トップページ > 経済に目を向けよう > 出来ないなら出来ないで知恵を出し合えばイイ。 

出来ないなら出来ないで知恵を出し合えばイイ。

                    2017年06月08日

別記事[ これから自動運転へと移行すれば無賃乗車や悪質客も減るだろう…オマケに仕事もな。 ]でも触れたが、この流れでイイと思うわ。

関連記事検索:パナソニック「宅配ボックス実証実験」結果を報告--再配達率が49%から8%に減少

どのみち需要が高まる傾向にあるならばアパート経営やマンション経営をする以上は宅配ボックスの設置が時代を追って求められるようになるだろうな。

ロボネコヤマトも自動運転に伴い普及すればもっと便利に豊かになるし…人は減るけど。

今後、あらゆる分野で労働概念が変化するだろう。
海外のサービス業は出張した方なら解るだろうケド…非常に業務はドライな傾向がある。

飲食店なら結構知っている方は多い。
例えばテーブル毎に担当が決められているのでウエイターの人を呼ぶと『ココは私の担当ではありません。』…とか言われる事がある。

チップ概念上でのトラブル防止(要はチップの取り合い等で従業員同士のケンカ)もあるが海外では[ この業務以外は自分のテリトリー外 ]というのが常識化しているので『会社や店が儲けようが損しようが俺達にはカンケーねぇゼ!』ってな具合で超ドライ。

そりゃブラックにもならんわな。
日本はある意味、その分野では海外から見れば仕事にも命がけに見えるのはそのせいなのだろう。

国によっては飲食店の店員は笑顔や挨拶すら無意味と考えている国もあるぐらいだからな。

でも日本はその点ではサービス業の概念自体が客よりの発想なので自動化の推進はかなり先進すると考えられる。

それを可能にしているのは十中八九、治安の良さが他の国よりは勝っているからだろう。

確かに海外は自販機の普及率が日本と比較しても圧倒的に低いのは治安が酷い為に設置が出来ない点にある。

ネットで検索しても解るだろうが海外の自販機は余りにも厳重すぎるの。俺も海外に1度出張して度肝を抜かれた。
だって…自販機が檻に入ってるし…( ゚д゚)ポカーン


だから日本はこれからもサービス向上の手段として自動化しても本質自体は客寄りの発想で変わらんだろうな。

そーなると後は普及率の問題。
将来人材不足が緩和されると益々雇用の概念も変わり、各個人がビジネスを持つようになると都心に拘らなくても生きていけるようになれば流通網だけでも物資の運搬も可能なのだから、加速的に固有業種も多岐に渡るだろう。

実際に低所得地域や限界集落に行くと生活費等は恐ろしく安価に納まるという極めてリアルな情報もネットやメディアに取り上げられている。

それ故、自分のビジネスを持つにはこのようなネット環境と流通網さえ整備されていれば何処でもセミリタイヤが可能になる。

コレにベーシックインカムなんぞ導入されれば…。
もう会社で働くと言う概念すら必要がなくなるかも知らん。
               (人´∀`).☆.。.:*・°
   
実際にベーシックインカムが発動されれば労働概念は加速度的に変化するだろう。

1日の労働時間は短縮され半日勤務や正規雇用の撲滅。
ブラック就労さえ過去のものになる。

収入に見合った生活を送る意味で過疎化地域への移住者も実際に出て来ると推測される。

それだけ都心は疲れる。
人はもっと自由でも生きられる現実を普及させれば良いと俺は考える。
(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU