トップページ > 経済に目を向けよう > 自分で何かを生み出す力が必要になる時代が来る。  

自分で何かを生み出す力が必要になる時代が来る。

                    2017年06月10日


最近ネットで盗難転売のネタが増えてる。
昔から結構あったんだがいざニュースを見ると結構ヤベェな。


記事検索:週末無人の工事現場狙う窃盗

記事検索:銅線など約40キロ盗む、カメラが捉えた一部始終

俺がガキの頃、導線は[ 赤(あか) ]と呼ばれて集めていたの。それをスクラップ屋に持って行くと駄菓子代に化けてた。

当時高度成長期で至る所に不法投棄されていた家電がアッチコッチにあったわ。

よく山中に行って秘密基地を作る傍ら俺は工具を持って分解していたの。
遊びがてら真空管やら赤を集めては割ったり、売ったりで金にしたりしていたわ。

今では信じられんが同級生は菓子についているオマケを集めて菓子をゴミ箱に棄てて社会問題になった事もあった。

今思えば結構狂ってた価値感だったと思うわ。( ゚д゚)ポカーン
俺はものをイジッたりするほうが性に合ってたからその価値感は理解しかねる。


しかしながら現代では転売目的として窃盗をする人達が昔からいるのね。

学生時代バイト先の建築現場で重機のキーをシート下やバイザーに挟んだりして俺は無用心だな…と思って質問した事があるけど従業員達の返答は『こんなん盗んでもしゃーないやろ。』って程の考えらしい。

何処の現場でも実際にそうだった。
だけど俺が社会人になって間もなく、ATM掬いで全国の消費者金融機関のATMを重機で掬って持ち逃げする窃盗が相次いで工事現場の重機関係のキーは割りと管理されるようになったようだ。

日本はこの手の防犯には本当に疎い。
治安の成せる業とも言える。

昨今は盗難転売がヤフオクやらメルカリやらで出品されているのを見かける。

車両や機械類はシリアルナンバーやら登録が絡むものは絶対に出ないが工具類やら衣類やら多岐に渡ってお金に変えられている。

何でも売れるというのはある意味凄い現象で遂には現金まで売られている始末。

善悪を一旦置いて見ると不思議な事に、何でもかんでも需要があれば売れる時代になっているな…と思うわ。

一昔前なんぞ店舗を構えないと物が売れないとさえ思っていたが今では個人で販売できる世の中になっている。

そうなると生産能力を鍛え上げれば何かに依存せずに自立や独立が可能な世の中にいることになるな。

俺達はそろそろ次の世界に行く時代になったのかも知らん。
今までは労働を会社に提供して決められた対価を受け取るだけの生産性しか考えられなかったが、自分で見つけたものさえお金に変換可能であるのならば自己生産能力を向上させるのは必須科目なのだろう。

その中で自らの生産能力を高められず他人の資産を奪う事で食い繋ぐようになると上記の様な事件にも繋がる可能性が出てくる。

俺がブラック就労時代にもナマポ不正受給するヤツもいたり、親の年金パラサイトしていたクズも存在していた。

だが反面、自戒の想いも過ぎっていたの。
[ 何も生産能力が無ければいずれ俺も辿るやも知れん。 ]って。

だからアフィリエイトビジネスは独学でとにかくトライ&エラーでやりこんだわ。

今から振り返って考えるとアフィリエイトビジネスをする前から色々と思案を巡らせていた事やあらゆる経験や体験をしていて全て無駄になる事はビジネスを学んでいたお蔭で一切なかった。

だからビジネスを学ぶという事は自分の中にある価値を如何にしてお金に変換するかという言わば価値の仕組みに気付く事なのだろう。

それはビジネスの中の[ マネタイズ ]というカテゴリーになる。
コレが実行出来るか?という領域に早く首を突っ込む事を自分の人生について切に自由になりたいのならば強く勧める。
           ↓
   
俺は冒頭の人達を見て思うの。
善悪を外して考えればそこまでの行動力があるのは他の人達よりもある意味、優れていると。

ただ反社会的な行動に結び付いてしまっている事が問題であってちゃんと価値提供や第三者に利益になるものを与える事も考え方や方針転換すれば可能なの。

別記事[ 実在した未成年詐欺師の生涯から学べぼうゼ!俺を捕まえてみろ!って映画。 ]でも書いたが、そんな実益を兼ねた生き方をしている人だって現に存在している。

目の先だけに囚われず長期的に考えれば必ず自分独自の価値を提供出来ると考えれば警察の御厄介になるどころか多くの人達に有益な価値を提供出来る側に回れるだろうと俺は考える。

言い換えれば人間って生き物は生きている人生の中で必ず何かを経験し体験している。

その中にも自分以外の人が求めている情報や価値が存在する事を知ることが大切なんじゃい。(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU