トップページ > 経済に目を向けよう > おバカな銀行業務は事業性から見ると『将来像がありません』と露呈している事に気付いていない。 

おバカな銀行業務は事業性から見ると『将来像が

ありません』と露呈している事に気付いていない。

                    2016年09月10日
つい最近、所用にて通勤ラッシュの国道をチンタラ走っていると[ あるもの ]を見かけ目を疑った。

街頭で半被を着た銀行員が入り口前で旗掲げ、ティッシュを配っていたのだ。
正直目を疑った。( ̄□ ̄;)マジ!?

昔はインターネットが無い時代、支店が開設されて行くと従業員には預金ノルマというものがあった。
勤めている従業員は身内や知人に『預金して頂けませんか?』と営業染みた時代が事実としてあったが今は時代が全く異なる。

コレを指示した上司なのか支店長なのか本社指示なのかは不明だが、正直アホだと思う。もはや正気の沙汰ではない。

銀行業務は基本的に[ 運用 ]と[ 貸付 ]が主な業務であり今現在、営業に関して安定的な営業戦術が確立しつつある。

少し前に一番手堅い金融業務のモデルとしては[ JA ]と[ ろうきん(労働組合金融関連) ]が地道な形で大きな組織となっている。

御存知の通り[ JA ]は低金利の住宅ローンや車のローンをサザエさんという国民的キャラクターを起用してのCMで一気に認知度が上がった。

国民の借り入れが非常にイメージと目的とが合致して根強い経営戦略である。その為、顧客側から店頭に赴くというスタイルだ。

JAには3つの柱があり
[ 信用(銀行業務) ]
[ 共済(保険業務) ]
[ 生活(農業を始めとする販売関連業務) ]
というものが存在するが実質、[ 信用 ]と[ 共済 ]の部門が大きく黒字を叩き出しているが[ 生活 ]に関しては縮小の一途を辿っている。

農業の縮小→そして高齢化→更に通販業界の進化で店頭販売におけるメリットが全く無い為なのだ。
今現在、肥料や農業用の道具、おまけに小型農機具や害虫駆除薬剤に至るまでホームセンターで安価に販売しているので言い方には棘があるが事実、寺銭を抜く手法(JA自体がデパートのような仕組みの為、手数料を取っているに過ぎない。だから昔から在庫が少なく業者がマージンを上乗せして置かせて頂くという形を取っていた。)がメインなので今現在のシステムから言えば逆行している。

当然、売り上げ激減。
結果、JAの部門で廃止を促すという結果となる。
何れ無くなるだろうと誰もが予想されるという事実。


そして[ ろうきん ]の業務推進は非常に手堅い。
全国の労働者にのみ対象とした特化の戦略なのだ。

勤めている者のみに対して低い利率で貸し付けているので非常に魅力があるサービスとなっている。
労働者は基本的に会社を辞めなければ、そのシステムを利用出来るので一蓮托生的な形で店頭に赴くというスタイルが今も健在だ。

預金に関しても強制的に積み立て式を取っている企業団体は多い。だから間違っても『預金をお願いします』という事をする必要性すら皆無。


そして今現在の筆頭各である銀行業務はやはりブロードバンド普及率と平行してインターネット時代へと突入した銀行業務の立役者はネットバンクだろう。


(↑楽天銀行カード。デビット機能やクレジット機能もありアフィリエイトをするには欠かせないアイテム。)

そのネットバンクのマネージメントは非常に参考になる。
その最たる方針は[ 如何にして人件費を削減するか? ]さらに[ 如何にして経費を削減するか? ]という根源の部分に焦点を当てた究極の形を採用している。

それは[ 無店舗経営 ]という手法。
コレなら店頭の維持や土地の経費も一切必要無く、まして人件費すら必要が無い。
ココに目を付けたのが[ セブン銀行 ]だ。

コンビニで引き出し&預け入れが容易となり、飲食店を経営する方々には夜間金庫に立ち寄る必要性も無くなった。
昭和世代の飲食店経営者は売り上げを夜間金庫に預けに行く事が常識だったがセコム等のレンタル金庫の普及やネットバンクが今後をリードしていくだろう。

さらに防犯の部分も優れている。
24時間体制で監視の目がある事が強み。
当然、監視カメラは元よりコンビニ従業員も常に常駐している。


銀行経営においては非常にメリットは大きい。
人件費や防犯に至るまで経費を究極的に削減しているので営業を全てネット上で行えるのは大きい事なのだ。

今現在、ネットバンクの金融サービスは投資・信託・為替に至るまで証券会社並に範囲を拡大している。
だから地方銀行が入り込むという余地が無いのが現状。
ちなみにコンビニATMの手数料だけでも凄まじい金額が日本全国で動いているのは言うまでもないだろう。

それだけ利便性・融通性が利くサービスなのだ。


上記の理由を知るようになると街頭で銀行員が口座開設の為にティッシュや旗を持つという行為が時代錯誤であり、営業戦略からどれだけ掛け離れているかが御理解頂けるだろう。
第一、通勤の時間帯に誰が口座を開設するのか俺は知りたい。夜の繁華街に見かけるポン引きじゃあるまいし…

それと馬鹿な上司の命令を聴かざるを得ない従業員が可哀想でならない。

そんな会社は早めに見限ろう。
そしてアフィリエイトを始めて自由になればいいだろう。


------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU