トップページ > とりあえず雑感 > 早い段階で国の代表になれる可能性を追えるスポーツに手を付ける方法。  

早い段階で国の代表になれる可能性を追えるスポーツに

手を付ける方法。

                    2017年04月13日

   ↑『頭突け!!横浜謳歌高校XXxX部』(許斐剛)

日本代表になる最も確実な手段を探すなら、競技人口が少ない段階で極める事が一番手っ取り早いかもしらんな。(´・ω・`)y-~

ジャンプの漫画で読みきり掲載していた[ 頭突け!横浜謳歌高校××××部 ]って漫画があったんだが有名な[ テニスの王子様 ]の作者が何かのパロディで書いたものだとばかり俺は思っていたんだわ。

でも調べてみたらガチで存在していたの。(爆w)

このスポーツは[ へディス ]って言うらしい。
歴史が浅く海外の一部の世界では結構な人気。

余りにもニッチ過ぎるが水面下では日本に上陸したとの事。
関連動画検索:へディス 日本

ある意味、先見の明があれば日本代表になれるかもよ?
ニッチで静かなブームに早い段階で乗れば世界一とは行かないものの代表という名誉は高確率でなれるのは、いつの世も同じ。

そーいや俺が高校の時に国体出場したヤツがいたけど当時、最も競技人口が少ない競技に精通していたヤツが居た事を思い出したわ。

そいつは親の趣味の影響もあって個人競技でもあり親の個人レッスンでしかも親もかなりの手練なの。

何せ海外戦出場経験者だったと当人から直に訊いたからマジで驚いた事がある。

本人曰く『代表選手って言っても県下でやっているプレーヤーが殆どいないのでいつも大学生や一般社会人と練習してたら全国レベルなんてスグだよw』って言ってたわ。

結局、大会から帰ってきた時に結果を訊いたら上位に食い込んでいたけどそれだけニッチな競技だった。

海外ではその分野に特化した国があるので将来は本場に行ってやってみたいと言っていたが実現したのだろうか?(´・ω・`)y-~


それと同時に思い出したが昔、そのまんま東氏時代(現、東国原英夫氏)が知事になる以前のトークバラエティでハンドボールで国体に連続出場した話の裏側をしていた。

本人が笑いながら『実際にね…出場校が殆どいないから全国に行くだけなら簡単でしたよ当時はね。今は競技人口数が多いから大変でしょうけどw』という話をしていたがニッチ分野が世に浸透する前に手を付けるのもアリかも知らんな。

ビジネスの分野でも競技の分野でもトップになる可能性が高い[ ゴールデンシーズン ]ちゅう成長期前に始めるのも目の付け所さえ間違わなければ良い訳だからな。

そんでもってスポーツ分野において俺の身近ではマイナースポーツの競技人口減少どころか生徒数はおろか…少子化の影響からかトーナメント参加数も俺が現役の頃より4分の1になってるからどうしても競技レベルが落ちる。

指導側の立場から見ればチョットばかり地獄の特訓をしてしまえばトップを取れるのは容易いと思うが生徒達はそれが耐えられんみたいじゃわ。

それだけ時代が変化したし、現代では公立での部活は廃れてきても時代の流れなのだろうな。

むしろスポーツ教室やスクールでガチ系のやりたいヤツや親からのガチ援助の下での徹底指導の方が良いかも知れんな。

その場合、お金の力と保護者の意識の高さがものを言うだろう。結局の所、団体競技はこれからの時代…よほどの名門校に進むか、クラブチームに有料で突っ込むのが最も意識としては高いレベルで維持していける気がする。

公立でトップを目指すにはモンスター系の親を相手にしなければならんし、一番厳しいのは意識の低い生徒を変えようとしなければならん事が最もキツイ。

厳しいようだが事実である。
所詮、底辺意識は底辺から出られないという絶対原理があるからガチで何か当人の人生でショッキングな意識改革や出来事がないとマジで変わらん。

俺は今まで『強くなりたい』とか『上手くなりたい』とか『優勝したい』って輩を多く見たが実際にそれを成し得た生徒は一握りだったの。

やるヤツはやるし、やらないヤツはやらん。
どの分野もチャンスに飛び込むヤツは一握りという事かも知れんな。

これからの時代は少子化で競技のチャンスも多くなる。
コレに気付けるかが実は決定的な差とも言える。
ビジネスと同じじゃな。ハハン。

以下の良書も同時に紹介しておくわ。
ニッチな分野はそれだけで価値が高い傾向がある。
冒頭のタイトルやキーワードとして隠れているものは[ 競合率 ]や[ 占有率 ]にも関わる部分。
           ↓
   
実はビジネスやスポーツの分野でもコレを狙えるようになると世間一般の常識とは一線を隔てる事が可能になる。

小規模のカテゴリーを狙うのもアリじゃないか?…目的が合えばOKかもしらん。

スポーツの分野でもビジネスの分野でも絶対数のパイが大きい時代では結構スキマを考えたり極めたりする選手や起業人はやっぱりどの分野でも頭角を現し、結果を叩き出せるものは実在した。

現代はそのハードルが低い分、チャンスに気付かない子達が多い気がしてまう。残念でならんわ。

むしろ消極的で安全思考に脳を染められている傾向の背景に時代の流れと親の考えがベッタリ引っ付いている気がするな。

俺から言えばむしろチャンスだろう。
気付け若者よ!(#゚Д゚) ゴルァ!!

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU