トップページ > 経済に目を向けよう > 無能国会議員共が駄政策をやり始めたわ。(#゚д゚) 、ペッ 

無能国会議員共が駄政策をやり始めたわ。(#゚д゚) 、ペッ

                    2017年11月23日


時事ネタ:自民税調本格論議 年収1000万円超増税軸 新税創設焦点、使い道課題

無能政治家共って自分の給料をカットせずして他人のお金を合法的にカットしていくよな…。(#゚д゚) 、ペッ

俺がガキの頃って親父が吸ってたタバコでもクソ安い銘柄なんかは1箱100円もしなかった時代があったけど、それでも税収はかなりのレベルだった記憶がある。

政治家って生き物は物資の流通や普及に伴って、容赦無く税率を掛けるから冷静に考えると非常に怖い事だと察してまうわ。

ネットで見たのだが観光よる出国ですら税金対象となる可能性がある御様子。

関連検索:海外旅行 税金がかかる 出国税

その内に映画[ トータルリコール ]のように空気や水…そして生きるだけでも[ 生存税 ]とか出て来そう…。
((;゚Д゚)ガクガクブルブル

←リメイク版
俺が観た時代とはだいぶ鮮やかだったわwww
内容は同じだったけどな。


話はもどるが冒頭の記事には[ 給与所得税 ]を対象とするとあるが、やっぱりリーマンが対象なのね。

何だか気の毒な気もするわ。(´・ω・`) ショボーン
ガムシャラに働いて出世しても引かれ、身体を壊し、人生という大切な時間を会社に捧げてこの仕打ちってどうなの?

その内、政治家って一生懸命働いているお父さん達に刺されるんじゃないだろうか?…とさえ思うたわ。

ま、ガチの富裕層はその内に海外に脱出するかも知らんけど。
税金ばかり取り上げるこの世の中で近頃は[ 週末引き篭もりの外出離れ ]がネットで騒がれとる。

近年のお若い世代は現実直視型の冷静な生存処世術で本当にクレバーなのには頭が下がる。

俺等世代なんて[ 死に物狂いで労働! ]って教育ばかりだったから今頃になってやっと経済的にもビジネス的にも本当の意味で自由になれた途端に気付けば[ 時間の貴重さ ]を噛み締めて少し後悔もあるのは事実。

まぁ…チャレンジしまくって失敗もしまくって今に至るからある程度は納得しているが未だにうだつが上がらなかったら…と考えると少し怖い気もする。

残りの半生はじっくりスローな生き方をするでござる。


------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU