トップページ > とりあえず雑感 > 師走前なのに無駄に忙しい…人生の門出と終焉そして親族の雑談を聴かされる俺。(´・ω・`)=3 

師走前なのに無駄に忙しい…

人生の門出と終焉そして親族の雑談を聴かされる俺。

                 (´・ω・`)=3

                    2017年11月04日

世間様では連休でござるな。
コレに合わせて以前から結婚式の予定が1つ入ってただけだったが結婚式が終了し、2次会に行く途中で親族より電話。

いきなり通夜予定が入る。
一応、2次会の切り上げ時刻がハッキリしていたのでその後に出頭する事にする。

こりゃ3次会は無理だな。
楽しみにしてたのに…クソぅ…(#゚д゚) 、ペッ

仕方なくレンタルスーツを速攻で手配。
今日の夜に届く予定。
事無きを得る。

○関連記事:冠婚葬祭時を選ばず…イザという時に全サイズの衣裳は格安で揃う時代へ!レンタルスーツやドレスはコスパが優れている!

ちなみに結婚式のスーツもレンタルだが連チャンで着れないのは返却設定があるからだ。

だけどクリーニングの手間が不要なのは助かる。
日曜の葬儀には衣類に付いた匂いに気兼ねなく着れるメリットは外せませんな。フフーフ♪

そんで披露宴からアルコールをかっ喰らっていたんだが、ついでに2次会でもその延長で飲みまくる。

ほろ酔いで飯も美味いし話も弾むんだが…その後の3次会への誘いを断るのが忍びない。

しかしながら基本的に食う比重が高いのと鬼の代謝能力の高さの為にアルコールの回り…というか酷く酔わないのは助かる。

以前、歯医者で麻酔が効き難い事を20代に告げられた事がある。

主治医に『親族間…貴方の上の世代でアルコールが強い人はいらっしゃいますか?』と訊かれて父方の殆どの人物が酒豪?…だった記憶がある。

ちなみに親父は24時間体制で苦もなく飲んでたクチだったわ。
その為、遺伝的にも肝臓と腎臓が強いらしい。
だから俺がアルコールを摂取してもスグに体温が上がって発汗が凄い事になる。

よくアルコールを摂取した友人は速攻でリバースして青ざめたり、中には眠って轟沈してまうツレもいるんだが俺はずっとつまみを永延と食いながら飲み続けられるタイプ。

特に居酒屋系で飯が美味いともうレートが跳ねる跳ねる。
だから割り勘も常に多めに出すのよ…申し訳なくってさ。
俺をよく知る友人や知人は『へろ君は俺等の年代にしては元気過ぎるなー。』と感心しているが俺は母に感謝しているかな。

頑丈に生んでくれて在り難い…と。
今日も飯が美味いでござるよ。(-人-)センキュ。

そんな感じで後ろ髪引かれながら速攻で自宅に帰り、普段着の作業着(←実は私服を殆ど持っていないの。運動ウェアとボロボロのジャケットスーツと作業着しかない。)を着込んでレンタルスーツを返却用バッグに入れてビニール袋を被せ、最寄のコンビニに返却。

ついでに今回の披露宴の土産でホールケーキを貰ったので親族の通夜に出向く。

飲酒後なのでタクシーで逝くのだがこの時にはある程度、酔いも覚めていた。

基本アルコールを飲むと気が冴えて眠くなり難くなる方だから今回の通夜は丁度よかった。

確かに深酒をしてまうと泥酔し、轟沈してしまうのだが何故か眠れなくなってしまうのは何故だろうか?

そんで後日、喉が渇いて水を沢山飲んでしまうのよ。
多分、体がアルコールをヒタスラ分解してるのかね?
まァ…エエけど。


そんで22時前に現地到着。
今回は老衰大往生で逝ったらしい。
だから親族もそんなに取り乱してはおらず、何だか親族が年末顔合わせ的なニュアンスが漂ってたわ。

従姉夫婦も結構いたし、予想通り子供も結構来てた。
披露宴のお土産を渡すと速攻でガキんちょ共の胃袋に収まってた。

まるでピラニアを見ている感覚で気持ちがイイですな。
食えるって生きている証拠だとつくづく感じたわ。

とりあえず御遺体に手を合わせて世間話。
タクシーで来た経緯を話すと速攻で酒を飲まされたw

近況やら根掘り葉掘り訊かれて会話するが基本、通夜とは暇を持て余すものだと回数をこなすと何となく解る。

血縁が近いと長居し易いからこの辺りは気を使わなくて済むでござるな。

最近は今回のように葬儀屋さんが会館を解放しているものが殆どだから、昭和のように自宅で組内とか親族の奥さん連中がバタバタする光景が無いから余計に暇を持て余すからコチラとしても助かるわ。

暫く話していると今度は従姉の子達が群がってくる。
どうやら連休で年頃の子達は血の気が多い。

以前記事にしたヤンチャOLもいやがったわwww

○関連記事:散々愚痴を聞かされる…リーウーマンも大変やね。

まるでお泊り会が如く会話に強制参戦させられる。
普段から人との会話が極端に低いから新鮮でござるな。
まァ…殆どが聴き手オンリーになるから楽だけどwww

そーいや親父が生前の頃は暴君ぶりが目立ったから親族付き合いが極端に無かった記憶がある。

今になって解る事もあるのだが、その1つに[ 社会ステータスと実績 ]という名の[ 自信 ]が関係していると自覚出来るの。

何を言っているのかと言うと…例えるなら[ 同窓会出席 ]と言えばニュアンスは伝わるだろうか?

特に世間体を気にすると懐かしの所属している人間関係には足が向かなくなる現象が起こる。

特に若い頃〜40代の頃は顕著に出てしまうのだが過去を知る人には現状に満足いかないと余り会いたくはないものだ。

まして親族で比較対象とかイザコザが絶えない関係ともなるとコレに拍車が掛かる。

ある程度、高齢になるとこのカテゴリーが無意味な事を知るようになるとコレまでの出合った人格者達には訊いた事が沢山あるが今の今に至るまで俺は本当の真意が当時、全く解らんかったわ。

今現在、自由な御身分と外の世界という世間体から少し離れた生活を送っているから人との触れ合いや会話は割と心地良く…自分にも経験や実績を満たせるデンジャーな値になってる分、虚勢や見栄を張らなくて良いからお気楽な状態が若い子達や年頃の子達が接し易いのだろうと察する。

この感覚を20代の頃に身に付けられてたら人生がもっと楽だったと少し悔やまれるでござるよ… (ノA`) アチャー

深夜辺りに解放→帰宅。
帰りはヤンチャOLに乗せてモロタ。

その後、就寝…そんで今日の夕刻目が覚めて書き込んでいる。
コレから[ Abema TV ]のエヴァでも見ながら明日の葬儀用のレンタルスーツの宅配を待つ次第。

香典も用意せにゃアカンしな。
俺もシンジ&アスカも明日に予定のユニゾンをしなくてはならんから忙しいでござる。(´・ω・`)y-~

嗚呼…腹へったわ。

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU