トップページ > とりあえず雑感 > インターネットテレビ[ Abema TV ]で梅毒特集をしていた。加藤鷹氏が出演していて意外な情報が盛り沢山。非常に参考になるわ。 

インターネットテレビ[ Abema TV ]で梅毒特集を

していた。加藤鷹氏が出演していて意外な情報が

盛り沢山。非常に参考になるわ。

                    2016年11月24日

今現在、性病の代表格[ 梅毒 ]が増加の一途を辿っているらしい。
[ Abema TV ]の生放送で元AV男優の加藤鷹氏が専門医の人と出演していた。
現代の裏側を話していたのだが非常にリアルな現状を語っていた。
その一番の対策普及が[ 匿名検査を受ける事 ]を勧めていた。
特に都心では風俗関係者の方が真剣に受けるのだという。
その後、一般意見をVTRで流していたが殆どの若者は無知に近いコメントばかりだった。

そもそも[ 梅毒 ]という性病すら知らない世代も存在し、学生は歴史上の性病と認識している人さえいた。
マジでありえんわ。(;゚д゚)ポカーン

現代では文部省が率先して性教育をしないのな。
知らんかったわ。
エイズの方が有名で殆どの若者は避妊具であるコンドームさえすれば性病が防げると思い込んでいる。

性病の種類によっては皮膚感染もあるのに…梅毒等は典型的な皮膚感染代表格の性病なの。
今時の学生…
ちょっと心配だわ。(;´-ω-`)y-~



加藤鷹氏の隣で結構有名な専門医らしいが結構、タメなる事をズバズバ言っていた。
『実際に性交渉だけが感染経路ではなく、コンドームだけでは防げません。フェラチオは特に感染因子が強いです。第二の性器とも言える部分ですから。』と正確無二な端麗辛口の意見。

確かに粘膜場所でもあるし、医療関係者なら常識だ。
若い子は知らんだろうが心筋症に有効なニトロ錠剤は舌下吸収指せる為に舌の下に乗せるだけで数秒で発作が治まるんだよ。

それだけ血流が集中している部位なんだ。
麻薬常習者のジャンキーが下に打ち込んだり、鼻から吸引するのには咽頭での粘膜吸収を目的としたものだ。

ちなみにアルコールで浣腸するとあっという間に泥酔してしまうのも血管が露出している部位であるからに他ならない。

昔は性教育や物理(生物関連2分野)の時間では教員が生きた雑学をよく教えてくれたものだ。
興味が沸く話をよく話していたのだが近年はPTAとかバカな親が多くてその雑学を封鎖しがちだ。

貴方の子供は結構、知らない所で大人になっている事を全く知ろうとしない。
そして後になってエライ事になるのが大半だ。
正しい知識というのは貞操観念にも繋がるものだ。

以前は文部省が学校を通して行っていたのだがバカなPTAやモンスターがイジリ倒すから無知になっていく。
生きる教育は基本的に体験雑学でも結構情報の質が高い場合があるのにも関わらずにだ。

今回コメンテーターの意見に『性教育を家庭で説くには不自然さが否めないし慣れていないのが現実だ。』
確かにそれは正論だと思う。

それを学校側に任せるというのは自然だと誰もが思う。
俺達の昭和世代は結構、性病に関しての知識が現代の世代よりは高いと考えられるわ。(#゚д゚)ゞ


加藤鷹氏もこの意見には非常に同意していた。
『増加を抑えるにはやはり教育が大切』と…防止意識を持つには教育からの知識が特に有効だと言う事だ。

実際に表に出ている数字は序の口でその100倍は潜伏していると指摘する。

実際に地元の病院や保健所には世間体を気にしてか都会や都心等の人口数が多い病院や保健所に通って匿名検査するとカウントはその地域としてカウントをされる。

実際には地方や都心外にも潜伏患者はいると指摘。
その背景にはデリヘルや自由奔放な無知識による若者の性開放が起因とされる。

とにかく定期検査が基本という事。

現代では郵送でも検査は可能だが出来れればその誤差を防ぐ為には正式に保健所や病院で検査しておくのがイイだろう。
一応、それ専用の検査キットは信頼と実績のAmazonでも販売されている。

気になる人はマメにチェックしておくとイイだろう。
ちなみに性病項目フルチェック出来るものを紹介しておく。
参考にされたし。


性病検査キット【フルセット(16種)/男性用】


性病検査キット【フルセット(16種)/女性用】


昔は結婚する前に健康診断+性病検査って結構していたんだけどな…現代ではしない御様子。

ちなみに俺が中学生の頃に受けた性教育ではこの部分ではかなり常識化していた。
それだけ性病は怖いという教育をガチで受けていたよ。
中には末期の梅毒患者のスライドもあったからなぁ。

そこから考えると今時の子達は認識が甘いと思うわ。
だって性病は他の病気と違って潜伏期間が異常に長いからだ!

コレを機会に若い子達もこの分野で正しい知識を持てばイイだろう。もしも何か心に引っかかるなら、とにかく保健所や病院で検査する事だ。

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU