トップページ > とりあえず雑感 > 大型スーパーで見つけたゼロ糖質麺が超美味かった!ダイエットの救世主かも知らんな。 

大型スーパーで見つけたゼロ糖質麺が超美味かった!

ダイエットの救世主かも知らんな。

                    2017年04月02日

早朝に目が覚めて結果報告記事[ 2017年03月の結果報告!少し反応が出ますたよ…カモン! ]をうpした後で薄暗い中、24H大型スーパーに食材購入で行ったの。

そしたら紀文製の1袋約150円程でゼロ糖質麺が売られていたので2種類2個ずつ計4個購入した。

ついでに冷麺つゆも購入。
帰宅後、水を切って調理して喰ってみたが…

これが超美味かったの!°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
もうビックリ!

かなり以前にコンニャク麺ちゅうのを真夏の最中に喰ったんだけどトコロテンの類似系なイメージを描いていたんだが意外にもコレは完全に麺の部類に属すわな。

企業努力がパネェの何のwww
日が昇って再度レビューしてみる。

コレがゼロ糖質麺じゃ!
     ↓

この麺の特徴が便利なんじゃが、それは水を吸いにくい点にある。これはコンニャク麺の扱いに近いな。

だから流水でほぐせば速攻で調理出来るし、焼く煮る工程の最終段階に混ぜる事や合える事で調理の〆に投入する事になる。

写真は袋からザルで水を切って大皿に盛った状態…
1つ問題がある。

それは俺の手がデカイので両方の麺が少なく見えるの。
                    (ノ∀`) アチャー

この皿は別記事[ 快気祝いに行ったらお土産に低糖質パンを貰ったので喰ってみたら…°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°ウマーイ!!! ]でも使用した同じものだが悲しいかな…俺の携帯撮影技術が及ばない事と手がデカイのが災いしている。

別記事の食パンと一般的な茹で麺&蒸し麺タイプの1玉のサイズと同等のサイズなのを改めて申し上げとくわ。

だから上の写真は2玉サイズを大皿に乗せているからあしからず。
                     (´・ω・`)y-~
じゃ…実食レポじゃ!

まずは平麺タイプから、めんつゆでシンプルに食ってみる。
ちなみにレポする前に卵と合えて焼いて食ったがめんつゆで食うのはコレが初じゃ。

喰ってみた感想は基本の麺と遜色ナッシング!
コレでゼロ糖質とは恐れ入る。

うどんやきしめん系とは太さが違うが麺類の部類には十分食い込むレベル!これならあらゆる麺料理にも十分対応出来るな。

そして今度は丸麺を試してみる。

つゆも冷麺タイプに変えてみて啜る。
コチラは平面と違いもっちり系とは異なりシコシコ感がある。

これならラーメンやお好み焼きのそば玉入り、そして鍋のシメには持って来いだろう。

ヤキソバには特に適している。
何故なら水分を吸わない特徴がある以上、油も吸わないので昨今流行のくっつかないフライパンで調理すれば油分完全カットで調理が可能になるわ。

ちなみに俺は今回のレビューの前に平麺は卵に合えて焼いたが
コッチの丸麺は試しに肉と絡めてケチャップでナポリタン系モドキで喰ってみたがドハマリしそうなデキになった。

糖質制限系のメニューでレビュー出来るレベルじゃわい。
ちなみに他の24Hスーパーでは見かけんかった。

今回の大型店にたまたま販売されてたのが考えモノ。
昨今、ロカボブームが流行ればアチコチに置かれるかも知れんな。

この記事を書いている途中で紀文のサイトを調べたらネット通販されていた。

もし店頭になければココを調べて見ると良いだろう。
          ↓

俺は思うのだが以前に紹介した良書で糖質制限系の書籍を2冊紹介したが熟読するうちに国がコレを推奨すれば医療費も激減すると思うのよ。
          ↓
   
ライザップに数十万円払うよりも[ 糖質オフの食品専門店『低糖工房』 ]や[ 紀文オンラインショップ ]で食材を仕入れて食事をコントロールしながらウエイトコントロールする方がお金が浮くかもしれん。

それに生活習慣病の治療費を考えるよりも低糖質食材の普及をすれば医療費の財源も削減出来ると考えるのだがな。

実際に俺はブラック就労時代に逆流性食道炎に悩まされドラッグストアへ薬を定期購入するハメになったからブラック薄給には超キツイ出費じゃったわい。(#゚д゚) 、ペッ

コレに関しては別記事[ 手抜き調理レポ… 真空保温調理鍋編その②水炊き編だお。 ]にも記載している低糖質制限からの鍋生活に発展する事になった経緯に至る。

そんな経緯も含め国が医療費関係や病院への補助金にピーピー悲鳴を上げるなら未病対策や予防医学に心血を費やした方が得策だと俺は考えるんだがな。(´・ω・`)y-~

如何なモンだろうか…?

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。


MENU