トップページ > とりあえず雑感 > 独自路線を逝くならば多数決の世界よりも個人の世界へ…って話。

  サイト内検索ボックス


独自路線を逝くならば多数決の世界よりも個人の世界へ…って話。

 2019年07月04日


 スポンサーリンク

なんか…ニュース動画見ててさ…思わず『ココまで炎上上等でメシウマ塗れは凄えーな。』と漏らしてしまう。(;゚д゚)ポカーン

もう、どうにも止まれない御様子ですな。
まぁ…中途半端が一番よろすくないかも知らん。

イバラのメシウマ街道まっしぐらで逝っちゃって下さいませ。

時事ネタ
○ 丸山穂高議員が『バイキング』放送中にムキになり坂上忍に「飲酒運転で器物破損逃亡劇の件」と攻撃
○ 丸山穂高議員、東国原ツイートに「おまゆう」「名前を出すバリューもないな」

○ 関連動画検索:バイキング 2019年07月02日


まぁ…ココまで大炎上してまで開き直るのはメンタルタフネス万歳でござるよ。

ツイッターも覗いてみたけど結構、オモロかったわ。
一応、スジも通ってた部分もあるし…なんだかなぁ…って部分もあるけど人間の言動なんぞ突き詰めれば必ず矛盾は発生する。

冒頭の2つの時事ネタでも通じる点は多くある。

人は必ず生きて逝く中で必ず迷惑を掛けたり、ウソ偽りを口にする事も大なり小なりある筈ですわ。

ニュース動画を閲覧しててコメンテーターの人達も仕事上、大多数側の意見を申し述べて番組上、数字を出さないと意味が無い存在でもある。

 スポンサーリンク

だからサシでの対面談話では誰もが[ 関わり合いになりたくない人物 ]には無言でその場を後にするのが通常の反応であるわな。

何かの動画で坂上忍氏が漏らしてた言葉に『本音は番組中、ずっとパンダネタでも良いんじゃね?』と逝ってたのも、ニュース取り上げ番組の構成上…大衆心理を煽るトーク技術を製作側は必ず要求している筈である。

そりゃ三毒吐き続ける事を強制される仕事は大変よ?(実際の三毒とは違うけどニュアンス的に。)

○ wikipedia:三毒


それに問題議員の丸山穂高氏も、根本が少し[ 居てはいけない場所に立っている ]事がそもそも間違いなのかな…と俺は考える。

議員…という職種は基本[ 多数決 ]の世界に属すから[ 自分の意見 ]は[ 100%好き勝手出来るワケではない世界 ]という事。

そりゃね…支持者が全て超コア層の妄信者ばかりの票であるなら問題は無いけども綺麗事を立ててでの当選であるならば必ず多数決の流れに揉まれるでござる。

元大阪府知事の橋下徹氏も大阪府負債を無くし、プラスに転じた大きな功績を残したのにも関わらず内部からバッシングの嵐を受けたり、元宮崎県知事の東国原英夫氏も、宮崎県には大きな貢献度合いが高い仕事をして来たにも関わらず、最終的には内部統率が取れないほどの多数決の世界に負けてしまうのが辛い所。

コレが多数決の世界。

 スポンサーリンク

上記の2名は文字通り税金給与での面では誰もが諸手を挙げて認める勤務姿勢だったから当然、惜しまれる。

今回、冒頭の時事ネタで槍玉に上がっている丸山氏に関しては大衆意見の根底が[ 税金給与 ]の立場上、非常に炎上を越えてファイアーマン化して燃えに燃えている状態。

そりゃココまで来ればAボタンは離せないでござるよ。(´+。+`)=3
それに今回、ボーナス関係のツイートまでしているからアンチがそんじょソコ等の炎上系厨婆よりも凄まじい勢いで数字が伸びてるから思わず吹いてしまったよ。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \



俺は今回のニュース動画を見てて[ 最終的に次の選挙で『あの人はどうなった?』系のネタで答えが出る ]だけなのに…と冷めた姿勢。

だってさ…政治家さん全員、凄まじい税金給与だからなぁ。
だから感覚的に炎上騒ぎに乗じて一番安心している人達が大勢居るとは感じているで候…誰とは言わんが。

それが不思議な国…日本でござる。(#゚д゚) 、ペッ

どうして議員になってまで独自路線を逝こうとするのかねェ。
どーせなら個人で花を咲かせればエエのに。

そーすりゃ誰の後押しとか気兼ね無く好き勝手出来るのにな。
俺なんかは周囲のノイズが煩わしくて独歩の方面をチョイスしたんだけど、マジで静かでエエど。(´・ω・`)y-~


(´・ω・`)つ  





→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > とりあえず雑感 > 独自路線を逝くならば多数決の世界よりも個人の世界へ…って話。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク


ページのトップへ戻る