人間性に闇を溜めてしまい易いものなのだ。

どんな人間でもコレにアテられると少しずつではあるが染まっていくものなのだ。

それだけ人間は弱く不安定な生き物。
俺は自分のビジネス(アフィリエイト)を立ち上げられたのは運が良かったのだろうか…?あのままブラックに引き込まれたらと考えるだけでマジ身震いがする。((;゚Д゚)ガクガクブルブル

代車の車内を見渡すと余りにも殺風景…
そんな思い出を考えながら見渡すと…

余りにも殺風景。( ゚д゚)ポカーン
ナビもTVもない。
必要最低限度のみの装備…。
なんだかなぁ…。

ボロイ代行車両でさえ何かついとるぞ!
でも最近の車種って灰皿がついてねーのね。関心関心。
久々にアクセルをフカしたけど…やっぱり振動を拾う。
しかも狭い、異常に疲れる。

今になって思うけど、あの頃…睡魔に襲われながらもハンドル握って毎日毎日300キロ前後は運転してたなぁ。
もう戻りたくはない。(#゚д゚) 、ペッ

そーいや装備を見て思ったが最近の車は軽四ですらカーナビやTVは当たり前に付いて、パワステ・パワーウインドウ・エアバック・UVカットガラス・収納スペースなんて標準装備なんだなぁ。

しかも軽四にも衝突安全カメラやセンサーも付き出した。
本当に時代は変わった。自動運転にもなる訳だ。

俺がガキの頃なんてスバル360でも十分満足していた時代だった。(どんだけ昔なんだか!)

収入の差で車も価値観も視野も変わる。
そーいや、リーマン時代…俺は車が持てなかった。
経済事情のせいでもあるのだが原チャリ通勤が成人してもなお7年以上も続いていたのだが、ツレ達は33ナンバーの車をローンを組んで乗り回していた。

非常に羨ましかったのを覚えている。
当時、俺は[ 雨風が凌げれば屋根が付いてハンドルが付いてタイヤが4つ付いていれば良い! ]と本気で思っていた。
高級車ナドト想像すら出来なかった。

現在は車をキャッシュで購入し、オプションを装備した純正の車に乗っている。何故か車検でのこの待遇が不思議だが…?

ビジネスを持つと初めて所得の形によって所有するものにも選択肢が増える事がとにかく嬉しかった。

今は素直に自分の人生を振り返ってみてドンが付くほど底の経験があるが故にひとしおに有り難味を感じるのである。

俺は今後、夢の形が幾つかあるが定住するべき足場を作ると同時に感覚向上の目的で公用車両を調達しようと考えている。

果たして環境を向上させると
自分の意識中の[ 富面に関する部分 ]にどんな変化が起こるのかが楽しみ。

ビジネス途上の中なので未だ貧乏性が染み付いているのだが、今後の人生をじっくり掛けて洗い流したい。
今回の代車でまた初心に帰った気がする。
まず当面の目標は月収の桁をもう一つ上げる事だ。

しかし、今はソレよりもマジで狭いから明日、車が上がったらサッサと乗り換えよう。
                (#゚д゚) 、ペッ




------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU