トップページ > 経済に目を向けよう > 後輩が文化祭の出し物に困っていたのでアイデアをくれてヤンよ。( ・∀・)つ[アイデア] 

後輩が文化祭の出し物に困っていたのでアイデアを

くれてヤンよ。( ・∀・)つ[アイデア]

                    2016年09月11日
専門学校へ通う後輩(年齢も親子ほど離れているが…)が『へろさん。(←仮名)文化祭のアイデア、何かないっすか?』と訪ねて来やがりました。

部活で指導した後輩なのだが進学した専門学校先でどうやら実行委員をしている様子。
在学中にキャプテンを張ってた経歴があり、基本[ お祭り大好き男子 ]なので自然の流れ的に実行委員に就いたらしい。


しかし…就いたは良いものの出し物のアイデアが無いとは。
コイツ、将来クリエイト向けのタイプでは無いなぁ…等と思いつつ説教モードへ。


後輩も3年間、この説教を受けた耐性もあり上手にいなしながらアイデアを求めてくる。人間って負荷が掛かると成長するんだな。少々関心する。


ご褒美として具体的案を1つ話した。
~ 話の途中から ~

俺『それじゃあ…最近、流行っているものは?』

後輩『うーん。ボーリングとポケモンですかね。』

俺『ゲームボーイやってんのか?』

後輩『いつの時代ですか!w スマホ版ですよ。』

俺『ナイスツッコミ。腕上げたな。』

後輩『あざっす!』

俺『じゃあ…それ、やっちゃえ日産。』

後輩『は…? ( ゚д゚)ポカーン』

俺『だ・か・ら!それを学校でやるんだよ!』

後輩『え…どうやって?』

俺『ガラケでもスマホでも[ QRコード ]が読める機能があるだろう?』

後輩『ハイ。確かに。』

俺『それを使用する。』

後輩『…もっとkwskオネガイシマス。俺バカなんで。』

俺『先ずレンタルサーバを期間契約するだろ?ロリポップサーバーなら250円/月でレンタル出来る。ドメインも数百円/月だ。数ヵ月後なら合計しても3000円あれば事足りるだろ?』

後輩『ハイ。予算が幾らかは申請すれば学校側から支給されますんで。』

俺『OK。そのレンタルサーバーにイラストや学校の女の子のグラビア、名物男子でも良いから写真等のURLをリンク無しの単独でUPしておく。ココまでは解る?』

後輩『ハイ。解ります。』

このアタリから紙にペンで書きながら説明して行った。



俺『UPしたURLに下ドメイン以下のコードは全て単独とする。コレにより予想してURLを引っ張り出されないようにしておく事が大事。そしてそれを短縮URLサービスで[ QRコード化 ]して印刷しラミネート等で閉じておく。

ラミネート自体はアマゾンでも売ってるし、学校にも必ずある文具だから必ずプレス加工しておくこと。当日には必ず汚れたり敗れるのを防ぐ目的で。あとこのQRシートは予備も作っておくように。』

後輩『なるほど。( ゚д゚)ヘー』

俺『ココで文化祭に一番必要な事は何だと思うか?』

後輩『うーん。楽しい事?…ですかね?』

俺『間違ってはないがアバウトすぎ。実行委員なら脳みそをフルに使え。イベントという世界は基本的にショッピングモールの様な考え方だ。』

ココから先は講義のようになりましたので短絡的に説明しておくと…


イベント関連に一番大事なのは経済効果を如何に高く出来るかというのが全体運営する側の考え方なの。

来客した方々が一部のテナントや物販をみて満足して帰る形ならば滞在時間は基本的に2時間以内である事と来客の流れがスカスカであると同時に入りもスムーズだが、出も早く一向に盛り上がらない。

結果、来期のイベントに対する期待感も少なくて次第に消滅していくの。

実行委員会の関係者は何を意識するのか?
それは[ イベント敷地内での滞在時間を長くする事 ]が最大の課題。

昔はインターネット等の情報網が発達してはいなかったのでデパート関連事業には必ず幾つかの黄金パターンがあった。

具体例は1Fでは化粧品や貴金属品を。
2F~3Fでは衣類を。
4F~5Fでは家具関連や家電関連を。
6Fではスポーツ関連を。
7Fアミューズメント関連を。
8F~屋上では食事と遊園地を。

現在では屋上で昭和中期の様な屋上観覧車は見なくなったが…。
つまり生活に関わる事やそのアイテムの購入頻度が高い順に上の階に設定しておくと通過地点のエスカレーターでの視覚情報で入ってくる購入意欲を刺激する様に配置されているの。

その為にエスカレーター間の踊り場では必ずメイン商品や広告、ポスターを掲げているのはマーケティング上の仕掛けなのだ。

この手法の進化型が現行のドンキホーテで見られる。
入り口から出口まで迷路の様な状態にして必ず殆どの商品を目にするようになる。

つまり滞在時間中に極力情報を提供する…顧客は水面下に存在する購買意識を刺激する仕組みになっている。


今現在はネット通販事業が拡大され外出購入意欲自体が消滅してきていますが駅やデパ地下での一体化計画が盛んなのはこの為だ。

今現在、[ スマホアプリ、ポケモンGO ]等は最たる手段で配信される前情報からでもマーケッター側からビジネス目線で見れば何処に何を仕込むのかは大凡見当が付くもの。

そりゃそうでしょ?! 何も無い山奥深くにポケモンを設定しても経済効果があるのは[ 車 ]か[ ガソリン ]の消費を促すぐらいですから、コスパの面から見れば有料事業として設定して行くのだと考えられる。

つまり[ 広告依頼 ]という収益を見込めるという形だ。
来て欲しいテナントやイベントに事業主からアプリ制作会社へ[ 広告の為のポケモンを設定してほしい ]という言わば広告出稿依頼をする。…という事だ。

当然、集客率が高くなり必ず経済効果が出るのがマーケティングの基本。

多分、アフィリエイトを生業とする関連業者からこのアプリを見るとそんな風に見えるのは必然なのだろう。


後輩へ講義チックに説明したのは以下の理由だ。

[ 従業員になるのか? ]と[ 仕掛ける側としてビジネスを所有するのか? ]を若い間に学んで欲しいからだ。

時代はどんどん変化していく。
ビジネス感覚というものは磨けば必ず自由が手に入り人生をクリエイト(創造)して行く様に変化して人生をもっと楽しくする事が出来る。

それはシュミレーションゲームの様な感覚。
昔、シムシティというSFCのソフトがあったが、あの感覚だ。

でも、その感覚が[ 受け ]になると1単体としての制約された人生を送る様になる可能性が非常に高い。

誰かに管理され、組織に依存し、自分の給料を決められ、人生の不自由度を押し付けられる。
これが人生を劣化させる根本の概念。

その様な話をこの雑談で話した。
学校で学ぶ世界は基本的に[ 学問 ]なのだが本来の姿を捻じ曲げているのは俺達の側。

その曲げた概念とは[ 良い成績を取得して良い会社に入り安定を手に入れる ]という駄神話だ。

そこには既に本来の[ 学問の姿 ]はない。
ちなみに他のページでも良書として勧めた…

金持ち父さん貧乏父さん
金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

…はこの部分を解り易く解説している。


まあ、話は逸れますが後輩はというと…

後輩『そんじゃ、QRコードは人間にも物にも店にも貼り付けてイイんすね?』

俺『そうそう。でもゲームバランス同様、その日に消化出来なくなる量で生産すると逆にやる気が削がれるのは解るか?』

後輩『夏休みの宿題や期末のテスト範囲みたいな感じですね?』

俺『マイナスのイメージではあるがそんな感じ。だからある程度、敷居を下げつつテナントやイベントを回れて文化祭の滞在時間を長く出来る様に設定すると良いだろう。』

後輩『なるほど!それと各場所に充電器のサービスを提供するのも良いですね。喫茶店なんかがイイかも。売り上げ上がるし。それとコンプリートした人にも別イベントを提供するのも面白いかも…』

俺『ビジネスを考えるとオモロかろ…w』

後輩『超おもしれーです!°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°』

俺『後はフットワークの軽い友達と頑張れ。』

後輩『ハイ。ありがとうございました。』

俺『チョット待て。報酬対価は?』

後輩『え”…金とるんすか?』

俺『タダより高いものは無いと習った事はないのか?学生なんで許して貰えると思うなよ。』

後輩『うーん。わかりました。少し待ってて下さい。』

そう言うと事務所の入り口から出て行き数分後にコーラを1本自販機で買ってきて…。

後輩『俺に出来る精一杯の対価です!』と息荒げに満面の笑み。

…コイツ、将来化けるかアホになるか紙一重かと思ったわ。
憎めないヤツは本当に得だと思う。
                (´・ω・`) y-~


なお今回の後輩への運営指南?で紹介し勧めた情報は以下の通り。

先ず使いやすさと安さ随一のレンタルサーバー
(本サイトもコレで契約している。)



連動したドメイン(レンタルサーバーと同系列の為)



無料QRコード作成サイト(便利な世の中になったもんだ。)

URX.NU


まあ、ご参考までに。(´・ω・`)ノシ


------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU