トップページ > とりあえず雑感 > 不覚…冬のフトンにはいると日付が変わるんだわw 

不覚…冬のフトンにはいると日付が変わるんだわw

                    2016年11月23日

冬のフトンの魔力を侮ってたわ…不覚なり…orz

今、[ Abema TV ]を見てヘッドライン一覧を閲覧中。
相変わらず韓国が揉めている。
アメリカも…違いがあるとすればアメリカ株式市場が盛り上がっている事くらいかな。

俺としては仕事上、この手の経済的話題の方が有益だ。
アメリカ国民もデモなんぞせんで、もっと生産的な行動を取れば良いのにとマジで思うわ。

真っ向方針で決まったものを弱者立場を逆手に取ってデモ行進する事が本当に[ 自由の国アメリカンドリーム ]を掲げる国風なのだろうか?甚だ疑問…。(;´・ω・`)ゞ


他の経済的ニュースと言えば流通関連かな。
物流業界で人員不足からトラックを連結式貨物を検討している御様子。

長距離の物流で1度の搬送を多くする意向なのだろう。
これも数年後には解消されると俺は踏んでる。
それは自動運転技術。

コレにより物流業界が大きく変化するだろう。
更にはドライバーに関するサービス業界も変わると考える。
24時間体制で運行管理されれば運送コストが鉄道と併用する事により劇的に変化するだろう。

そしてタクシーや代行業も多くの人件費削減にも大きく寄与するだろう。実は経営側から見れば自動運転になれば従業員からの[ 文句・愚痴・デモ・有給・福祉・福利厚生 ]が一切不要となるのは大きい。(ブラックならこの半分以下の経費だがw)

ついでにヘッドラインニュースや以前に書いた記事[ 身代わり出頭なんて今に始まった事ではない。一般的に知られていないだけ… ]でも記載したが人を雇うと言う事はこの様なリスクを併発するものだ。

自動運転であれば配達員が車を離れている時に自動運転で周囲を回送しておくと駐車ではなくなるのでこの手の問題もなくなるだろう…と考える。

後の問題は…
自動運転で溢れた人材は確実に無職になるだろう。
そして驚くべき事は…実はドライバー業に属している人達は傾向として組織作業や集団作業には向かない人が多いのだ。

コレは俺がドライバー関連に一時期就労していた事により肌で体験した答えだ。

労働時間は基本、かなり長いが全体的に就労密度としては意外と薄い傾向にある。
その確固たる理由は[ 集荷時間 ]にあるからだ。
企業側が荷造り後の集荷時間というのは結構ギリギリなもので、この瞬間が一激烈に番忙しい。

その時間帯までは基本、トラック等でノンビリしている時間が結構多いんだよ。知ってたかい?

タクシーや代行業も同じで経営者側から見れば、この[ 就労密度 ]としてはムラがあるんだ。コレを経営者は嫌う。

就労しているものにとっては基本的に[ ヒマ ]な方が嬉しい。
これが雇う側と雇われる者の相違なの。
生産業界がロボットに意向したい部分から見れば当然だ。

その証拠にドライバー業に従事し、一旦水に合うと職を点々としても業種はワッパ持ち(ドライバー業)に依存してしまう事が多い事は余り知られていない。

その理由は[ 他人の顔色を見る事の煩わしさが少ない事や関わりが少ない事 ]に魅力や生活スタイル傾向にメリットを見出している事にあるからだ。

俺は初めてドライバー業に従事した時に古参の人に忠告された言葉が今でも脳裏に残っている。

古参先輩→( ゚Д゚)ノ (´・ω・`;)←俺
『へろょと君(←仮名)…この業種に慣れてしまったら、もう戻れんようになるぞ!人生の底辺に居心地を覚えたら這い上がれんようになるから気をつけろよ。底辺の堕落は麻薬のようなモンだ…ワシ等の姿をよう見とけば嫌ってぐらい解るから…』と。

俺は人生の中で多くの職人や古参の方々に可愛がられたクチだ。
その御蔭なのかどうかは不明だが、無欲の言葉には目利きが利くようになった。だからこの[ 無欲の言葉 ]には素直に受け取るようにしている。

利害関係が全く存在しないアドバイスは人生の金言になる事が多い。これはオッサンからのお節介だ、覚えとけ。
                   (´・ω・`)y-~

あとのニュースで気になったのは[ おにぎりで死亡事故 ]が起こった事かなぁ…
おにぎり5個を一気食いで喉に詰まらせた様子らしい。
しかもこの人…前回チャンピオンだそうだ。

まだ若いのにやり切れんだろうな。
メシ位はジックリ味わって喰うべきだ。…と思うよ。
                   (-人-)

JA側には何も責任は無い。
あくまで自己責任。

以前、マンナンライフの[ 蒟蒻畑 ]でも喉に詰まらせ訴えたアホがいたが、それを言い出したら日本で販売されている食品には必ずその様な問題は常識的に潜在している。

それでもなお、マンナンライフ企業側は自主回収や対策を世に示して誠実に対応したのはマジで凄いと思う。
自己責任転嫁で企業としては無茶な対応を迫られたにも関わらず、この対応は普通では中々出来ないものだ。

俺みたいな古い人間は[ それは食べる側の自己責任でしょ? ]と突き放してしまう対応を取ってしまう。
何故なら昭和の時代でも老人や子供が[ 餅を喉に詰まらせる ]という食品事故なんぞ結構ありきたりにあったものだ。

家族は老人や子供に対して注意を払っていたものだ。
だからその世代は[ 吐かせる対応 ]を保健の授業で緊急処置訓練を学んだ世代だからだ。

知っておくとイザって時に助かる確率が少しでも上がるに越した事はない。
災害についても同様だ。

最後に今現在のニュースで今回の津波に関する情報が多く賑わっているが前回の教訓から被害は最小限に収まっている。

日本は天災国でもある。
その為、普及作業も災害対策も他国よりも格段に優れているし海外では暴動が普通だが日本ではまず暴動自体が起きない。
それが正確な情報とリンクし相まうと更に災害は最小の規模になるだろう。

今回の非難していた人の手にはスマホを握られた人が多かったそうだ。それだけ正確な情報は大切なのだ。
今では1家に1つ防災グッズを置く世帯が増えているそうだ。
ネットで調べたらかなりの保存期間がある防災セットも販売されている。

参考にしてみると良いだろう。
予期せぬ先の備えというものだ。
防災士厳選の防災グッズ36点セット ]
 ↓     ↓     ↓

正確な情報とは真に身を救うものだとしみじみ思う。
備えあれば憂いなし…覚えといて損はない。(´・ω・`)y-~


------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU