トップページ > 経済に目を向けよう > 資本やお金を得る目的は純粋なものであるという事実を真っ直ぐに見よう。 

資本やお金を得る目的は純粋なものであるという事実を

真っ直ぐに見よう。

                    2018年06月24日

農業を営む個人でも機械化の流れ…早過ぎるけど予想通り。

○ 時事ネタ:AIで農業の人手不足解消へ

前回書いた記事からの続編チックになるかもな。

○ 関連記事:久々にコンビニで見かけた[ 資本論 ]が漫画になってた件で色々と考えが巡る人間の弱さ…今後の経済活動にも大きな指針になる一冊。

人って結果的に言うと[ どんなに賃金を下げられていても『それでも雇ってクレ!』っていう時代は暫く続くと思われる。]のが現状。

例えソレが日本人ではなく外国人労働者であろうと…。
だから外国人はそれでも法の隙間を縫ってでもビザを獲得し、低賃金での雇う側とのニーズが一致してしまう現象が実際に起きている。

○ 関連検索:自称“難民”が急増!?超人手不足で今何が…中小企業殺到

現在、コンビニには外国人留学生が至るところで見受けられるのは肌身で感じている。

だけどな…前回にも書いた記事でも触れているけど結局、決起するのは時間の問題でもあり…人間は基本的に縛られる事には酷く拒否反応を起すのは当然。

こうした堂々巡りから脱出するのは機械化という結論に至る。

上記の動画内でハッキリ言われているがコレは綺麗事を抜きにしても経営上、利益を出すには煩わしい不確定要素である[ 人間 ]というものを機械化に移行する事により、生産性・高品質・24時間365日運行・その他諸々の諸経費や福利厚生費が一切不要になるメリットとメンテナンス費用というデメリットを天秤に掛けても減価償却率がアッサリ回収出来るのは誰もが気付き出す。

文句もデモもストも起さず従順に能力の100%を休まず運行するから人間がアレコレ指導する必要もコミニュケーションも必要はなく、外国人を扱う上での言葉の壁すらそもそも不必要なのだから資本さえあればサッサと移行するのは馬鹿でも分かる。

無能な労働者はそれでも不平・不満・愚痴を抱えながら作業してしまうから高品質を維持出来ない状態になり、その結果…クレームが頻発する。

その悪循環で抑圧され『俺達は奴隷じゃない!』とストを起すという運びになるが経営者は『それじゃ、貴方は要りませんから辞めて自由になって下さい。』というと今度は『仕事をよこせ!』とデモを起す。

言葉は悪いがつまり労働者は適度で簡単で自由な仕事をテキトーな負荷で楽に対価を得たいという事になるし、経営者は経営者で[ 本来、会社を起したのは利益を求めたいから ]という原点に帰るという結果に行き着く。

基本、賃金てーのは為替や景気に依存するから経営側は経費や人件費をザックリ差っ引いて利益が残らなければ意味が無く、労働者はその逆で情勢が変わろうとも景気がどうなろうと自分の最低限度の対価だけは確保したい…しかも低コストで。

この人間の弱さが上記での記事に紹介した書籍[ 資本論 ]の本能部分であり肝の部分。

他の記事にも以下の事を書いたと思う。

[ 株式会社は株主のもの。有限会社は出資者のもの。個人事業主は個人のもの。]

…ソレを1社員が綺麗事でどうにか出来る時代は終了している。
幾らメディアやSNSで騒ごうが経営者というのは本気で腹を括れば会社を解体してでも自動化の道に走るのは当然の成り行きとなる。

俺は製造業出身者だからこの意味が痛いぐらい解るんだけどこれらの仕事量ちゅーのはホンの30〜40年前では24時間体制の3交代制で総人数は最低限30人クラスを要してたんだよ。

人件費から考えると1人平均残業無しの3交代制割り振りとしても20万円/月として×30人=ザックリ計算しても600万円/月となる。

コレに色々と諸経費やら福利厚生とか絡むし、週休2日とかなるから稼働日は週5となる。

そこから考えると僅か2ヶ月で1000万円クラスの機械減価償却率とを天秤に掛けると答えはもう一つしかないわな。

今現在、受注生産方式が主流で在庫を持たない企業がほとんどを占めているけど昔はリードタイムとか恐ろしいほど長い商品とかフツーにあったんだよ?

機械を購入するとかパーツを購入するだけで1週間とかモノによっては1ヶ月掛かるものなんて昭和時代にはザラにあった。

今では即日発注=即日発送になるものまで存在する時代になったから時代の進化は凄いと思う。






コレは決して虚言ではないレベルと言える。
その内、管理者すらもAIに変わると考えて良さげ…。

俺がアフィリエイトに流れて逝った経緯も分かるだろ?
個人で且つ確実なビジネスが仕組み上、構築可能なビジネスとして確立出来るのだから。

低コストで維持が出来るし、構築した仕組みが俺にデモやストどころか不平不満口すら言わない。

結局、人と言う不確定要素を極力除去したビジネスというのは経営上危険因子と言う事になるのは当たり前田のクラッカーでござる。

人間が会社や組織で就労するというのは今後…詰みビジネス
なのかもな。(´・ω・`) ショボーン




→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU