トップページ > とりあえず雑感 > さあ!冬集軍が到来してきたよ!電気毛布は最強でサイコー! 

さあ!冬集軍が到来してきたよ!

        電気毛布は最強でサイコー!

                    2016年11月04日
ココのところ、急激に冷え込んできた。
             ((;゚Д゚)ガクガクブルブル

俺は毎年毎年お世話になる暖房器具があるんだよ。
それが電気毛布!

実は昔Amazonで購入したものだがコスパ最強なのでお勧めするよ。

実は安い上にコスパに優れている!
上記の商品はAmazonで安かったので購入した。
       ↓

実はこの商品。
スッゲーペラペラなのよ。
でもね…
それを上回るコスパ理由があるんだ。
使って解ることも実際にはある事を実感したわ。

その1 電気毛布全般に言えることだが 問答無用で暖かい!
マジで温い(ぬくい)!
もうね…適度に(・∀・)イイ!!
冬場にはついつい布団に包まってしまう。

コレがコードレスなら冬季の期間、自宅内でのトータルファッションとして活躍することだろう。(´・ω・`)y-~

そして手元のスイッチはスライド方式なので簡単に温度調節出来るのが嬉しい。
ちなみに上記に映っている電気毛布は2代目。
1代目は2年ほど使い込んでしまいボロボロになったので再購入した。
双方とも[ 敷き ]専用だが俺は布団カバーの中に仕込んで使用しているのでノープロブレム。
伊達にホームレス経験者ではない。

その2 電気毛布全般的に言えることだが 電気代がアホみたいに安い!
Amazonサイトを見ると気付くとは思うが基本的に電気毛布は
100w以下がほとんどを占めている。
もしくは一旦温まると100wも必要としないのが現状であるという事!

それだけ人体への近距離暖房は光熱費を必要としない。

何故なら人体に近過ぎる暖房器具だから。

1ヶ月の電気代も1コイン以下なのだ。
これには流石に使っていて驚いた!

実際、俺のようにストーブ嫌い(灯油の匂いがダメ)&コタツ嫌い(身体がデカイのでテーブルにブチ当たるから…子供の頃はコタツに潜るのが好きだったのだが大きくなるにつれて体がはみ出てしまうようになった。当然か…)で、オマケにエアコン&クーラー大好きな輩にとって電気代は気になるカテゴリーなのだ。

今では基本的に24時間つけっぱなしでも稼ぎはあるのだが、いかせん貧乏性は完全に抜け切らないという不覚さも健在な為にコスパが高いと純粋に嬉しいのだ。

そして介護経験があると、どうしても
火の元が過剰なまでに気にするタチなので低温発熱の暖房器具は安心して使えるという心理部分があるんだよ。

今現在は用途&種類が豊富! Amazonを除く価値アリだ。
今現在、電気毛布というものは用途が豊富!
そして種類もデザインも豊富!
幾つか紹介しよう。

☆山善(YAMAZEN)
ふわふわもこもこ電気掛・敷毛布(188×130cm)
表面フランネル・裏面プードルタッチ仕上げ
室温センサー付 YMK-F43P(T)

このクラスになるとコンセントさえあれば氷点下でもやってけそうな気になってしまうわ。
特にこのタイプになると手触り&肌触り共にチョットした着ぐるみ状態にもなれるだろう。
ちなみにこのタイプでひざ掛けタイプも存在する。


☆日本製 なかぎし
電気ひざ掛け毛布 140×82cm NA-055H-RT レッド [NA-052Hの新モデル]ナカギシ ホットブランケット

コチラはひざ掛け専用のデザイン。
冷え性の女性にはお勧めの一品だ。
デザイン性もオフィスや車内(車内コンセントがある車両等)そして自宅の座椅子等で使用するにはもってこいだろう。


☆apro(アプロ) 日本伝統文化
「甲斐巻き」の電器毛布版 ショルダーウォーマー KWS-M201K

コチラは少し変り種のもの。
実はコレ、高齢者特有の冬季に起こる神経痛には非常に嬉しい品なのだ。
特に首や肩関節の冷えによる激痛には特にお勧めだ。
実際に冷えによる神経痛は温泉等による保温等による暖めで痛みは緩和される。

俺はこの年になってから身体を温める大切さを知るようになった。若い時はなーんとも思わなかったなのだが起床して多少ストレッチが必要になる体年齢になった。

特に朝風呂へ浸かると確かに代謝が活性化して調子が戻るのだ。歳をとるという事を今を以ってヒシヒシと感じる今日この頃だ。

最後に一言。 これらの商品は全て洗濯OKだよ! コレ大事な事アルヨ。
どうしても暖房器具となると意外にも汗をかくものだ。
その為、常に清潔にしておく事が大切。

最近の電気毛布関連は
全て洗濯が可能な製品がほとんどだ。
しかも温度調節をMAXレベルで畳んでおくと
ダニ退治が出来る製品も数多く存在するので説明書きをキチンと見ておくと良い。

ちなみに今、この記事を綴っている状態はというと…

…とこんな状態で書き込んでいる。
さて…Maru-Jan でノンビリ勝負でもすっかな…。
                  (´・ω・`)y-~


------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU