トップページ > とりあえず雑感 > 躾が出来たら御の字!所詮、人をコントロールする事は出来んかも知らん。 

躾が出来たら御の字!

所詮、人をコントロールする事は出来んかも知らん。

                    2018年11月08日


スネかじり多過ぎ!
保護者や親は子供を自立・独立させてこその一丁前なのではないかと考えるんだが…(-公-;)ゞ

時事ネタ
○ 親も子も老いていく…… 引きこもり「8050問題」
○ 自宅に母親?の遺体放置 無職の男逮捕 神奈川・大和
○ 東京:中2女子、いじめ自殺か 遺書「部活でトラブル」

実は俺…中学1年の頃、まだバイト三昧に明け暮れる前の事だけど当時、超が付くくらいのクソボロアパートに住んでた時の話。

暴君親父が何とか働いてた頃だった。
御近所の引き篭もり小学生に勉強を教えてやってクレと頼まれた事がある。

親父伝いにその御近所様に会ったが一体どんな経緯とか繋がりで親父が俺を紹介したんか…未だに謎である。

逝けば、その家庭は母子家庭だったんだけど御他聞に漏れず生活保護で暮らしてた人だった。

俺は見た時にピンと来たの。
『この人…横着モンだ!』…と。(;゚д゚)ポカーン

親子揃ってモノグサ。
超巨漢体型で母親が子供に『勉強しなさい!』とばかり逝っているのだが訊けば子供は学校で苛められて以来、不登校。

ソレが3年も続いて俺が当時出会って6年生。

仕方なく学力の為に一体何をしたら良いのかサッパリ。
その母親に『何を教えればイイんすか?』と訊ねたら凄く曖昧に『せめて掛け算の九九だけでも教えて欲しい。』と。

『?…おばさんが教えれば済む事だと思うのですが?』と訊き返したら『もう…私の言う事は聴かないのよ。オネガイ。』と。

俺はその子に『俺が教えて良いのか?』と訊くと。
『ウン。オネガイします。』と素直な返事だったが…ココからおかしな事になる。

何かに付けて夕方とか日曜に俺ん家にその子が来るの。
要は友達が欲しかったらしい。

それで暫くは一緒に遊んでやったけど、しょっちゅうゲームとかしてたし…家には漫画やら菓子やらが切れる事はない。

記憶があるのは身長が低くて体重が90キロというイメージしかないのだけど妙に口が達者で何かに付けて『○○が悪いボクのせいじゃない!』が口癖。

半年ほど運動や小学校低学年の事を教科書とか使って教えたが集中力や継続力の欠片も身に付かなかった。

その後、暴君親父が燃え尽きて俺がバイト人生の幕開けとなったが、そのクソボロアパートを引っ越す数年間は母子共々どーなったかは知る由もなかった。

俺は今まで、どーしょうも無い人生を捨てた大人達は沢山見てきたけど…リアルにナマポ(生活保護受給者)の質たるや本気モードの横着を通り越した不正受給者を始めて見た事にインパクトを覚えた時でもあった。

それに輪を掛けてその子供が親の背中をトレースして人生をダメにしている輩を見て自分自身にもフィードバックした恐さを知ったのもこの頃だったかな?


極貧時代の小学校生活とかワリと人様にも散々ミソカスにバカにはされ、人間的にもかなりヒネてしまったのも自己防衛の一貫だと今から考えれば解るが、当時はソレで成長し乗り切ったんだけど…流石に…。。

アレを見てしまうと世間がどーとか、こーとかではなく自分自身の身は自分でどーにかせんとイカンと痛感したワケで…

当時から30歳にまるまで散々親も確かに恨みますたよ…
ホント。(´+。+`)トホホ。

でも一緒に泥舟に乗る決定さえ自分に下さなければ別の道を必ず歩めるという事だけは信じて来たのは正解だった。

その実証が今の俺。


昨今、教育関係でも[ 忍耐・自制心・客観視 ]という未成年に最低限度程度のスキルを所持しないままに成人を迎える人が増えている。

だから少々の事でも自殺する。
俺は考えるにそもそも視野が狭いし、人生…というよりも現実に対する姿勢に柔軟性と強さが感じられない。

俺はその点においてハッキリ伝えたい。
『この世は地獄ですよ?』って。

でもね…それは単に[ 無理ゲー ]なだけで攻略法は実践で習得してしまえば攻略方法は個人の数だけ存在するのだと確信している。

その意味でも保護者や親は子供に対して過干渉になったり、無意味に友人になったり、御機嫌を取る必要はないとつくづく感じる。

躾が身に付けば堂々と現実の荒波に慣れさせ徐々に放り出せば自覚と自立が芽生えるのにムダにつまらない娯楽を与えたりすると直接的でもない幻想染みた事で子供が狂う。

もっとリアルな部分で人生を自覚させるのが必要だと思えてならないのですよ。(#゚д゚) 、ペッ


人生の前半戦にあらゆる負荷を体験し経験すれば、後の後半戦で負荷の軽減的なイベントや体験をすると感謝やマインドシフトにも大きな変化があるのに、前半戦に横着カマしてしまうと後に人生の御馳走とかが出ても、その素晴らしさがサッパリ理解も出来んし…何より忍耐や継続力という最低限度のスキルすら習得出来ないから人生をガチでダメにする。

結果として堕ちるトコまで堕ちるしかなくなる。

だからこそ沢山失敗して、早い段階で挫折をこまめにして何度も立ち上がる方が実は人生的にも結構メリットが大きい。

そんな経緯と自分の人生そして暴君親父からの反面教師も含め、部活外部指導時代はとにかく精神面でも身体面でも負荷を掛けたスパルタチックな指導をしてたの。

カワイソス…と思いながらも。
コレばかりは仕方ないでござる。(-人-)


だから最近のニュースとか動画でバイキングとかを見ていると一概にパワハラとか理不尽で一括りにされがちな風潮だけど、そんな事を言い出したらキリがない。

[ 甘ちゃん量産化計画 ]が国家プロジェクトなら問題は無いけど昨今のしょーもない動画からの逮捕劇や、祭りの暴動とか、子供の自殺とか…何だか病んでいる以前に脆弱化している気がしてならんです。ε=(-公-;)ゞ

保護者や親が毅然と厳しく接すればイイのに、逆にクソアマになってしまうと学校側にクレームやらムダに付けてしまう事になりかねん。

その意味では学校以上に保護者や親が成長しないと最終的には『ソコまで言うなら通信学習で良いじゃねーか!』ってなる可能性もあるやも知れん。

その意味では時代錯誤と言われるかも知れんが、戦後直後の子供達はイジメや人間関係での問題よりも[ 明日を生きる ]という人間本来の強さが自然に育ったんだと今を持ってオッサンである俺にもシミジミ感じるかな?

現代の子達はある意味、かなり弱っている。
短絡的に死を選び過ぎる。(#゚д゚) 、ペッ

四苦八苦に対して余りにも無防備過ぎますわ。
俺から言わせれば『そんな弱い子供に誰がした?!』と質問したい。

生き方を教えるのも保護者や親の勤め。
その方向性が余りにも自由度が無さ過ぎるし、無関心過ぎる。

結果…取り返しの付かない事になってからメディアに対し声高らかに[ 世間の責任 ]にする。
俺はどーしても理解出来ないのがその点にある。

ニュースや動画を見て責任の所在を訴える人を見ていると…あのガキが一丁前に『○○が悪いボクのせいじゃない!』というセリフが脳裏に蘇る。

そもそも人間はコントロールが出来ない。
だからこそ[ 躾 ]が出来たら、後は[ 生き方 ]の教育を身近な人間である人生の先輩…そう、保護者や親が伝えんとイカンと考えるべき。

それを伝えずして子供に綺麗事オンリーな無関心的対応をすると、イザ突っ走って逝くトコにまで逝ってしまうと取り返しが付かない事になる。

我が子ですらコントロール出来ない…コレに気付くのが遅過ぎる人が何と多い事だろう。(#゚д゚) 、ペッ

今一度、保護者や親はコレを期に考えて頂きたい。
『我が子に生き方…伝えてますか?』m9( ˙-˙ )

最後に…今回乱文でスマソ。(-人-)






(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU