トップページ > 経済に目を向けよう > 組関係者も経済力の時代に四苦八苦…自分達でビジネスを所有する時代に変化している事に付いていけない人達。  

組関係者も経済力の時代に四苦八苦…

自分達でビジネスを所有する時代に変化している事に

付いていけない人達。

                    2017年09月23日


時事ネタ3件
○ 仁科亜季子さんに因縁 逮捕
○ 暴力団が初の2万人割れ 資金難
○ 組のために米泥棒で逮捕 現代ヤクザの悲しすぎる極貧事情

動画検索:ヤクザ みかじめ


以前に書いた記事[ 暴力団組員も経済力がなければいけない時代に…ビジネス力が無ければ時代に飲まれてしまう現状へ。 ]でも触れたが現代の徴収ビジネスはそろそろ国(←税金)とNHK(←ネット受信料)だけの専売特許となりますな。(#゚д゚) 、ペッ

でも暴力団もビジネスを構築した者が生き残る時代になると徴収活動だけでは存続できない事態になるとその内に消える運命になる。

個人でビジネスを起こすと組織に所属する意味も無いし、ギブ&テイクの関係性すら維持できない極めて不安定な組織だから所属している末端組織はコレを機に独立してビジネスを起こした方が良いと考える。

徴収ビジネスやら法に触れるビジネスなんぞ一時の収入でしかなくてリスクと常に隣り合わせの世界に魅力があるのだろうか?

ある意味、ギャンブル的快感にも似た家業なのだろうな。

大きな暴力団組織が分裂するのも徴収する側とされる側のフラストレーションや所属する意味合いに天秤が釣り合わない世界だろうから冷静に考えれば普通の堅気世界で地道な手段を取るのが賢明なのだろう。

そーいや最近、詐欺グループも摘発されまくっているからセンスのある団員も脚を洗って真面目にアフィリエイトなんかすれば個人で生きていけると思うのだが…
(´・ω・`)つ  


------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU