トップページ > 経済に目を向けよう > 時代の流れをそろそろ見極めよう…仕事を貰ったり、与えられる時代が先細りになってる事に気付き自分でビジネスを所有する方向になってる事実を知るべきだ。 

時代の流れをそろそろ見極めよう…仕事を貰ったり、

与えられる時代が先細りになってる事に気付き自分で

ビジネスを所有する方向になってる事実を知るべきだ。

                    2017年12月30日


時代錯誤なのか?…それとも言わされているのか?
詳細は分からんけど矛盾だらけの政策ではあるでござるな。

○ 時事ネタ:トランプ氏、再びアマゾン批判=郵政公社は配送料値上げを

国政のトップとは民意の意見に悩まされるのだろうなぁ。
人は経済世界では[ お金 ]を得る為に[ 労働 ]を欲しがるけど不思議とその負担に関しては文句を言う。

何だかどっかの経典に出てきた[ 表向きの解釈 ]が表現してた人間の浅はかさを思い出すわ。

[ 仕事は欲しい…でもキツイのは嫌 ]という矛盾。
コレに経営者は悩まされる。

以前に書いた記事でも触れているけど人為を管理する業務ってマジで人間性の醜い部分を垣間見る…むしろ見まくりになるから病んでしまう。

○ 関連記事:仕事を選ぶ基準が本来のラインとズレてる…コレが現代人の大きな落とし穴かも知らんな。

トランプ氏の意向が本音なのか?…それとも民意なのか?…は不明だが冷静に見ると軍事の事に関しては無人化による表向きは[ 人命の保護 ]を謳い[ 人件費の削減 ]を確実に進めている。

企業も可能な範囲であればオートメーション化による[ コスト削減や人件費を削減 ]をしているのが現状。

テスラ社などの雇用はあくまで材料補給関連のオートメーションを人間にしている程度のもの。

だから[ 製品の品質影響 ]や[ 生産環境関連による影響 ]に関わらせない業務を任せている程度の系作業&低賃金による雇用に留めているのが分かるだろう。

実際に企業が本気になったら物資の補給さえ今後機械化にしてしまう可能性すらあるのだから。

俺が現段階で将来に思える範囲のものだけど…AIや人型系のロボットの製造コストが一般人への普及になるにつれ人材派遣とかの分野でも[ ロボット派遣事業 ]へと移行すると考える。

人間とは違いコストも保障も安価でしかも24H365日運行が可能。

しかも文句も愚痴もデモもストも起こさない優良社員であるし、何より見えない社会保障が一切必要ないのが魅力。

まぁ…その分、メンテナンス費用やら、いざという時の為に保険等が必要経費として計上されるだろうけど…上記のデメリットから考えれば非常に些細な問題に過ぎなくなるかな。

そーなると国政が取る手段はどーしても財源確保し、ベーシックインカムとかで不要な社会制度を削ぐしかない。

現にその兆候が出始めているでござるよ。
        ↓
○ 関連時事ネタ:生活保護 減額


だから2極化は世界基準でも日本は結構緩やかに流れては逝くだろうけど基本的に[ イヤイヤながらでも慣れる ]もしくは[ 自分でビジネスを所有して現状を打破する ]に分かれる方向にクッキリ分かれるだろうな。

しかもその割合は相変わらず8:2は良い方で実際には9:1以下になるだろう。

コレは仕方の無い仕組みだし、俺がブラック就労時代にその現状を多く見た結論でありますですだよ。(#゚д゚) 、ペッ

以下はソレに付随する事実系の良書を紹介しておく。
既にレビューしているのだが、やはり本音の部分と今後の経済事情を真正面から捉える為には押さえておくのがベターだろう。
(´・ω・`)つ  
○ 関連レビュー記事:勤労収入のみは無能の印。本当におまいの人生、薄給で一生を終えるのか?今一度、お金を稼ぐ勇気と気概を持ってチャレンジするべきだ!

そんなワケで逸早く、しかもコツコツとでも良いから事を構える事をお勧めしておくわ。

人生において自分自身のビジネスを所有する事による経済的不安要素が一切なくなると現実的に時間の縛りがなくなるのは非常に生きている上でも健康上&精神衛生上にもメリットは計り知れない。

それを人生の大半の寿命を費やしてから後に晩年に経済の不安を抱えながら生きるのは本当に地獄でござるよ。

俺は早くからその地獄を体験しているから身に染みて分かっているのだけど人は人生に[ 絶望感 ]を抱いた時から正気を保つ事がどれほど困難か…。

しかも、その不安を抱えながら生き地獄の生活を強いるのがどれほど過酷か…。

だから人は現実逃避とか関連する無用なトラブルに出会い人生を駄目にしてまう傾向が強い。

昔から[ 金持ちケンカせず ]という格言があるが実際には[ 金持ちトラブルに遭遇する前に近寄らないし、出会う人生を送らない ]というのが正しい。

だから上記の紹介した良書にも書かれているが豊かな人ほど良識ある人が多いのは経済を通じて[ 精神的にもゆとりがある結果 ]がそのような人生を形成しているのが大半なのだ。

俺が幼少時代、比較的裕福な友人宅に遊びに逝った時にまざまざと感じた違和感はまさにコレだったのよ。

実はな…その時、子供心に感じたのは[ 如何に自分の心が…世界観が貧しかったのかを痛感させられた ]というのが真相だったりする。

子供でも自分の価値観やプライドを守るというチンケな本能というのは備わっていて、それが深層の深い所で発酵してしまうとまだ何とかなるけど、発酵どころか腐乱してまうともう…ね…人生が壊れるから自己教育って大事よ?(´・ω・`)y-~

だから今からでも遅くは無いからこのサイトでは独学を勧めている経緯上、良書を勧めている。

他人から言われると反発してまうけど、自己学習ならまだその反発も納得しながら軽減できる上に自分の組み込んだ常識や想い、そして感情も整理が付くだろう。

ソレによってジワジワでも人生の回復に一役買うのであればトライするべきだと俺は考える。

とりあえずTVは棄ててもOKだろう。
洗脳されるだけで一切役に立たんからな。(#゚д゚) 、ペッ


------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU