トップページ > 経済に目を向けよう > ビジネス観がないヤツはスグに資産をパァにする馬鹿者。  

ビジネス観がないヤツはスグに資産をパァにする馬鹿者。

                    2017年02月11日

つい最近、キャリア女性との話をする機会があった。
以前ビジネスで御世話になった方なのだが1つ近況を教えてモロタ。

この女性キャリアの方は既に引退し余生をスローで過ごしておられる方だ。

俺が独立〜自主廃業〜ブラック就労時代〜現在のビジネスに携わるまで色々と気を掛けて貰った方だ。

しかしながら不思議な事に近況で思わぬ問題点をボヤッキーされたのには少々驚いた。

『へろ君(←仮名:俺の事)のように色々と挫折やチャレンジの経験を隔てた方が物事をより良く理解できるわ。今、子供達が金の管理や運用に全く興味をもたないの。むしろビジネスに毛嫌いしているのが悩み。』…との事。

キャリア女性は基本的にバリバリのカカア天下でもあるのには理由がある。

それは旧家を守り繁栄させてきた事もあり先代から嫁選びで縁を持った理由は過保護に育てた息子に世間を教えていない背景も相まっているからである。

一応、ココでピンと来る人は持ち家や土地関連等の何らかの資産を所持されていると察するわ。

この始めの言葉を聴いた時にスグに俺は聴き返した。
『なるほど…税金や相続に悩まれているんですね。』

すると『そうなのよ〜。』(;´・A・`)=3

『しかもお子さんが今後どうすれば良いか御理解されてないと…』と俺が答えると…

ちょっと怒った様子で。
(#゚Д゚) 『そうなのよ!あの子達ったら『売ってしまえば良いじゃん』って言うの!私が嫁いで来た時から家を守るように散々先代から仕事ばかりさせられ我慢してきて守ってきた家や土地を簡単に言うのよ。どう思う?!』…と結構なご立腹ぶり。

現在、そのキャリア女性は土地運用に努めて税金相殺を上手に運用しているがご子息夫婦は親元(キャリア女性)へパラサイトしている現状及び、資産運用には全く興味ない状態だそうだ。

近年特有な夫婦の労働形態は扶養であるメリットを生かしてパートタイムを年間所得103〜130万円に抑えるという傾向が強い。

コレは俺がブラック就労や派遣先でよく目にした光景だ。
税金の関係上その様に世帯毎に調整して労働をしている御様子。

俺は基本的にガッツリ稼ぎたい派なので理解不可能じゃ。
キャリア女性も同意見の為、俺がその事に触れたら…
『全く持ってそう思うわ。一生懸命働き、沢山稼ぐという後姿に生き様や勤労の価値を教える事が出来ると思うし人生の選択肢が広がると思うのよ。』…との御意見。

俺は一言添える。
『とにかく一緒に納税や確定申告先や不動産挨拶廻り、そんで今後の土地運用や財務運用をお子さんと御一緒に連れ回しながら学ばさせるべきです。実際にリーマン根性が根付くと安定思考ちゅーモンが根付いて税金の勉強や資産運用の楽しみすら覚えるキッカケを失いかねないし、もし○○サン(←キャリア女性の方)が亡くなられてお金の扱いに翻弄されてしまうのも大きな問題になると思いますわ。お金の勉強は揉め事にも役に立つのは事実ですよ。』…と話した。

基本的に幼少時代からビジネス観を持つのは勤労と同じぐらい大事な事だと思のよ。マジで。

実際に1代で起こした会社では2世代〜3世代に続けさせるのが本当に至難の業なんすわ。

叩き上げのキャリアには裏付けされる実務経験や体験から、どうすれば良いかという選択肢にブレがないからである。

子供を可愛がるというのは2通りの考えと行動があって1つは[ 外に出す ]という事ともう1つは[ 溺愛 ]。

前者は昔から商いは[ 丁稚奉公 ]というのがあって商人は物心付くころには信用の置ける同業者に預ける風習があった。

つまりは目を掛ける事とは将来性の為にスパルタであっても現状では学問を積ませるという実務行為なの。
愛情があるからに他ならんからソレをする。

後者は単なる自己都合的な愛情。
俺からすれば人生にもっとも旨みのある[ 失敗や挫折 ]を取り上げているに過ぎず、将来的な視野よりも今を重視するが故に危険を冒しがちになる。

だから自分が動けなくなると同時に一族がダメになる日がくるの。

近年ではニュースにも出た大塚家具が有名な所かな?
マーケティングをミスるとあっという間に資産をパァにしてしまう事は経済世界ではザラにある事じゃ。

単なる親の影響で実務経験が備わっていない状態で経営に参加するとリーマン根性や概念でイカれた価値観を持ちがちだ。
具体的なものを箇条に晒すと以下の様になる…

○損得勘定で動き易くなる。
特に俺が見た事例ではタイムカードオンリー思考で仕事をしないから仕事のキャリアが積めない=収入の幅を自分で制限し人材が人罪になりがち。

経営者なら目先の事しか目に入らなくなるし、小さなプライドがジャマして本筋から外れる事すら頻繁に起こる。

○時代という経済事情に左右される。
不景気や物価により生活を制限される。

○収入の枠を限定される
必要に応じてアルバイトやパート等の労働を余儀無くされる。
実際に好きで幸せな家庭を目指しているにも関わらず夫婦共働きで消耗しきってしまう場合が多く、子供が巣立った後に人生設計をしなおそうとしても、その時には習慣が大きな壁となり低所得での生活を余儀無くされる。

経営においては大きな改革や行動を取り難くなったり無謀な策を行って取り返しがつかなくなる。

○ダブルワークの弊害。
実際に余暇や自由な時間を出費に奪われると一番懸念されるのが健康なんよ。実際に片方が健康を損ねると絶対的に家族の負担が大きくなり介護を余儀無くされる。

それは基本的に[ 共倒れ ]の予兆でもあるんだよ。
非常に世知辛いが介護の経験がある殆どの方はコレに賛同同意すると思って良いだろう。疑いの余地すらないのが事実じゃ。


上記の箇条書きでなーんとなく解った?
つまり結婚する前〜家庭を持った直後&動ける時にビジネスを。さらに動ける時やプライドが未成熟な時に学ぶのは非常に大事な事なの。

ダブルワークで目先の出費の鎮火をしても必ず出費のボヤは発生する。

経済での災害…例えば入院や怪我、一家の大黒柱が何らかのトラブルでヘシ折れたりしたら絶対的に貧困に陥るだろう。
特に天災レベルとなる経済ショックに陥るとダブルワークでも処理が付かなくなる事がある。

だからより良い時期に[ 不労所得 ]の手段を学ばないといけないのじゃ。

実際に勤めている仕事よりもいずれ自分の収益や時間を稼げるようになる感覚は起業としての醍醐味があるんだわ。

どんな仕事にもやりがいや生きがいがあるが自分でビジネスを所有するってモンは[ お金 ]と同時に[ 時間 ]も稼ぐ事に注目し学び続けなければならんが意外にもハマると超面白いの。

確かに最初は生活習慣や普段の概念が壁になるし、全くと言って良いほど収入にはならん。

だけどあるレベルを突破すると途端にリターンが大きくなり、ついでに時間も制限をなくしてくるのが素晴しい体験となる。

ある意味、俺の世代ではボードゲームにある[ モノポリー ][ 億万長者ゲーム ]での攻略法を見つけるような感じに近い。
ちなみに最近はモノポリーも[ パソコンソフト ][ TVゲームソフト ]で普及してたわ。知らんかった… (ノ∀`) アチャー

実際にTVゲームの[ 桃太郎電鉄シリーズ ]なんかは攻略法に気付く事で資産形成を構築出来るのが解るだろう。

意味合いはそんなものじゃ。
だけどリアルの生活水準に目をやり過ぎると途端に限界を設定して労働や勤労に不平不満・愚痴・損得勘定に絡め取られ易い。

そんな大人達が『勉強しなさい』つっても子供が夢を描けるわけがないし、反対に『勉強してもその先に何があるの?』って逆に問い沙汰されて自分の口から何を言うのか不思議な気がする。

俺はソレに関して速攻で返答できる。
実益や実務経験上からガチで答えられる。

実際に外部指導や以前に母校でのテスト監査(←以前教職員の労働規制により臨時でヘルプがあった為に立ち会った。)で生徒にやっかまれた事があったが高等学校では義務教育終了過程の生徒を相手にしているのでその辺は理詰めで簡単に押さえられるからな。

社会はそれだけ白黒付け易いの。
ガキが口先だけで実務経験をガチで積んだ大人に対抗できるもんか。ボケ!(#゚д゚) 、ペッ

でも小学生〜中学生の教員方の皆様には少々頭が下がる。
それは馬鹿な生徒に屁理屈や少々頭が回る馬鹿知恵を装備している生徒を相手には[ 義務教育 ]やモンスターが付いているから手に負えんじゃろう。

その辺は高等学校の方が割り切れるから少し利があると思うわ。
義務教育に関わる教員様にはマジで敬意を表します。(-人-)


話は戻るがお金の勉強や資産形成の勉強はリーマン世界や概念とは全く方向性が違うの。

割と有名な格言で[
資産家は学問を学ばせる。逆に一般人は学歴を積ませ資格を取りに行く。コレが経済世界ではお金と時間を得る大きな差になる事を知っている知らないかの差である。 ]という言葉。

コレに関しては以下の良書が詳しく教えてくれるわ。
他の記事にもオススメしているが早めに手を打つなら先ず考え方を入れなければ話にならんからな。
          ↓
   
俺は超極貧層から脱出した側だから解るんだが今の子達に勤労や努力の概念を教え込むにはいささか夢がないような気がするわ。

特に高等学校に入学する大半の生徒が単なる学歴しか視野にない子達が社会に出ても社蓄形成の温床になっているから特に保護者の頭の中の[ 考え方 ]がモロに反映されている傾向が見受けられる。

単なるライスワークや少しの余暇、そして僅かな楽しみしか夢を持たない人達が次世代の子達に[ 夢はある? ]と訊かれて何と答えるのだろうか?

その蔭をトレースしていると考える。

中には工業高校ならではのマニアックなヤツもいるが意外とコンナ輩に限って社長になったりするもんだ。

オタクを虐めているヤツは注意した方が良いかもしれん、意外と将来そんなオタクが経営する会社に使われるかもしれんからなwww

まして下請けに入社したら目も当てられんわw (ノ∀`) アチャー

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU