トップページ > 経済に目を向けよう > 世間に踊る…仕掛けられている事に気付こうか! 

世間に踊る…仕掛けられている事に気付こうか!

                    2017年05月12日

ほらね…結局そんなもんだよ。ε=(-公-;) チッ…

つい最近書いた記事[ 世の中の大半の人達がチャンスを掴めないと思った件。 ]でも触れているが結局、行動を起こしチャンスとしてビジネス扱いするか、反対に批判したり煽られて搾取されるかの違い。コレ大きいよ…マジで。

何を言っているのかと言えばコレを見て頂きたい。
             ↓
関連検索:カルビー 販売休止のポテチ9月に復活へ

お昼の情報バラエティでも散々煽って僅か1ヶ月持たない情報劣化事情…。( ゚д゚)ポカーン

実際そんなモンですよ。

メディアやマスコミは今度『良かったですよねェ』と言う事が予想出来るでござるな。

ココで注目して頂きたいのは[ せどりを通じて短期でもビジネスとしている ]のと[ 煽られて踊らされる ]という縮図が見て取れるだろう。

『たかだかポテチで大げさな…』と思うだろうが人は鷹揚にして、そんな馬鹿げている事をしてしまうのが情報操作の基本。

昔、結構ザラにあったんだわ…コンナの。

思い返せば…

ノストラダムスの大予言。
2000年問題
米騒動&タイ米

昨今情報劣化の速度が極端に早いのはネットによる情報網の確立が発達してきたからに他ならんの。

だから現代においてニュースならまだしも、それを扱うニュースバラエティは感情操作で煽るしか生き残れない裏事情がある。

これから次第に[ 飽きられる時代 ]が確実に来るだろう。
だがコンテンツの王道として歩むスタイルは極めて生き残りの率が瞬時の時事ネタを扱う番組よりも長期的に見ると、結構な確立で強かに固定ファンをつけている番組を見受けられるだろう。

今現在の筆頭各はマツコデラックス氏と有吉弘行氏かな?
独自の切り口や考えを発信して情報の以上の価値を提供しているのが大きな特徴とも言える。

情報番組系&ニュースに関しては小倉智昭氏等が上げられる。
ちなみにコノ手の古参タイプは番組制作側にとっては使い難い人材となる。

何せ番組内で『くだらないニュースですね…』と結構辛口なコメントを堂々と言うから。実際ホントだと思う。

一昔前には久米宏氏等が長年ニュースキャスターをしていたがコレも同様にシッカリと持論を持っていた。

製作者側としてはスポンサーありきでの[ 飯のタネ ]的な意向に従事する傾向が強いが、これからの時代はシッカリとしたコンテンツを確立すべき時代に入ったのだろうな。

短絡的にインパクトのみの番組制作ではバズっても継続出来ない時代になってきたから仕方ないだろう。


話は戻るが[ ポテチ1つ ]でも…
ビジネスとして捉える人 VS 希少価値で購入する人
この違いは如何に?

どちらも同じ[ 行動 ]だが仕掛ける側と仕掛けられる側の違いだけだ。

コレは俺がやっている株式取引でも同じ事が言える。
つまり…

[ 稼ぐ人 ]
[ 儲ける人 ]
[ 損をする人 ]
[ 振り回される人 ]
[ 何もしない人 ]

…ザックリ言えばコレだけ違いが出るのは一体何なのか?
そこに今回のテーマが隠されている。

ちなみに答えは[ 実践 ]と[ 体験 ]と[ 経験 ]の中でしか見出せないコトを先に伝えておくよ。

結局、トライ&エラーでしか分からん世界だから。
以下はその事実に関する良書だ。
          ↓
   
これからの時代は[ 情報の選択と目利き ]である事を最初に提示しておく。

気付けば必ず行動は自然と変化していく。
無理矢理頭で考えて行動すると上手く行かないのは[ 圧倒的にトライ&エラーが少ない ]事と単なる[ 上辺だけの知識の辻褄合わせ ]によるものだと気付こう!

人は必ず腹の底から分かれば人生を変えられる。
ココがポイントになる事を提示しておく。
オッサンからの余計なお節介じゃ。
覚えといて損は無い。(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU