トップページ > 経済に目を向けよう > 人手不足の背景には働き方を見直している人達が急増している事実がある…企業はコレに気付くべき。  

人手不足の背景には働き方を見直している人達が

急増している事実がある…企業はコレに気付くべき。

                    2017年07月04日

最近日本では労働力不足で倒産する業種が増えてきている。
ザマぁ…と思うのは俺だけだろうか?(#゚д゚) 、ペッ

そもそも雇用側は足元を見すぎている。
人はね…本来あるべき[ 労働という概念 ]から外れてくると所詮は単なる[ 奉仕精神 ]や[ やりがい ]だけでは縛れないでござるよ。

都合の良い解釈や常識を押し付けて枠に嵌めようとするから、このような現象が起こる。

実際に安定を目指して就労するという常識が次第に崩壊しているのも事実になってきている背景にはTVを始めメディア関連から世間の人達が放れてきているせいもあるんじゃわ。

SNSを始めネットでは自分の価値感や人生観を見直し、それを発信し共感を集める。

今まではそれを洗脳レベルで一方的に常識レベルまで浸透させていたが情報が即座に共有される現代では多様性がそれを許さなくなってきている。

とても良い傾向になると考えている。
集団においては巨大なグループが逆に結束し難くなってはいるけど実際問題、個人レベルでの経済活動が可能な現代は小規模の運営も現実化しているので言わばSOHOの形態も益々増えて来ても不思議な事ではない。

振り返って見て今まではTVや新聞…雑誌に至るまで常識という概念が浸透しているが現代はネットや漫画、そして番組までがイレギュラーの考え方に対して特集を組むようになって来た。

関連2記事
[ 如何に自分の生き方が大切かという事が大切なのかが伺える…実はかなり勇気が必要な生き方に挑戦していると思ったよ。 ]
[ 自分を偽らず人生に対して正直に生きる…コレがどれだけ勇気の要る事か。単なる批判をほざく人達が無能だと決定付ける理由を説明してあげるわ。 ]

その際に[ あらゆる考え ]が認められる生き方や働き方が受け入れられる意識の肯定さ…と言えば良いだろうか?

認めてくれる集まりが増えてきた。
その考え方にもネットサイトで不思議な現象が起こっている。

例えばAmazonで[ ほしいものリスト ]というものがある。
その他には[ 金くれ ]ってサイトや…
自分のブログやサイトに直接クレジットリンクや講座番号を掲載する人もマジでいるんだわ。

俺は正直驚いた。
俺は過去、幼少期に2度程ホームレスになって確かに残飯も漁った経験はあったが、人に施しを受ける事を極端に嫌う性格になってから『いずれは何かを起して経済的に自由になる!』という強い思念めいたものが育ってきた側としては麦藁帽子を被った若手の海賊君にも負けない想いがあったの。

だからこのサイトを最近見た時、衝撃だった。
俺達の古い世代は[ 乞食根性は人間としての最終地点 ]と思われていたからだ。

だけど[ ドバイの乞食 ]とかネットでみるとコレで経済が回るという事にも驚いたが視野を広げると何かしら情報を発信しているとこの現実世界は不思議と援助が受けられたり、発信している情報に対しての心尽くしが与えられるのがマジで宇宙を覗くくらいに不思議に見えて少々興味深い。

人によっては『なんと横着な!』とか『働け!』って厳しい意見も確かにあるが逆に共感して『還元出来るようになったから還元したい。』という施しの心でする人達も実際に存在する。

ある意味、見返りを求めない寄付の精神だろう。

そこから考えるとコレから先は常識という枠が壊れ、本来あるべき人付き合いが経済を作るやも知らんな。

会社という組織ではかなりドライな状況でサービスや価値提供なんぞ質の劣化に伴う世界で発展は無理ゲーっぽくなって来るとなると[ 富士そば経営 ]しか残らん。

それかフルオートメーション(完全自動化)による超品質の生産やサービスのどちらかになるかなぁ…?


それだけ世の中の価値感が変化してきている。
就労だけに拘る時代は終わってきているかも知らん。

もっと視野を広げるべきだろう。
現代のスタイルはブラックからの離脱が最も収益な生き方になるだろうな。

以下はその概念を破る手伝いをしてくれる。
イキナリ行動というにはリスクやストレスが伴う為に先ずは準備運動が欲しいって人にはオススメする。
読むべし!

(´・ω・`)つ  
ちなみにこの2冊。
近い内にレビューしてみるつもりじゃ。

ガチで面白いわ。
自由になれるヒント…ちゅーより答えでもある。
読むと現代人が如何に躊躇して自由になれない状況が展開されているかがハッキリわかる大変優れた指南書でもあるわな。

かなりオススメじゃわい。(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU