トップページ > 経済に目を向けよう > 搾取ビジネスというブラック就労のアレコレ…実話を話してみようと思う。 

搾取ビジネスというブラック就労のアレコレ…

実話を話してみようと思う。

                    2018年07月29日

結構…この手のネタって未だにあるんやね。(#゚д゚) 、ペッ

○ 時事ネタ:3時間で自動停止するレオパレスのエアコン 設置経緯などを直撃


最初のリーマン時代でもチラホラあったけど、実際に俺がブラック就労時代に体験した時に喰らった事例を思い出話ネタとして幾つか挙げてみる。

★その1。

ハロワから紹介された夜間代行業に所属した時に[ 時給制 ]だったのだが基本、[ 時給制 ]のバイトは暇になれば30分就労程度で上げられ、逆にレギュラー(要は固定給)の場合は長時間コキ使われて計算上、時給が500円切る手前レベル。

だから常に人で不足な自転車操業の会社が多く、車両を短時間で回さないといけないので常時、スピード違反上等な運転となる。

しかも、車両保険代をケチっているので事故なんぞしたら、それは飼い殺しのピンハネ地獄になる。

もうね…ブラックの極み。

そして最も恐ろしい事に辞める時には給料を[ 迷惑料金 ]として50%カットされる始末。

ちなみに俺は給料を貰ってから速攻辞めた。
後で知ったけど、数年後…その代行業の経営者は従業員から傷害を受けて警察沙汰になって廃業してた。
ザマぁでござる。(#゚д゚) 、ペッ

かなり恨みを買う経営をしてたので後にタクシー運転手をしてたらしく、当時の従業員達がタクシー客になった際には仕返しとばかりに超が付く位のクレーマー客に次々変身したそうな。

その元経営者は地獄絵図の業務となっただろう。


★その2。

期間限定の契約就労でのコンビナートプラント職場環境で起こった人間関係トラブル。

基本的にデータ入力と日報管理、そして出勤シフトの管理だったのだが職場がガテン系でセコイ残業ばかりの職場だった。

前任者が鬱病と知ってたのでピンチヒッターとして4ヶ月間代わりに入ったのだけど当時は経済情勢が冷え込んでいて現場では残業を目論んで小銭を稼ぎたいガテン系バカ共がワガママし放題だった。

俺は丁度、前任者の鬱病が[ この板挟みでヤラレたのだと ]理解したのでゴイゴイ来るガテン系プレス(要は威圧的な行為)を逆手に取ってボス的バカをチョロまかして所長と強制面談させた経緯がある。

基本的に現場組は俺の事を[ 事務所組 ]という位置付けでインテリ扱いしてたけど、俺は『何言っンスか?俺…工業卒で派遣ですよ?』と切り替えしてスンナリクリアしてたけど、実際はこの類の人種は過去、学生時代に肉体労働のバイトで散々付き会って来たからチョロかったでござる。

基本…力関係という名のパワハラ系の能無し共は、イザ対面式で管理者の前に逝ってもマトモに正論を並べる事すら出来ないから蔭でバカな行為をするものだ。

結果として…

ガテン系ボス『残業はですね…仕事量が多い為であって…』

管理者『コレ以上残業が増えるなら、シフトを4体制に置き換えて定時制としますが良いですか?』

…で決着。

その後、俺は現場事務所に呼び出されてガテン系ボスに文句を言われ胸ぐらを掴まれたけど、とりあえずシバイて終了した。

アホなガテン系ボスはビビらせるテクは上手なのかも知れんが、肝心な実践的暴力を全く知らないから安易に胸ぐらを掴む癖があるからバレる。

実はコレ(胸ぐら掴み)が一番危険な行為である。
確実に仕留めるなら逃走経路の確保と何でも良いから武器(エモノ)を持ちましょう。

それ以外は基本、脅しでしかないのがモロバレです。
そして幸いココは日本なので銃が無いのがとても良いの。
銃なんぞ一撃で終了してしまうからな…マジで。
日本で良かったでござる。

それと前任者は多分真面目で普通な人だったんだろうなぁ。
カワイソーに…心からそう思ったよ。

バカな価値観を持った無能ガテン系と仕事をするのは大変だったろうに。(-人-)南無。

ココの職場は期間限定で4ヶ月間だけだったけど、その一悶着だけで事が済んだ。

当初、管理者である所長が気を使ってくれて『大丈夫か?』…と割と世話をしてくれたけど、前任者とはうまくコミニュケーションが取れてたのだろうか?

ちなみに退職日にその一悶着の件は既にバレており『無茶をしたねw』と笑って済ませてくれたけど、本来なら『おまいがすべき案件だろうが!』と一言伝えたかったのは前任者が余りにも気の毒な点と、あのガテン系ボスのバカが目に付いた為である。

ブラック現場ってこんな形もあるんだよ?
実際に現場の管理している人員が会社の方針とは違い、そのセコさ故に狂った行為をしやがる搾取系パワハラもある。
知ってたかい?


★その3

コレは後期の就労の話。
この時点では既にアフィリエイト収入と投資の収益が少しづつ増加して心にもゆとりが出だした頃だったか?

当時、工場での派遣をやってて会社が経費削減の為か15分単位での時給が基本だった為に直属の所属長が『○○時の前にタイムカードを打って下さい。』と露骨に言ってた。

俺はコノ手には馴れていたし、既に別口で収入の確保からのゆとりが大きかったので最大14分のサービス残業はモノともしなかったのだけど正当性は感じられなかった。

そんで同じ派遣社員の中には数分待ってタイムカードを切っていたので月末締めの時にその調整(要は時間の足切り)をされた明細に不服申し立てをして逆に上司から激烈に逆ギレされたり、辞職者が出た事が度々起こったの。

そして俺は数年後に独立再起を果たす直前に辞表を正式に提出した時の事。

会議室に呼び出され工場本部長と直属の上司に理由を訊かれたのだが、とりあえず『一身上の都合』を通した。

だが現場は人手不足もあり、食い下がるので仕方無しに独立する旨を明かしてネットの銀行口座の残高を見せたら両名は…

( ゚д゚)( ゚д゚)…ポカーン

…な状態。
引き止める理由がまるっきり無くなって挙句の果てに言うに事欠いて…

(#゚Д゚) ノ『副業は原則認めていないんだがな…違反じゃないのかね?』と。

仕方が無いので俺は…
『ソレではどうやって生活して逝けと?…それに15分ギリギリのタイムカード打刻を数年分はどうしてくれるのでしょうか?』と訊いたら本部長が直属の上司を見て…

本部長『どう言う事なの?』と。

直属の上司『それはですね…』と言葉に詰まる。

俺『履歴を派遣会社から数年分コピーして貰いましょうか?』

コレで引き止めは終わり。
ついでに『過去、この件で辞職した人も沢山いますよ。』と付け加えといた。

計算上、35万円〜40万円分くらいかな?
サビ残料金は。(#゚д゚) 、ペッ
まぁエエけどな。

コレが出来るのもアフィリと投資の御蔭でござるよ。
就労フィナーレに相応しい出来事ですた。チャンチャン♪


話しは戻るが、冒頭の時事ネタでもあったけど経営に関して魅力が全く無い会社や企業は最終的には終わってしまう世の中ですよ。

ソレのシワ寄せを従業員や社員、挙句の果てには店子にまで搾取の手を伸ばす事自体、既に経営の無能さや破綻の初期症状だという事実に気付くべきでござる。

それともし『コレって俺ントコもあるよな…』と思われた人はサッサと会社や企業を見限ってアフィリエイトで在宅副業を始めまっしょい!

それがいずれ大きな収入の柱になるのだから…
間違っても労働のダブルワークをしないように!
アレは身体を壊すだけですよ?
俺は経験済みだからな。ハッキリ逝っておく。m9(`・ω・´)

(´・ω・`)つ  





→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU