トップページ > 経済に目を向けよう > 冠婚葬祭時を選ばず…イザという時に全サイズの衣裳は格安で揃う時代へ!レンタルスーツやドレスはコスパが優れている!  

冠婚葬祭時を選ばず…

イザという時に全サイズの衣裳は格安で揃う時代へ!

レンタルスーツやドレスはコスパが優れている!

                    2017年04月23日

この年齢になると冠婚葬祭が増えるの…
特に結婚式とか葬式とかwww
だからスーツ一式は全てレンタルで済ませていますわw
                  (;´・ω・`)=3

後輩達には事前に『結婚式の通知はお早めに!』という社会性へのマナーを伝達しているせいか準備や予定を立て易い。

まァ…俺なんぞリーマン時代ならいざ知らず、今となっては平日だろうが休日だろうが連休だろうが関係ないけどなw
可能なら平日がヨロシ…道が混まんからな。無理だろけどw

だけど葬儀関係はコチラの御都合お構いナッシングじゃ。
流石にお亡くなりになる場合は時間帯を選ばんから、親族関係者からの緊急連絡網はすごく淡々としている。

特に年上の親族(親兄弟)からの電話は場慣れしているのでマジで淡々モードなのが俺も年齢を重ねてくると返答も『ああ…そうなんだ…通夜は何時?葬儀は何時?』と返答している事に親族も電話越しで『アンタも歳食って慣れたもんだねェ~』と言われる始末。

仕方ねーじゃん。
人生の折り返し地点を過ぎたんだから…(-公-;)ゞ

年齢が30を超えた辺りから体型もアップダウンが激しくなり、過酷なブラック就労時代の関係もあってスーツを度々揃える事が出来ない経済事情だった時から全て貸衣装で済ませてしまうようになったの。
       ↓

   ↑礼服喪服レンタルのやました

実際にサイトに飛んで見ると解るだろうが老若男女は勿論問わず、体型問わず、しかもマタニティや子供衣裳までの冠婚葬祭系が幅広く揃えられてる。
(サイト先に飛べばサイズから選ぶ事も出来る親切なサイト♪)

しかもフルセット(シャツやネクタイ、靴に至るまで)だから手間要らずなんだわ。

さらに驚くのはクリーニングの手間が掛からないのが嬉しい。
実は式が終わっても超メンドクサイのがクリーニングに行ったり引き取ったりで結局は最低でも1000~2000円弱ほど掛かる。

しょーもない事だが自分のライフスタイルに些細なスケジュールを入れるのが億劫な俺にとってはマジで手間なの。

ついつい忘れて1週間後にクリーニングに出す事は20代の時にはザラにあったからなァ…。何せ親父が全て冠婚葬祭を俺に押し付けるからwww

だが今では一式を受け取って使用し、用が済んだらカバンにいれ付属の袋に入れて送り状(←運送便のものが付属されている。もちろん着払いなので支払いは必要ない。)を貼り付けて郵便局やコンビニにブン投げておけばOKなの。超ラク♪

30を超えてから冠婚葬祭に対して黒のダブルを着ても違和感が無くなって…ちゅーより元々ガタイがデカイのでダブルが似合うらしく同年代でも年上に見られる。

結婚式でも葬式でも基本ネクタイの色を変えるだけで良いのは便利だな…と常々感じる。

金封を書くのもメンドクサくて実はエクセルシートで書式を作ってプリンターで印刷している始末。
以前は専用のハンコを作っていたんだがどうしてもインクムラが否めなくて最終的にプリンターになったワケじゃ。

(上のハンコはお役御免のもの…もう10年以上使っていない。そろそろ処分しようと考えている。)

プリンター印刷だから書体が超キレイ!°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
実はあの金封ってバラすとB4の大きさと然程遜色無いの。
知ってたかい?

ただ3点ほど注意が必要で水引を取って裏を確認してみると2種類あるんだわ。

まず1つ目は[ 斜め式 ]と[ 平行式 ]の金封。

コレは裏を見れば判別出来る。
写真は解りやすくするためにマジックで縁にマーキングしているからわかるだろうが必ず印刷するなら[ 平行式 ]の金封を購入すべし!

2つ目は結婚式用の金封。
巷で派手な水引がされているものがコンビニに売られていると思うが名前を書く紙が別の使用があると思う。

下の図はマウスで描いたから解り難かったらスマン。(-人-)

その場合は一旦別紙にエクセル印刷して狙いを付けてから、再度その上に程長い宛名用紙をセロハンテープ等で仮止めして印刷すればOKじゃ!

3つ目はエクセル書式の試し印刷は事前にしておく事。
100円均一ショップ等で試し印刷用のものを幾らか実験用に購入し、事前に書式を組んでおく事をお奨めしておくわ。

実際にシートに起しておけば何時でも何処でも使用出来るし、微調整の練習にもなるだろう。

俺は基本的に緊急用としてヤフーメールにもエクセル書式をアップしている。

コレならパソコンがイカれてしまってもエクセル書式が引き出せるし、ネット環境さえあれば何処でもデータが引き出せるからな。

実際にあった事例だが、遠方の母方(←早くから離婚していた)に用件を済ませに行った時に起こった冠婚葬祭で急遽参列しなければならず、たまたま母が自宅で所持していたパソコンからスーツをレンタルして、金封もダウンし→印刷。

全て24時間程でカタが付いた事があるが本当に事前の備えは近代機器の恩恵とサービスで成り立っていると痛感した。

その意味では[ タイムイズマネー ]と言えるだろう。
俺はコスパ的に自分の時間を削るのが嫌なのでレンタル衣裳に頼りきりじゃわい。

既に直近で20回以上利用している。
便利じゃ!覚えとくべし!(´・ω・`)y-~
       ↓


   ↑礼服喪服レンタルのやました

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU