トップページ > とりあえず雑感 > 最後のリハビリ…周囲を見たら俺が一番年長者だった( ゚д゚)ポカーン 

最後のリハビリ…

周囲を見たら俺が一番年長者だった( ゚д゚)ポカーン

                    2018年03月04日

前回に肩を痛めてから1ヵ月経つでござるな。
経過は非常に良好ダス。

○ 関連記事
朝起きたら…超肩が痛てーの。。・゚・(つД`)・゚・。

そんで用心の為にスポーツ系リハビリセンターへ週イチで見て貰ってた。

丁度週の頭で最後の通院になったのだが周囲を見回しているとどうやら俺が最年長らしい。

殆どが20代未満の通院者ばかりなの。
フツーの病院リハビリセンターとかになると年寄りばかりで俺なんか若年層の部類になるのだけどおじいちゃん達が感じる感覚ってこんなのだろうなァ。(´・ω・`) ショボーン

看護師?リハビリ師?…どう言えば良いのか解らんが施設の従業員に訊いてみたらスポーツ系のリハビリをする人の大半は土日をメインとして来館されるみたい。

平日の時間帯に来る人は稀らしい。
…んで、やっぱり『何されてるんですか?』って訊かれた。
日本は自営者や独立して個人業務している人が珍しいという事実が改めて分かったでござる。

とりあえず『自宅警備員・ハードニート・夜の飲食店のどれでしょうか?』と笑顔で逝ったらウケたw

誰もこのレスラー体系のオッサンが個人事業主とは思わんだろうな。

それだけ日本は働く=就労=常識って概念が強い。
まったく…(´・ω・`)=3

完全に肩関節が正常に戻って一安心。
そして懐かしいものが在るのに既に俺は気付いてた。
それは…あの[ パナソニック系ジョーバ ]である。

施設内で撮影が出来んけどコレが2台あんの。
肩も完全復活したし…俺が乗って揺れていると何故か皆笑う。
どうやら鏡に映った姿を観るとサーカスで熊が三輪車に乗ってるみたいに映っている感じだったわ。

んで動きを激しくしていると他のリハビリしてた子も興味が沸いたのか隣のジョーバに乗って遊び出した。

特に大学生とか高校生には最初の騎乗が恥ずかしいらしい。
俺みたいなオッサンが乗った事で敷居が一気に低くなってワラワラ人が寄って来たちゅーワケだ。

この恥ずかしがりや共が!
そんなんじゃ合コン逝けんど!(#゚Д゚) ゴルァ!!

現代の野郎共は草食系と言われるがイザ女性が迫って来たらどのように対処するのか気になる所さん。

ガガーランちゃんみたいな人だったらバンビ君なタイプは速攻で手篭めにされそうですな。((;゚Д゚)ガクガクブルブル

そーいや現在このフィットネス機器が何故かマッサージ業界の有名所であるスライヴから発売されてたわ。
かなり有名らしい。

THRIVE(スライヴ) 乗馬マシン ロデオボーイ FD-017

このロデオボーイ、実はAmazonでも3万を切る価格設定。
昔パナソニックが出してたジョーバは当時10万円をゆうに越える代物だったが現在ではヤフオクとかAmazonの中古品とトントンなレベルにまでなっており、しかも機能がジョーバの最上級クラス並の性能で新品の値段。

動画を見ても色々とレビューされてたけど動きが結構激しい。
ヘルニア予防とかコアマッスル(体幹系)を鍛えるにはエエかも知らん。
特に便秘系の代謝の毛がある人にはお勧めですな。

実際に俺も引き篭もってた時期に始めて身体を病んで解ったが運動不足は急激に腸内を刺激する筋肉が退化してしまって正常な排便のサイクルが極端に狂う。

特に精神的な不摂生も相乗効果で大腸ガンとかになり易いのはブラック就労時代の代行業務で数名がこの類の病でお亡くなりになった事例を含め、夜勤者とか夜の勤めをされている業種人は特にフィットネスジムへ通われるなり身体を動かしてメンテナンスする事をお勧めする。

この種の健康機材が売れる背景は基本的に健康に感心があるからだ。

ガチで身体のサイクルが狂うと心身共に老化の一途を辿る。
老化と逝ってもその範囲はとても広く、俺がブラック就労している時はほぼ100%の人間が何らかの健康を害してたの。

それ故に精神を始めとするストレスで性格までひん曲がってまうから健康的な日常は年を追う毎に貴重なものだと認識するようになるわ。

この辺りは別記事に譲るでござる。

特に年齢を重ねると体感とか足腰をある程度鍛えるのが最も健康を維持するにはテキメンで効果がある。

血流が正常だと回復も速いし、新陳代謝が激しいので発汗系や内臓の水分の入れ替えもスムーズになりイイ事ずくめである。

フィットネス運営施設にサウナがあるのもうなずけるわ。
そーいや2つほど心当たりがある。

1つは保険外交員のマネージャークラスのキャリア女性や、やり手ママさんとかホステスさん達はこの代謝とか体幹とかに対して興味が高いし、とにかく身体を温めて水を良く飲んでた。

だからアルコールの耐性も非常に高い。
オマケにスタイルもイイのよ。
んで、驚くことに飯をよく食べるの。

太らないのか?と独立自営時代に訊いたら『中高生の部活している子達が太らないのは新陳代謝が高いからよ。コレは年を取ってもその能力の維持によって再現する事は可能なのよ。』と教えられた。

実際にキャリア女性達の大半は産後の激太りを御経験されてた。
時には食事制限をされた事だと教えられたが継続が難しく、運動の方向を取ったそうだ。

それに業種も時間が取れるのを利用してフィットネスを欠かさないとの事。
コレはイイ勉強になった。

皆、そんな健康を損ねた経緯があったのね…と今になって納得するでござるよ。

若い時には全く興味すら持たなかったジャンルだけど加齢を重ねるとこの類に興味を持つのはやはり健康というものの価値が高くなったと認識している。


そーいや2つめにも通じるものだのだが…
俺がストレス塗れで引き篭もっていた半年間、あるものに悩まされた。

それが[ 吹き出物 ]。
特に首と髪の毛の生え際とかにデカイものが定期的に出来たり、背中や内モモに出来るのにはかなり驚いた。

ネットで調べると不摂生による老廃物の蓄積によるものだった事が判明。

ちなみに夜の代行業務者にはこの手の肌トラブルが多い。
タバコや睡眠不足、そして過度の間食が原因。

代行者ってとにかく車内で飲食をよくするものなの。
だからコンビニで100円均一系お菓子とかを購入する。

コレが運動不足と睡眠不足とトリプルコラボすると全身くまなく吹き出物が出来易い。

メンバーの中にはケツに出来ていてシートに座布団敷いてたヤツもいたぐらいだ。 (ノA`) アチャー

だからベテランドライバーは生活サイクルには気を使っている人が多く、特に睡眠と風呂はガッチリキープしている人が意外と健康を維持してた。

短期的な就労目的の人ほどポリープを作ってたのも事実でござる。
その意味でも規則正しい睡眠時間の確保は大きな要因なのだろうな。

コレが原因で俺がブラック就労時代にお亡くなりになった人は3名ほどいたよ。

だから再度独立を果たしてもなお、ボロ事務所にトレーニング機材を構えてるのはこの経緯からダス。
この年になると病気とかガチで恐い。((;゚Д゚)ガクガクブルブル

経済的な健康と身体の健康…どちらも大事でござるよ。


------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU