トップページ > 経済に目を向けよう > 時代はロカボ系に突入したかも知らんな…健康志向でリスクを減らすのも大衆ニーズなのだろう。  

時代はロカボ系に突入したかも知らんな…

健康志向でリスクを減らすのも大衆ニーズなのだろう。

                    2017年03月30日

時代は次第に低糖質系時代に突入したかも知らんな。

関連ニュース検索:[ 牛丼チェーン ロカボ 低糖質 ]
wikipedia→低糖質ダイエット & 検索→ロカボとは?

現代の大衆ニーズが気付き始めている。
経済情勢から起業は低糖質文化の察知がかなり早く、ライフ系の業界ではライザップや通販業界が早かった気がする。

そしてとうとう外食産業も着手が始まったなァ…



メニューも試験的に2種用意されているが俺の予想では多分ド当たりのヒット商品になるだろう。
 
なぜ低糖質系のニーズが高まるのかと言えば恐らくの範疇になるが三大疾病からの観点になると考える他に世間の正しい知識がネットから発信され消費者動向がメディアの洗脳から解放されつつあるかも知れないという点にある。

事実、昔は煙草やら清涼飲料水関連でイメージ系のCMの為に大物芸能人やらを使いクリーンなイメージを作り出されていた。

そして数々のヒット商品を世に流出する反面、生活習慣病というキーワードも飛び出た程じゃ。

以外に知られていないが生活習慣病ってワードはそれまでは成人病って呼ばれていた時代がつい最近まで言われていたんだが未成年の発症で近年に呼び名が生活習慣病と言われるようになったんだわ。

食品業界はこぞって糖分多量な食品を大量生産しまくっていたので甘味料や砂糖の代用品を開発せざるを得なかった運びになる。

結果、カロリーゼロ系の商品を発売する傾向を取らざるを得なくなり次第に消費者が気付くようになった経緯があるんじゃ。

だから一部の生産業界は慌ててメディアを操作しかけた事実が結構あるんだが知る人は意外と少ない。



関連リンク:[ 砂糖 CM 弊害 ]

そこで科学的にも低糖質の仕組みを研究関連でも世界中の科学者が調べ始めたの。

その特集で民間のメディア番組がガンの分野でロシアに関連施設が紹介され世間であっという間に拡散し、それから低糖質ダイエットのメカニズムを知るようになった。

そりゃ食品生産業界は存亡が掛かるので必死になるだろう。
全ての経済業界では日々このような事は頻繁に水面下で起こっているものだ。

消費者が正しい情報が容易に手に入る事で消費動向が簡単に変わる為にこれから先の未来は無病や未病に関するものに変化するだろう。

企業からの洗脳ではなく大衆のニーズで世界は変化する時代になったのかも知らんな。

また同時に医療系の観点から一昔前にちゃんとした情報を発信すると驚くほど別業界から圧力が掛かる事を世間はあまり知らないのも頷けるだろうが時代は情報が一個人にダイレクトに流れる昨今、これが緩和される事になる。

だからAmazonで以下の書籍が良書として認められるようになった。割と売れ行き好調じゃ。(´・ω・`)y-~
          ↓
   
双方共に暴露本に属す良書だが一昔前ならばコレに対抗する本がすぐに出版されるのはこうした裏事情があるからだ。

ちなみに世間様が正しい知識を容易に獲得し出すとこの手に関する対抗本が一切発刊されない。

所詮、ビジネスライクなメディアや医療関係に属す方々の撲滅にも情報の恐ろしさは伝わっているのだろうし…ましてそれをバックアップする業界体制も激減したと言える。

あとはお国ぐらいだろうな。(#゚д゚) 、ペッ

これから低糖質の世界が世間の認識を正確にするだろうし、外食産業や食品産業を始めとする健康業界が賑やかになるだろう。

国は現金な事に医療費が莫大になって悲鳴を上げているので予防医療や未病対策には特に支持があつまるだろうな。
まったくもってキャッシュな奴等じゃわい。ε=(-公-;)

来月にでも解禁されたすき屋の新メニューを食いに行ってみようかね。

コレはオマケじゃ。アボーンされてたら許してくれ。
リンクも張っておくから興味があれば見ると良いだろう。
           ↓


   
左が字幕版で右が吹替え版になる。
オッサンからのお節介じゃ。
覚えといてMrオクレ。(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU