トップページ > 経済に目を向けよう > 日本の高等教育の無意味さが最近理解しかねる…義務教育を終えたら高等教育で実践ビジネスを学べるシステムが必要だと感じる。 

日本の高等教育の無意味さが最近理解しかねる…

義務教育を終えたら高等教育で実践ビジネスを学べる

システムが必要だと感じる。

                    2018年07月23日

マジで感動した!。・゚・(つД`)・゚・。
コレこそ実践的な教育だわな。

時事ネタ:13歳少年が無許可でホットドッグ店を営業→市衛生局が許可取得を全面支援へ

日本って教育のシステムが本当に狂っていると俺は考えてる。
俺は実際に工業科に逝って普通科のヤツ等を見てて、なおさら感じた。

ソレは丁度、バブル崩壊直後の出来事。
就職氷河期ってモンが猛威を振るってて俺が卒業して数年後の事、普通科の生徒達が全く就職出来ないまま…やも得ず進学するという具合。

その進学先でも全くもって就職出来ない事態が数年間続いたの。

今から振り返ってみると当時から不思議で仕方なかったんだが、日本の教育って義務教育が終了した時点で進路とか余りにもアバウト過ぎるだろ!って思えるんだわ。

例えば自分に興味のあるジャンルに進学するに当たって[ 普通科 ]って何なの?

…そんな事を考えてた俺。
でもな…実際に起業してみて改めて思い知らされたんだけど起業方法や具体的に資金がゼロからの手段とか教員は全く知らんのよね。マジで。

そりゃそーだ…リーマンだからな。

冒頭の時事ネタに感動した理由はココにある。
大人達が『なぜいけないのか?』そして『ソレをするにはどうすれば良いか?』という具体的な方法と実践を当人に教えてビジネス支援をしている点にある。

日本はコレが全く出来ない知識だけの教育システムだからクソなのだ。

進学するにしても[ 奨学金 ]という名のローンしか与えず、給料を差し押さえての新規社畜人生を歩ませるのは如何なものか?

そろそろ日本の教育はより実践向きで経験を積めるビジネスを体験し、それを自分で起業出来るシステムを学べる教育にシフトするべきだと考える。

近年の子達は学校教育の本当の意味や将来性に絶望していますよ…マジで。

冒頭のニュースの子供が[ 稼ぐ理由 ]がハッキリしているという事は[ 目的あるビジネス ]に直結する事にあると感じた。

もしも大人がコレを単なる[ 法律違反 ]だけでシャットアウトしてしまうならば今後、彼は目先の闇ビジネス(違法商売・犯罪ビジネス等)に走るかも知れない。

周囲の大人達は1人の人生を健全なビジネスに推し進めたと思う。

日本の政治家は見習うべきである。(#゚д゚) 、ペッ
税収や己の給料ばかり考える政治家なんぞ要らんわ!
そんな事を考えさせられたでござるよ。

コレからの時代は[ 就職=就労=社畜 ]という時代ではない。
本当に[ 稼ぐ=起業=ライフワーク ]という健全性の高い時代に移行するべき。

就労は目先の対価交換手段の一番底辺のサイクルに属すものになると顕著に現れるだろう。

だからビジネスをもっと学ぶべき…そしてソレを実践すべき時代になっている事に気付きまっしょい!

(´・ω・`)つ  

→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU