トップページ > 経済に目を向けよう > 債務者のエトセトラ…傾向は常に逃げの発想。(´・ω・`)=3  

債務者のエトセトラ…傾向は常に逃げの発想。

                  (´・ω・`)=3

                    2016年12月29日

今日は事務所の掃除で仕事納めとした。
コレといって業務をしてはいないが冷蔵庫内とトイレを念入りに掃除したくらいかな。

昼くらいに帰宅する途中で事務所のスペアキーを作る為に最寄のホームセンターにて製作。

300円也。クソ安w
15分ほどでデキルらしいとの事なので店内をプラプラしてみた。

暖房器具が充実している。
最近のセラミックヒーターって静かなんやね。
欲しくなったわ。たしか…こんなヤツやったわ。
     ↓

現行のモデルって人体感知センサーや消臭フィルターが装備されてるのね。

他にも電気ストーブもあったが基本的に火の元が気になるのでセラミックヒーターに目が行った次第。
しかも加湿系も必要ないの。

窓ガラスがペア式で無い限り結露が凄まじくなるのでコレもアウトオブ眼中。

でも光熱費がねェ…。
エアコンと大差ないからなぁ。
昔よりはマシだけど。(´・ω・`)y-~

買いもしないのに物色しまくっているうちにスペアキーが完成。
おばちゃん…なかなかやるな。
訊くところによると一般購入品の鍵製作は簡単らしい。

オリジナルとスペアを一緒に固定して削るだけとの事。
だれでも出来ると言われた。

その後帰宅途中で以前にアルバイトで世話になった金融事務所に寄ってった。

社長も元気そうだった。
明日に仕事納めとの事。

ココの金融事務所は単発ではあるが俺が利率の良いアルバイトをしていた珍しい所。

ブラック就労時代にパソコンで書類整理や抵当担保の車両を引っ張ってくる手伝いをしていたの。

世間一般に基本的な意識調査したら町金や闇金って怪しく営んでいると思うだろうケド、実はシッカリと許可を取って運営しているのが実情なの。

無許可でしている俗にいう[ 090金融(←ケータイでやる闇金) ]は超アブねーヤツとはまるで違い、許可制で営んでいる金融は世間のア○ムやプロ○ス等の金融と一切変わらない。

ただし許可内容が大蔵省の看板を掲げていない点が異なるだけだ。

大蔵省の看板を掲げると利率固定があるので非常に多くの顧客を抱えなければならないの。
コレは銀行業とあまり大差ない業務になるかな。

だから許可を取ってやってる小さな町金や闇金は必ず抵当や担保を抑えてから貸し出すので払えない場合は差し押さえて正式に売却して補填するの。

特に車両が多いかな…。

だからその場合だけ人手が必要になる。
俺はその単発バイトを一時期していた。
基本、法律に則って日中にするから割の良いバイトになる。

あれは良い経験をさせてもらったわ。
何故かと言えば当時はアフィリエイトに一生懸命になっていてネタ探し&実務経験もプラスアルファで手に入る業務だったし、何より知らない世界に首を突っ込むのは刺激になるからだ。

今でもその社長とは親交がある。
決して危ない人ではなく世間一般以上に健全な人。
でも借りに来る人達はかなり異常だけどな。

社長の話は非常に面白い。
その理由は全てが実務体験からのものだからだ。
アフィリエイトの方が向いてると思うぐらいにw

そんな中で俺が債務者宅から車両を引っ張っていった頃の顧客が未だに顧客だという事。( ゚д゚)ポカーン

その恐ろしい幾つかの実事例と傾向を教えてモロタ。
お金に関する債務がある人や借り癖のある人間は特に心して聴くべし!

多重債務者の悪癖その@ 宵越しの金を持たず散財&浪費。
稼いだ給料を貯金に回さず散財と浪費に費やすのは基本的にまだカワイイ段階なの。

誰にもある社会人になりたての頃は毎月毎月、月末になると金欠になるのは独身時代にはよくあるレベルだが債権者や多重債務者は少々スケール…というかダメさ加減に年季が入っている。

それは恐怖や悩みを紛らわせる為に散財や浪費をするの。
知ってるかい?(´・ω・`)y-~

kwsk説明すると…債権者や多重債務者って生き物は目の先の苦しみや滞納金への打開策が無いので毎日毎日そのストレスや恐怖を常時抱えている。

だから僅かなお金が入るとそのストレスや恐怖を紛らわせる為に酒を飲みに行ったり、パチンコに精を出すの。

その負債を返したいという意思はあるものの頭にある考え方は[ 一発で全額返済 ]しかなくて、その負債問題に真正面から地道に取り組もうとはしない。

まるで小学校での夏休みの宿題を溜めに溜めて泣き叫んでいるガキんちょみたいな状態なのだ。

だから当然、
かなりの高確率で税金を滞納している。
しかもかなりの長期間に渡り滞納している為に延滞金も蓄積されているので常に逃げている状態。

中には自己破産もしている顧客もいるのだが実は自己破産でも無くならない負債というものがある。

それが税金なの。

だからその滞納額+延滞金が山のようになってるの。
コレで自己破産前とは負債額が幾分軽くはなっているのだが長期間の負債生活で身に染み込んだ生活習慣の惰性力というものは本人の人生に付きまとうものなのだ。

結果としては人生に対して挑戦する意欲も回復させる根気もないクソの様な生き方を送るようになる。


多重債務者の悪癖そのA 常識外れの綱渡り生活
中には債務レベルの軽い客もいる。
だが蓋を開けると上記の輩と遜色ない状態…

もう金欠というより病んでいる。
その象徴たる状況を解説しておこうか。(´・ω・`)=3

債務者が不思議と思えるのが車を所有している事だ。

負債を負っている人種は基本仕事に通うのだが俺のように車の所有に対してサッサと見切りを付けてチャリなり原チャリなりで通えば言いのだが金融へ通う輩というのは不思議と横着を絵に描いたような性格なの。

だから車のグレードを下げても軽四になっても基本手放さない。
しかもココからが怖い実情なのだが…

任意保険に入っていないのは当たり前田のクラッカー。
さらに税金を払っていないのは当たり前田のクラッカー。

トドメには車検を受けていない車を乗っているという超綱渡りカーライフをスリル満点で日々満喫しているという超御乱心状態。


パトカーに捕まったら即免停寸前レベルの減点&キツイ罰金を科せられるのを承知で乗っているんだよ。

それでも給料日には利子の返済とパチンコや競馬に行くの。( ゚д゚)ポカーン

もう終わっている。末期。



多重債務者の悪癖そのB 止血しないままの出血を放置プレイ
コレは債務者予備軍だがブラック就労時代で頻繁に見た事例だが所有する車の車検も税金も滞納者が処分をしないままに自宅放置して更に目も当てられない状態になっている生活を送っている現状を目にした事がある。

普通ならサッサと処分するなりナンバープレートだけでも返却すれば税金は増えないのだがそれを面倒臭がってしまった事例だ。

不思議に思うのだろうが実の所、ローンを組んでいる為に処分出来ないでいるパターンがあるんだよ。

俺は金融にいた時に対処法を訊いたので教えると…

先ずナンバープレートだけでも紛失扱いや返却等で税金だけでも止める事は実は非常に簡単なの。
そしてローン会社に申告して車両を処分して負債を相殺させる相談をすれば多少なりとも身軽になる。

負債者はなぜソレをしないのかというと…

正真正銘真性の面倒臭がりなのだ。

しかも上記の事例と併せてお金の問題に真正面から向き合わないという逃げに徹底している人生態勢が災いしている。

例えるなら注射針を頚動脈に刺さったまま処置せずに苦しみ続けている状態なのだ。
それはそれは想像するだけでゾッとする。
((;゚Д゚)ガクガクブルブル


もしも上記に心当たりがあるなら非常にヤバイ。
一番注意すべき点は行動に準ずる深層心理や考え方にある。

もっとも早い段階で気付かなくてはいけないのがその部分だ。
巷では芸能人の麻薬ネタが騒がれているが俺からしてみれば債務者の深層心理も似たり寄ったりだ。

社長は口を酸っぱくして言う。
『あいつ等は基本的に自分が解っていないクズだ。長い事、金融業をすると最初は気の毒な気はしていたが人生設計の考え方が狂っている以上、助ける事は出来ない事が解った。結局、自己責任で立ち直るしかない!金融業ではそんな顧客に殿様商売するしかないが時代背景もバブル時期のような形では出来ないので次第に別の事業でカバーするようになるだろうな。』と厳しい意見だが事実は事実。

俺も一時期、負債を抱えたので痛いほどよく解る。
結局逃げても逃げても状況は悪化するばかりだ。
責任をもって自己処理するしかない。

多重債務者はタナボタを常に考え、金が落ちていないか下を見たり宝くじを借金で買う。
もう手の施しようがない心境は渇望感極まりない状態なのである。


本当のビジネス感覚を持っている経営者は逆境でも心身を治めながら
常にやるべき事をやっているものなのだ。

以下はそれに準ずる考え方や取り組みを詳しく記した良書だ。
非常に参考になるから読むと良いだろう。
かなり有名なビジネス書だ。今でも繰り返し俺は読んでいる。
          ↓
   
最後にトドメを伝えておく。
長い期間、負債を抱えると考え方や対応が麻痺する傾向がある。

それは
[ 即効性を求めるようになる ]という幻想だ。

この罠に掛からぬような地道な作業というべき
[ やるべきことを積み上げていくお金のメンタリティ ]を習得しなくては改善されない。

オッサンからの御節介だ覚えとけ。(´・ω・`)y-~


------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU