トップページ > とりあえず雑感 > 選択式教育が今後の日本には必要なのかも知れん。

  サイト内検索ボックス


選択式教育が今後の日本には必要なのかも知れん。

 2019年11月10日


 スポンサーリンク
 
日本の義務教育レベルから[ 英語科目 ]って正直な所…意味を持っていない気がする。

大人になって民間企業が英会話教室に通い、ガチレベルで英語が話せる割合の方が多いンじゃないだろうか?

そこから考えると…やはり日本の[ 勉強=学歴 ]というイメージが[ 負のイメージ ]に偏っていて、実際の[ 学問 ]という自主性からは掛け離れている気がしてならない。
ε=(-公-;)ゞ

時事ネタ
○ 日本人の英語力、世界平均を下回ってしまう… 小中高と学んでるはずなのにどうして!?
○ 英語民間試験が延期となった大学入試共通テスト、受験生の80%以上が反対している事が判明 「私たちは実験台ではない」
○ 「やる気出せ!」と言うのは逆効果!?「勉強しない!」と決めると逆にやる気が出てくる可能性も!

コノ手の話題ってマジで奥が深いカテゴリー。

ユーチューブでも中田敦彦氏の動画の再生数がガンガン上がるのを見ると人間本来の[ 学ぶ楽しさ ]って強制なのか?…ソレとも自主性なのか?…を考えさせられてしまう。

日本は昭和中期~後期に掛けて[ 受験戦争 ]というキーワードが蔓延しまくった時代があったんだわ。

その競争で落ちぶれたら[ 生きる資格無し ]というイメージさえ付いてしまった背景すら実際にあったんよ。

当時、日本は戦後復興での国力復活を国家レベルで目指してた時期も相まって教育自体に力を入れてたのも事実。

だけど先進国となり、現代ではその伸びシロ自体が逝き詰まりを見せている状態となれば…今後の学力強制という[ 恩恵(学力努力がそのまま社会ステータスとして報われたり、人生設計に反映されたり)]が逆に働いてビハインドになりかねん状態。

だが…時代がソレを見抜き始めているの。

実は俺の後輩にも出戻り中途採用する企業体がチラホラ現れてンのよ。

実際に後輩に話を聴いたら学校を卒業し、新卒採用をされた後にわずか1年未満で退職。

理由は人間関係だったらしい。

だけどその後、あらゆる業種を転々として2年後。
最初の企業体(地元優良企業なの)が中途で採用した。

当人曰く…『やっぱり、ブラックはブラックでした。人間の質がクソだったです。』と。( ゚д゚)ポカーン

古巣の面接でソレを正直に伝えたら何故か採用。

この話を聴いて俺が考えるに…企業側もワザワザ研修期間を設けずとも他社と比較して『ウチの方がよっぽど良いなと思って就労してくれた方が手間も教育も掛からんし、何よりも離職確率が格段に低い』…と考えるだろうな。

 スポンサーリンク
 
企業求人って企業の方針が生徒の話を通じて色々解る事がある。

部活人材優先だったり、学生生活で実績(コンテスト等の入賞)を優先したり…最近は自衛官の中途採用を優先したり…。

要は企業体から見て[ 即戦力 ]や[ コスパ ]…そして[ 育成に手間が掛からない ]という利便性を露骨且つ、正直に提示してるのね。

従事者側から見ると偏見がちに見られるが、経営側から考えると『そりゃ当然だわな!』と言わざるを得ない。

これを踏まえて冒頭の時事ネタを考えると…

● 仕方なく習得したスキルという人材のパフォーマンスは低い。
● 学問歴ではない単なる学歴の人材は無能率が高い。
● 有能さや無能さは雇って見ないと判別が付かない。
● 故に無能人材の首切りは雇用側としてストレートに実行したい。
● 能力がある人材は企業体としても絶対に欲しい。

…そんな公式が成り立つ。
逆を言えば[ 本来の学問の在り方 ]とも言える。

実際に求人関係で研究職というのは[ オタク人材 ]を求めている傾向があると教員関係者から訊いた。(俺の母校は工業高校だから求人が実際に窓口として設けられているの。リアルな現場の声は本当に勉強になる。)

マジで[ オタク力 ]は侮れない。Σ(゚Д゚;)
技術コンクールとか、学生技能オリンピックとかで入賞した子のスキルはベテラン顔負けでござる。





俺もNC(数値制御工作機械)に関する資格を取得してンだけど、工業高校生の中にも稀に居るンだわ。

学生の中で[ 技能2級取得者 ]が。
[ 3級 ]じゃないよ?[ 2級 ]だよ?

[ 3級 ]は学生向けに設立された技能資格だけど[ 2級 ]となると完全に実務レベルになる。

その差は歴然。
ちなみにその上に[ 1級 ]や[ 特級(種別による)]という特殊なレベルがある。

もうそのレベルになると最早、神の領域。
実際に[ 2級 ]の学生取得者と母校で面会して部活動を拝見したけど、コテコテの[ オタク臭 ]がタマランかったわwww

何だか好きになれそう感なのよ。

 スポンサーリンク
 
ビジネス世界の格言で『オタクを大事にしよう!将来、その人に雇用される可能性があるのだから…』てーのがあるンだけど、今後の日本は[ 学歴 ]よりも[ 学問歴 ]を経て実践量が高い子ほど起業率は高いと俺は考える。

オタク性質の子というのは完全に[ 実践向き ]で失敗を平気で経験値にする感覚に慣れ過ぎてしまってるのね。

だからトライ&エラーをものともしない気質があるし、追求や追道の手を緩めない…その領域はもう[ 夢中 ]の域なのよwww

コレ等の意味を考えると先進国ほど[ 受験戦争 ]では無くて[ 選択科目 ]にシフトチェンジした方が国策としては健全かな…と俺は考える。

そもそも後進国…日本が戦後復興を目的とした教育発展は学力向上を目的としてバッチリ時代に合ってたのは事実。

だけど物資も経済も過渡期に突入したら、今度は集団向上では無く…個人の能力にテーマを移行する時期が実際に来たのだろう。

集団のレースよりも個人の生き方にテーマを普及させ、ソレを国政と国力向上とリンクさせる時代なのかもな。

そもそもゲームでも[ マインクラフト]とか[ モンスターハンター]とかの[ カスタマイズ系 ]のゲームで独自性や独自表現を求めているニーズがある事を教育機関の人間が感じないのは鈍感過ぎる。

リーマン気質の御役所人事の弊害が伺えてならんわな。(#゚д゚) 、ペッ

そんな事を考えてミターリ。

そーいや、アスキーの[ ツクールシリーズ]は時代の先取りだったな…
( ゚д゚)y-~

○ wikipedia:ツクールシリーズ



(´・ω・`)つ 







→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > とりあえず雑感 > 選択式教育が今後の日本には必要なのかも知れん。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク
 

ページのトップへ戻る