トップページ > 経済に目を向けよう > 都心は超が付くほど自由へのインフラが整っている…あとは気付いてチャレンジするだけだと感じた件。 

都心は超が付くほど自由へのインフラが整っている…

あとは気付いてチャレンジするだけだと感じた件。

                    2017年09月09日

これからの激動時代!
こんな施設が増えてくれる事を切に願うわ。(´・ω・`)y-~

関連検索:ネカフェを超えた「ネットルーム」が大流行、これもはやアパートだろ

ココまでインフラが整ってしまうと後は努力と作業量の問題になるな。

環境もポスト・シャワー・自販機・コインランドリーと基本的な設備すら充実してる。

日銭が5000円確保できれば十分やって逝けるでござるな。
無理にタコ部屋とかニコニコビレッジに逝かなくても人生を復活させる施設になるでござる。

ネット難民になった時にアフィリエイトで2〜3年辛抱すればリーマンクラスの給料に匹敵するからココで人生の戦略を実行すればイイかもしらんな。

後は現状に甘んじ過去扱った記事[ 貧乏を脱出したい貧困層に所属する貴方へ!おまいらが今、必要なのはビジネスを所有する事だという事実を知る事! ]の中国人のような単なる消費の人生を送らなければ確実に人生を再生可能だと考える。

それを踏まえた上で最も注意すべき事がある。
人は目先の娯楽にうつつを抜かしがちになる事だ。

不思議な事に人は恵まれ過ぎると自分で人生をクリエイトできない子達が結構いるんだわ。

だから俺としてはこんな地獄的な情勢のなかでボトム環境に落ちてしまった人には蓄積ビジネスに挑戦して貰いたいものだ。

その気になれば環境やインフラは十分に整っている。
そんな中で過去の常識が通用しない現在の経済情勢の状況を打破するにはとにかく実行力が全てになる。

昨日、伯母の話に少し触れたが昭和のバリバリ世代も『あれ…状況変わってね?』てな感じで気付き始めている。

ソレなのにネット難民は目の前に[ 自由への手段 ]が存在するのに消費だけで生きて逝ってまう。

何が違うのだろうか?

それは自己学習と行動力…そして最後にビジネスの質が経済的環境では特にネックになるという事をまず知るべきだろうな。

さもないとスキーリゾートに無一文&薄着で行くような馬鹿げた行為に等しくなる。

金もない、泊まる所もないとなれば後は緩やかな絶望がジワジワと首を締めて逝くのにエネルギーがある内にアフィリエイト等の蓄積型ビジネスをしないのは勿体無い。

どれだけ[ 知る事 ]と[ 行動する事 ]が形を成し、人生を成すのかが大切だと貴方も解るだろう。

今現在は限界集落に生活水準を引き下げ移住する人もいる。
だが逆にマンボーのネットルームみたいな救済施設も普及すれば良いと俺は考える。

そしてココで生活の基盤を確立させてから激安のアパートやら地方やらへ移住すれば時間からにも人間関係からにも束縛されず自由になる。

マンボーさんもっと普及させて若者を救ってクレ!

以下はアフィリエイトの初心者関連本を提示しておくわ。
もし興味があったら熟読すれば良いだろう。
(´・ω・`)つ  
最後に1つ伝えておく。
経済窮地に陥っている人ほど聴いて欲しい。

コレに関してはココでも論文系サイトでも緊急で綴ろうと考えているのだが負債を背負っている場合ならばとにかくダブルワークからは足を洗うべきだ。

例え返済出来たとしても気力と資産形成すらままならず抜け殻になってしまうだけだからな。

とにかく蓄積型のビジネスを学ぶ事が最優先事項となる。
特に気力も体力もあり、楽観的に『そのうち何とかなるさ。』とか考えているならもう目も当てられない。

事実、経済大国となった日本では現行で既に経済情勢として後進国になってきている。

コレはホリエモンを扱った記事[ ホリエモンの動画で語られている[ グローバル化 ]は極めて具体的な話をしている…実際に起こっている事に照らし合わせればこの件が実はかなり凄まじい事を言っている事に気付くだろう。 ]を始め、各記事でも経験談を含め多分に触れている。

もう製造企業が賃金の格差を利用して外注出来なくなると最終的には国内の仕事のコストを下げるのは目に見えている。

ましてオートメーションが普及する前段階だが、その内に大量にロボットやAIが普及し始めたら更に賃金は下がる事だろう。

今時、賃金が安定する可能性があるのは政治家とNHKぐらいしかないと考えて差し支えない。

既に公務員業務もAIの視野に入りつつある世の中に賃金UPの抗議やら、国にデモ行進したり、選挙に自分の人生を賭けるのは
御乱心召されているとしか思えないのはこの為だ。

関連記事検索:政治家 給料アップ ・ NHK ネット受信料

結局の所、政治家にもNHKにも所属しない我らにとって自らが起業して生計を立てなくては自由すらままならん時代がヒタヒタと背後から近づいているのが解るだろう。

それゆえにビジネス知識が義務教育化していない御時勢には自主的に学ぶ必要性がある。

でも絶望しないで頂きたい。

俺が若き頃、独立を願って色々とバタバタはしたが現在は個人ビジネスを起業するにはとても敷居が低くなった。

そして2000年を機に投資自体も身近になった。
逸早く実行した者が一番たくさん失敗できて、一番経験を積める。

それはつまり成功のコツを掴み易いという事でもあるの。
そこを解ってほしいでござる。

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU