トップページ > とりあえず雑感 > 馬も時代を創ってた事が今になって解る。

  サイト内検索ボックス


馬も時代を創ってた事が今になって解る。

 2019年08月04日


 スポンサーリンク

平成の名馬が逝きますた。
競馬ファンでもない俺ですら知っている名前だったから、世間様は相当なものだったのだろうな。

時事ネタ
○ 名馬「ディープインパクト」が急逝
○ ディープインパクトの死は年間200頭にも及ぶ無理な種付けが原因か、虐待との批判も

俺はマジで競馬には疎い。
だけどブラック就労時代に競馬狂いの猛者にディープの逸話を散々聴かされてたからタマタマ覚えてた。

その血統の子達も殆どが走りまくる馬だと言う。
素人でもココでストレートに[ 血で走る ]というイメージが付いた。

何だか人間の血筋にも共通するのだと少し痛感してる。
(´・ω・`) ショボーン

そりゃ…お金持ちの代名詞である[ 資産家 ]や[ 投資家 ]という家系であれば[ 帝王学 ]という家訓や専門教育ちゅーのが幾許か存在するだろうし、何よりも[ 家風 ]があるだろうからなぁ。

少し話の角度が変るが今回平成の名場というテーマでニュース情報が上げられたけど時代時代によって名馬の名前が売れる事は昔もあった。

その1つが[ オグリキャップ ]という名が俺には根強い。
理由はUFOキャッチャーの[ ぬいぐるみ ]だから。

○ 画像検索:オグリキャップぬいぐるみ

昭和の後期、JRAはキムタク氏を起用してのCMが爆発的に広まったの。

あのバブル染みた派手な演出と相まって家族連れが爆発的に増えたのも印象的だったよ。

バラエティ番組でも競馬予想とかする小さなトークコーナーとかも出てたほどの盛況ぶり…今では考えられない時代。

そりゃ地方競馬も根強かったらしい。

もしも当時、ネット時代で現代のように馬券購入とか出来てたら更に飛躍的な産業になってただろうな…と思うわ。

 スポンサーリンク

それだけ競馬産業は凄まじいお金が動いてた。

冒頭のディープインパクトの主牡馬というのは基本的に人工授精をビジネスにしていない事が俺は不思議でならなかった。

だけど理由はビジネスの世界に照らし合わせると簡単に納得。
それは1度の交配(要は1発分)が何と4000万円だとも言われている。

解るだろうか?
ビジネスは[ 血統で決る ]という世界なのですよ。
((;゚Д゚)ガクガクブルブル

確か…何かの文献で閲覧した事があるけど昆虫から~哺乳類まで過度な交配や交尾をしてしまうと寿命が短くなるという事を知った事があった。

その中でも寄生系に侵された昆虫とか、貝類とかは生殖機能を破壊されると途端に寿命が伸びるという調査報告まである。

その意味でどれだけエネルギーを使って次世代に遺伝子を繋ぐのかが伺える。

生命のシステムとはいえ、確かに魚類も産卵をし終えると死去してしまう種類さえいるからなぁ。

 スポンサーリンク

人間でも過度で、且つ強制的な交配ばかりを義務的にさせてしまうと十中八九…寿命が縮むのかも知らんですな。

何事も自然が良いのだろうけど、人間はビジネスでソレをコントロールしてしまう生き物なのでしょうな。

コレばかりは仕方がないのかも。

ディープインパクト…17歳。
人間で換算すると52.5歳との事。

コレが早いと言えば確かに早い。
でも競争馬全体で言うならば長い部類なのか?

俺にはてんで解らん世界です…ござる。( ゚д゚)ポカーン


→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > とりあえず雑感 > 馬も時代を創ってた事が今になって解る。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク


ページのトップへ戻る