トップページ > とりあえず雑感 > 寛容さの線引きとは…今後、大きな課題になりそうだけど実際には単純に人間性の総体面での事項であるという事実。 

寛容さの線引きとは…

今後、大きな課題になりそうだけど実際には

単純に人間性の総体面での事項であるという事実。

                    2019年04月13日


昨今、ニュース関連等のメディアやマスコミのネタが無理矢理炎上系を狙うものばかりでつまらない。(#゚д゚) 、ペッ

ソレを考えれば日本は本当に平和だと痛感する。

紛争地域や経済困窮国…余りにも急激な成長を遂げている国政事情とかに付いていけない国民の不満や情勢が不安定な国となると国政レベルでの監視社会になる国まで様々。

韓国等は国政自体が国民感情に振り回され過ぎて下手を打つと首相や国の長であろうが投獄にまで追いやられるから気が気じゃないのだろうと察する。

日本は何とか三権分立が成り立っているのが本当に救われる面でもあるし…言論の自由があるからネットやマスコミ、メディアのバカ批判でも自由に出来るのはある種の[ 幸せ ]なのだと思うわー。

上記の色んな情報ですら個人のフィルターで発信出来るのは大きなポイントであると同時に今後の日本は教育レベルで[ 就労思考 ]から[ 独自思考 ]や[ 創造思考 ]というクリエイター教育が必要性を帯びて来る。

関連記事
○ ネット規制をしたい裏事情…ソレを阻止したい裏事情。
○ 法案が可決されて駄目なら素直にBANするだけです。その時はまた1から立ち上げるだけです。
○ 改めて教育洗脳が恐いと感じた…慰謝料という名のビジネスに人生を捧げる恐さ。
○ 国家レベルで国の尊厳とアイデンティティを束ねられないのはどうかと考える。日本は一度距離を取っては如何かと。
○ 大々的な監視社会性…鬼が出るか蛇が出るか?


以前にネット表現規制関係の時事ネタでも触れたけど今後日本は上記の動画の顛末部分に大きなキーポイントが含まれている。

それが[ 個人で生産性と経済力を身に付ける ]という分野になる。

つまり[ 経済力という収入源 = 金を稼ぐ力 ]を身に付けるという部分においてやはり自由思想や言論自由というのは切っても切り離せない部分なのでござる。

ネット規制法案でも一部否決されているのは政治家さん達も[ ネット分野での経済発展の可能性 ]を何でもかんでも利権による縛りが経済を衰退させるのを少なからず知っているのだと感じて止まない。

現にネット市場の代表各である金融商品系(投資とか)は2000年以降に規制緩和され競争時代になった途端に爆発的に広がった実績と経緯がソレを証明している。

その部分を考えるとある程度の寛容さが[ アフィリエイト ]や[ 広告ビジネス ]という経済効果の存続を認めているのだろう。

一昔前ではユーチューブとかブログとかは単に趣味程度の認識だったのだけど、これだけPCのスペックが一般的に上がってしまうと個人のメディアが一気に花開いてしまうという現象が起こる。

これにより所得税収にも拍車が掛かり、案外…今後の職種に関して道の業種とかが数年後に軒を連ねるのもあながち想像に容易かも知らんですな。

その意味でも感情国家にならぬよう国政もそうだけど、個人レベルでの心の成熟さは必須科目となる。

それと同時に[ 個人で経済力の獲得 ]も合わせて必須項目になるのでしょう。(´・ω・`)y-~

そーいや天皇即位関連のめでたい席で北野武氏が祝辞を述べて居たけど正直[ まだ、このような寛容さを忘れぬ日本があるのだなぁ ]と心底感心した。

規制規制規制…ソレばかりが全てではないし、監視監視監視…ソレもどうかとは思う。

現行のネット普及による批判やマスコミ・メディアとかが炎上目的でネタを捻り出す醜悪な部分を見かねる時代でもあるけど、俺としては[ 寛容 ]という ← この線引きを敢えてボカシながらも時には適度に締めたり緩めたりするのは日本は忘れない必要性を教育レベルで定着するのが望ましいと考える。

その[ 曖昧さ ]という絶妙なバランスが日本の良さなのだろうと思うので候。

それにはやはり[ 許し ]や[ 自信 ]…そして[ 自己需要 ]の心の教育も必要なのかな…と思うのでござる。

非常に微妙だけど世間様の生きる諸事情(経済面や人間関係、そして個人の心情や信条)でもコレは千差万別だからしゃーないっす。

(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU



 ------------- 広告 ------------




 ------------- 広告 ------------


 ----------------------------------- 広告 -----------------------------------