トップページ > 経済に目を向けよう > 世の中の大半の人達がチャンスを掴めないと思った件。 

世の中の大半の人達がチャンスを掴めないと思った件。

                    2017年05月06日

サイト作りで一服中。
日頃TVを見ていないのでネットに浮いているニュースバラエティの動画を見てみたら話すに値しないネタをムリヤリ煽る人達が仕事とはいえ世間の感情を操作しているように見えた。

関連動画検索:2017年5月1日 バイキング

内容は現段階でのジャガイモ不作によるポテチの転売せどらーを非道呼ばわりしているニュース。

以前書いた記事[ 理不尽極まりないが、この手の理不尽も当たり前と考えてビジネスを想定内と考えて取り組まないとイカンな。 ]でも触れたが[ せどり ]とは完全に扱いが変わる分野だろうけど、突き詰めて行くと線引きをビジネス側からみると[ 売っている商品 ]である以上、コレは認められるビジネスだと考えられる。

実際にコレが[ 株 ]や[ 先物取引 ]であるなら合法だと認知されている。

つまりコメンテーターの人達は何を基準にしているのかが問題であると言える。

メルカリでの問題[ 人間の世界には何から何までどんな仕事だってある。 ]の記事ではコレがマネーロンダリングによる犯罪温床防止の為に規制が入るのは理解出来る。

だから法律で規制されるからな。

だがコメンテーター達は『子供達が可愛そう…』をキーワードに世間を煽る事は世の中のビジネス体制を批判しているのが不思議でならない。

ネット通販業界なんぞは差益を取ってナンボの世界。
仲介が幾ら取ってるか?なんて知らないから言えるんだろうけど、実際に『金利や手数料は当社が負担します!』って言っても実際には価格にそれが既に組まれている事には目もくれない。

世間に流通している日用消耗品なんぞも価格には全く関係の無いCM料(広告費)なんかが既に乗っかっている事も知ろうともしない。

まぁ…TVでそんな事を言った日にゃ降板は確実だからな。
何せゴールデンタイムや正午の番組は殆どが日曜消耗品メーカーが協賛しているから当たり前田の何とかじゃい。

そんな裏側を見るとTVって本当に世論の感情を煽る企業側の戦略が見え隠れしている…どれくらいの視聴者がそれを見抜いているか?

多分…見抜くより、刷り込まれている割合の方が圧倒的に多いだろう。

ネットビジネスってヤツは今まで学校で学んだ事のブラインドを超えた先にあるビジネス世界を学ぶ良い機会だと俺は考える。

学校教育やTV等を始めとするメディアに感化され…巻き込まれ…刷り込まれるとチャンスには疎くなり、まるで掴めない人材に成り下がると俺は考える。

実際に番組内で煽ってる芸能人は仕事でやっているだけの話。
ゴールデンや正午のギャランティはバブルが弾けた零細時代においてもフルコミ制給料体制仕事の代表格である芸能界は他のリーマン業種とはピーキーであるものの目指す価値は絶対にあるのはこの為だ。

何せ一流はリーマンとは単価が違うから。
どっかの人生しくじり系番組でメジャー経験がある元プロ野球選手が年俸話でその部分に触れていたのが良い例だ。

関連検索動画:しくじり先生 新庄剛志

このトークで最も印象に残るのは広告の凄さだろう。
芸能人がどれだけ集客という分野において絶大な効果をもたらすかを極めて具体的に表現している。

この元プロ野球選手はその部分を極めて正直に伝えているがメディアはお笑いとして情報を操作している。

ビジネスに精通している者にとっては『やっぱりそうか!』と激しく納得するばかりであるが、それに気付かない一般的な労働対価を常識とする人達にとってみれば単なる娯楽番組にしかなっていない悲しい現実じゃ。

ただ上記の様な事をガチで言ってしまうと今までの常識範疇外(今まで常識と思い込んでいたという認識の外)の事なので殆どの人達が勘に触ってしまう部分において下手を打つと世論がネジれて国が崩壊してまうからそこはオブラードに包んでいるに過ぎないの。

そんなワケで鷹揚にして1代で大きく財を成した人達はその経済の仕組みに気付いた人達だから常識のブレイクスルー部分の話はとても面白い。

自分自身の常識崩壊話や価値感がまるで反対になった経験話ってモンを結構所持している。
もしもチャンスがあったら訊くとためになるのは間違いない。

最後に今回の内容に付随する極めて詳しい良書を紹介しておく。ビジネス感覚を磨く意味ではかなりの良書じゃい。
          ↓
   
人は概ね同類や同種が群れると本能的に安心するというシステムを備えている。

しかし現代において変化に著しい世界はラッシュアワーから外れる事が実は安全な場合があるの。

経済世界なんぞは特にコレに当たるだろう。
自分の人生において居場所は他人に与えられるものではないと気付ける時代。

しかも情報が簡単に手に入る時代でもあるから、新しい世界や考え方を自分の中に取り込んで人生を変えるのはとても価値ある事だと俺は断言するわ。

このサイトの主旨はソコにある。
勇気と情熱を持って是非ともビジネスにチャレンジして頂きたい。

オッサンからの余計なお節介じゃ。(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU