トップページ > とりあえず雑感 > キーボードを新調してやったですダヨ。 

キーボードを新調してやったですダヨ。

                    2018年09月07日

↑Amazonでキーボードを買うた。
よく光ってブラック就労時代に繁華街でよく見たネオンを思い出すでござる。( ゚д゚)ポカーン

Senders ゲーミングキーボード 防水 USB 有線キーボード カスタマイズ可能 1680万色 RGBライト 26キー防衝突 人間工学 日本語配列 (106キー)

自宅で使っているキーボードが以前にヨダレで故障。
仕方なく事務所にストックしていた安物のキーボードもとうとう使い潰してしまった。

今回はかなり使い込んだなぁ…。
キーの文字も数文字削れてツル×2になってしもーたし。

しゃーないので事務所でネット発注。
いつも使用しているタイプはスリム系の薄型だったので今回はスタンダードにキー高のタイプをチョイス。

キー数はテンキー標準装備のヤツは必須でござる。
株の発注でテンキーがないと、この上なく不便だからな。

それとこの度はテストケースでバックライトのタイプを選んでみた。

暗闇でも光るってイイじゃなーいwww

そんで帰宅中のコンビニに受け取りに逝った。
店内の休憩スペースでガキんちょがヘタリ込んでいて目障りだったが…コレは別の記事に書くわ。(#゚д゚) 、ペッ

嗚呼…シバキたい。

○ 関連記事:磯部磯兵衛のダラダラスタイルをコンビニでリアルに見てしまって殺意を覚えてしまう。


帰宅して速攻で接続。



…カラフルじゃねーかw
しかし、久々のキー高のタイプを使用したけど最近のキーボードって人間工学に基づいて設計されているから割と指のパンチングロスが殆ど無いのな。

上部のキーを打つ時にも割りと指が突っ張らんし、かといって中央の文字を打つ際の…なんつーか…こう…余裕のあり過ぎ感が余り無いな。

スリム系薄型キーボードもノート系に馴れている人なら、そっちの方が好きな人も多いだろうが俺は両方とも好きな方。

1つ言えるのはシートタイプ系のキーボードは嫌い。
押したのか押していないのか解らん。
プチプチした感触しかないし、シートの劣化で破れたりしてしまうからな。

それに俺がリーマン時代にNC工作機械のオペレーター経験上、何だか使い過ぎてお腹一杯でござるし…(´XωX`)=3 ゲップ

だから最低限度[ 押した感覚認識 ]は欲しいでござる。
ノートパソコンみたいなスリム系薄型キーボードでも、ちゃんと[ カチッ ]という感触がある。

今回のキー高キーボードは完全にカタ×2音がするから結構キモチイイ。

些細な事だけど文字を頻繁に打つ人ならこの感覚…伝わって欲しいですな。

しかし、最近のキーボードは安くなったな。
一昔前のタイプはピンタイプだったんだけど規格統一で殆どがUSB式になったし、僅か2000〜3000円台も出せば結構イイもんがAmazonで揃っとる。

バブルが弾けた直後に何の変哲もないキーボードとかジャンク品でアチコチのPCショップで100円ワゴン売りされてた時代もあったけどコードが電話の受話器みたいにスプリングだったのが現在じゃコードレス式にも出来るほどの進化。

今の子達にはクルクルコードを指で捻りながら電話するという光景なんぞ解らんだろうな。

俺は女性がクルクルカールの髪型を好むのは長電話の依存症だとガキの時分に本気で思ってたけどな。(´・ω・`)y-~

憧れの先輩から、勧められるが即答で断る後輩の図www

それはそーと、付属の紙が入ってた。
読んで見るとなかなか営業努力が伺える。
コレがその紙。


俺…こういうストレートな下心は嫌いじゃない。(´・ω・`)d

例えるなら本音がうpされた、どっかのアイドルグループの一言みたいで好感が持てる。

○ 時事ネタ:【動画】『HKT48』のメンバーが生放送の配信を切り忘れ 終了直後に母親とギフトの計算開始「配信するだけで1万6000円か」

世間ではどう批判されるかは知らんが、俺はどんな清純派な人間でもコレ位が丁度イイと思う。

コレくらいしたたかなアイドルの方が好感が持てるわ。
どっかのステマ戦略で綺麗事を前提にボランティアを募るバカ団体よりも遥かに健全だと考えるでござる。

○ 関連記事:どーしてそんなにオリンピックをしたいのか?未だに意味が解らねーんだけどな。


紙1枚に本音を書き込む実行力と度胸は企業努力を感じるよ…俺はね。

それすらしない企業はゴマンといるからな。
この実践力は意外と紙一重。
するとしないとは雲泥の差がある。
そんな事を感じた紙1枚。

キー高には馴染むまで、ほんの少々時間が必要かも…と考えてたけど、この記事を書いている段階で馴染んできた。

人間の馴れなんぞコンなもんだ。(´・ω・`)y-~


→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU