トップページ > 経済に目を向けよう > コレからの時代は[ 安定志向 ]という考えはリスクになりえる。早い段階で抜け出そう!

コレからの時代は[ 安定志向 ]という考えはリスクに

なりえる。早い段階で抜け出そう!

                    2016年09月20日
次第に大企業が赤字を抱えるというニュースを頻繁に聴くようになる昨今、大企業の家電メーカーが次々と経営破綻をきたしている。

株価の上で見栄を張るからだと強く感じる。

以前アップル社で同じような再建計画でスティーブ・ジョブズ氏を迎え入れる際にジョブズ氏は幾つか条件を提示したという話をネットで聴いた事がある。

その条件を平たく言えば[ 俺のやり方に口を出すな! ]という意向に俺は強く共感した。

会社は上昇志向になればなるほど組織運営上、上層部の身勝手な方針で会社は動く。

会社が小さい時はボートのようにすぐ方向転換できた筈なのに組織が巨大になるとタンカーのように方向転換が非常に困難を極める。

しかも会社の上層部は基本的に現場を知ろうとしない。
甘い汁を吸い続けたなれの果てが沈没船になるという訳だ。

ジョブズ氏はコレを見抜いていた。
だからワンマン制に戻り一気に改革していく。
結果、アップル社は速攻で黒字に戻り復活を果たす。

上記の事例では気付くだろうか?
大企業に入るという事は無能な上層部に自らの人生というオールを渡すという事なのだ。


人生のオールを他人や会社に 渡さぬ為に出来る事はしておこう!
今現在、[ 就職の為の資格を取る ]という傾向が影を潜め次第に[ プログラミング ]の技術取得が脚光を浴びている。

自らがネット社会で自営や技術者で生計を立てられるという部分において非常にメリットを感じている傾向が強い。

それは今後、自宅での業務や在宅で子育てしながらの仕事を想定している方が多い。
しかも独立や個人での請負仕事も考えられるという。

企業では[ 育児への配慮を考えた中間管理職を育成する ]というニュースがNHKで見受けられたが余りにも行動が遅すぎると俺は考える。

一個人の動きは企業より早い。
[ 代企業に就職し安定した生活を送る ]というスタイルは次第に崩壊しつつあるのだろう。

確かに企業で時間を拘束されるのであれは自由はない。
しかも実際には家庭の環境により収入は絞られる一方だ。

その様な環境を脱していく家庭で在宅勤務や在宅ワーク、最終的にはフリーランスは魅力なのだろう。
今後はこの考えが次第に広まって行くと思います。

実際にオンラインでもプログラムを学べる。


自宅に居ながら勉強が出来る良い世の中になったもんだ。
                (´・ω・`)y-~


------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU