トップページ > 経済に目を向けよう > 野菜もその内にオートメーション化でコストが安定化するだろうなって件。(´・ω・`)y-~  

野菜もその内にオートメーション化で

コストが安定化するだろうなって件。(´・ω・`)y-~

                    2017年09月22日

最近、野菜高騰が和らいだ。
ホンの数週間前は価格が割り増し〜倍値でギャアギャア騒いでいたのにな。

売れ残った野菜は廃棄しているのだろうか?
小売店の裏側を見て見たい気もするが十中八九パンドラの箱なのだろうな。(´・ω・`) ショボーン

ブラック就労時代はもやしが家計の味方だったから重宝した記憶がある。

美味い・安い・何でも使えるから逆にキレイに売れる食材でもあるし、大衆食材だから調理も楽なものだ。

天候にも左右されない工場野菜だからなのだろうな。

関連記事検索:偶然から生まれた「高栄養もやし」は業界の窮状を変えるか


もやしって製造過程上、暗室での製造だから比較的早い段階で工場生産化に移行した代表的な野菜なの。

現代では工場野菜に葉物(はもの)が始め導入され始め、次第に果物系であるものもチラホラ出始めたが今現在は価格が比較的高め。

多分普及率やら人件費やらがネックなのかも知らん。

これがロボットやAI管理導入になると価格の安定&品質向上が見込めるでござるな。

工場野菜の良いところは何と言っても無農薬で栽培が可能であり、害虫が全く介入できない所だろう。

そこから考えればAmazonで青汁が安定的に売れているのも世間様の野菜需要に比例しているのが今回の野菜価格変動でオモロイ程に分かるわ。

ちなみに最近は大人の粉ミルクが急に注目を浴び始めている。
現代は何が流行するかサッパリ分からん。( ゚д゚)ポカーン

まぁ…コレからの時代はロボットやAIとタッグを組めば天候や天災、そして台風や干ばつに左右されずに野菜の安定供給がされるようになるとコストも安定するのは時間の問題だろうな。

俺としては調理すらめんどくさくなる年齢がそのうちに来るから栄養管理士以上の料理の鉄人級レベルロボットが欲しいでござる。

せめて俺が生きているうちにメイドロボットが欲しいわ。
                      (´・ω・`)y-~


------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU