トップページ > とりあえず雑感 > 今だモメてるアメリカって…一体何なのか?イミフ。  

今だモメてるアメリカって…一体何なのか?イミフ。

                    2017年01月21日

[ Abema TV ]を見てたらアメリカ大統領就任式を取り上げていたわ。

未だにデモが起きてるんだ…店のガラスを割ったりモノを壊したり意味が解らんわ。

それとコレとは別な気がしてならんが[ アメリカを想う ]とデモ側は言うがやっている事は暴徒と変わらんがな。(´・ω・`)y-~



国民総意をまとめた投票で選んだ代表ならばもう就任式には諦めたらいいだろうに…

ソレよりは自分たちの生活に精力を注ぐ事が大事だと思うが依存性があると自己防衛も難しいのだろうな。



また支持率の事も多大に放映しているがそんな事をして何になるのか甚だ疑問。

冷静に考えれば無意味で生産性が全く無い暴動しか考えられない…日本が何故この類の暴動が起きないのか?と海外メディアに取り上げられる事があるが俺からしてみれば国民性違いだと思うわ。



またアメリカメディアも煽りがバカッター化してきている。
この事を取り上げる事しか能がないのかと考えられる。

トランプ氏がツイッターを使いダイレクトに意見を発信するのはこの情報操作を受けずしてアメリカ国民へ意見を述べるのはそれだけ身内が情報を意図的に操作して思うように出来ないお役所事情を嫌っての事だと考えられる。

上記の支持率の話でも何処から出てきたのかと、みのもんた氏が問うとCNN系や反トランプ系のものだったり中立性が保たれていない事が挙げられる。



ものもんた氏も同じ事を言ってたが中立視野という観点から言えばコレが当たり前なのだ。

番組内ではアホみたいに論争が起きていたが可能性や今後の事は箇条的なものを出し合うだけで十分な気がしたが論争好きなコメンテーターには少々ゲンナリする。

だいたいこの手のコメンテーターは根底に自己主張や自己肯定欲求…更には承認欲求がハンパないから手に負えん。

視聴者は情報を得たい目的でメディアを楽しんでいるのにコメンテーターの独りよがりな御意見は地上波メディアで腹が一杯なのだ。

ゲストに呼ばれていたケビン・クローン氏はこの類になるので少々見苦しい気がしたわ。

ちなみに動画検索で[ ケビン・クローン ]と入力すると意味が解るだろう非常に意見が偏る。
昭和時代の[ ○まで生○レビ ]系なら問題無いが。

日本はその意味でも政治には関心が無い。
何故なら自分を持つという国民性が他国よりも形成しているからだと思う。

意外にも思えるだろうが腐っても鯛ってワケじゃないけど海外にレジャーではなく仕事で行った人なら解るだろうけど、海外は基本的に唯識な様で実は自己の観点が本能的な傾向が強い。

だから宗教面でも対比して論争になり時には戦争も起きる。

日本は基本的に八百神的意識があり精神的に八紘一宇が無意識に根付いている傾向があるの。

天災や災害が起きても暴動が起きず暴徒化すら怒らない。
[ 北斗の拳 ]の様な世紀末系暴挙も起きないのは精神的に何処かしら余裕があるのだと思う。

その証拠に日本は多国籍宗教が混在しているにも関わらず争いが一切起きない。

海外なら在り得ない状況なの。



感情で自己を失う事なんてザラにある。
メディアに翻弄される人達に関して少々引いてしまうのは国民性なのだろうか?それとも平和ボケしているのだろうか?

俺は日本に良かったと思うなぁ…確かに食うに困る時期はガチであったが基本的に幼少時代は環境に振り回されたのは仕方が無いがグレても自暴自棄になっても始まらん。

それが身に染みて解るから余計にアメリカ人の暴動や行き過ぎたデモ…そしてトランプ派と反トランプ派との喧嘩や対立のニュースを見ると…『なんだかなぁ〜。』って気がしてくるの。

今回の件に関して超オモロイ良書があんの。
[ 片田 珠美氏 ]という人物をご存知だろうか?
彼女の著書にはこの手の根底部分を詳しく記した本が多い。

他人と対立したり物事を落ち着いて考えるには打って付けな良書といえるだろう。
          ↓
   
この良書を読んでいると感情的になる心の裏側を覗く事になるんだわ。

自分に照らし合わせていると少々反省する事があるけど自分を知るという事がどれだけ大切かが解るだろう。
超オススメだ。読むべし。(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU