トップページ > とりあえず雑感 > 災害時に政治問題を持つべきではない…感謝こそあっても、反日かぶれを表現する必要はないでしょうに。ε=(-公-;) 

災害時に政治問題を持つべきではない…

感謝こそあっても、反日かぶれを表現する必要は

ないでしょうに。ε=(-公-;)

                    2018年09月13日


マジで驚いた時事ネタ。
コレが現実として起こっているのならメディアやマスコミは大きく取り上げるべきニュースじゃないの?Σ(゚Д゚;)

○ 時事ネタ:元自衛隊員「隊員たちは自分たちが作った炊き出しを食べずに冷たい缶詰を隠れながら食べている、彼らにも温かい食事を」


災害現場で反日とか政治問題を持ってくるバカがいたのなら、非常に問題視すべき点。

災害活動で迷彩服が問題になる事に一体何があるのだろうか。

そもそも政治での軍備や軍事の問題を掲げる場所は災害現場ではない事すら理解出来ない人が政治を語るべきではない。

災害現場では本当に救助や復旧作業での即時人材投入として自衛隊のマンパワーは民間では全くレースにならないのは誰もが知っているのにな。

民間やボランティアというものは最初の1陣投入においてどうしても陸路や投入人数にも限界がある。

その第1陣を担うのが自衛隊。
即時空輸、陸路復旧、救助活動、衛生確保、食料供給…全てにおいて災害直後では御世話になる。

なのに『迷彩服の関係者は来ないで!』と馬鹿げた事を訴えるのは多分、ある程度インフラ復旧した後の状態で騒ぎ立てる反日バカ共だろうな。

それなら始めから救助活動を24H体制で陣取ってやってみれば自衛隊の御苦労が解るだろうに。

現場の隊員様方は黙って口を閉ざして活動されてるのを実は俺も後輩自衛官から直に訊いた事がある。

陸自だから災害現場での救助活動モラルはかなり気が張り詰めると教えて貰った。

実際に東日本を襲った津波現場で活動した時に多くの御遺体を瓦礫の中から掘り起こした事も訊いたが、御遺体の背後にある御家族の事を考えると言葉にならないらしく…とにかく一刻も早く1人でも見つけ出す事しか出来なかったそうだ。

反日バカ共はこの状況を解っていないのではないだろうか?

それと災害現場でメディアやマスコミが数字を取りたくて手を煩わせるぐらいなら、この手の話題も大いに取り扱うべき。


関係時事ネタ  (ノA`) アチャー
○ 【北海道地震】マスゴミ記者が泥にはまって救出に6時間半もかかる
○ マスコミが被災地北海道の炊き出しで食べ物を要求、地元民「お前らふざけるのもいい加減にしてくれ」


マスコミやメディアは数字を取るのが仕事だから、ビジネス観点から静観する俺も理解は出来る。

確かにビジネス観点であれば、災害が起きれば…ソレを狙って銘柄をトレードしたり、不幸に便乗して物資を高値で取引する輩も実際にワラワラ出てくる。

それに有料で物資を適正価格で販売する人だっているだろう。
ソレでも救済を求める人側にとっては『有難い』と思う人もいれば『こんな時に商売なんぞけしからん!』って人も実際いるだろう。

だけどな…海外を実際に見てきた人が驚くのは、災害現場でも日本は倫理や精神がしっかりしており、絶対に暴動すら起こらない健全さがある事。



だからこそ、マスコミやメディアはこの部分をもっと取り上げるべきなのではないだろうか?

国内での災害現場で任務活動されている自衛隊の方々への冒涜や批判は気が触れているとしか思えないのは俺だけだろうか?



どうか自衛隊員の皆様、身体に御配慮下さい。
現地での復興支援任務及び救助活動任務、本当に御苦労様です。
貴方達の[ 御蔭様 ]の姿は私達の誇りです。(`・ω・´)ゞ

→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU