トップページ > 経済に目を向けよう > 利害関係の外で旗を立てて生きるというメリットは他人からの嫉妬や妬みを回避するという行為でもあるという事。 

利害関係の外で旗を立てて生きるというメリットは

他人からの嫉妬や妬みを回避するという行為でも

あるという事。

                    2018年09月02日

嫉妬に焼かれまくっておりますプフ氏の構図…人間特有のDNAがそうさせるのでしょうか?


基本的に人間は商売敵に叶わないとなると、残る手段は単に[ 足を引っ張る事や蹴落とす事 ]しかないんですな…コレが。
(ノA`) アチャー

○ 時事ネタ:在仏の日本人ワイン農家夫婦に退去命令 「恥ずべき決定」に抗議の署名殺到



何だか以前に書いた記事で笑えるマーガリンネタでも触れたけど、実力が完全に他者に抜かれて『よし!俺ももっと頑張ろう!』って奮起する人はまだ良い。

○ 関連記事:レバレッジ規制が激しいな…何だか閉鎖的で悪意が感じられるわ…って件

だけど中には『もう完全に太刀打ちできんわ!どーしてくれんだ!』と自分のエゴにしがみつくと次の行動は[ 嫉妬 ]なのだろうな。

技術を修め有能な人が『求められないのであれば別の地で旗を立てます。』と逝って新天地で旗を立ても結果としてファンというものはそちらに流れる魅力がある。

どんなに規制しても関税を掛けてもな。
クオリティが高いモノには価値が生まれるのは当然なの。

これはサービスの世界でも同じ。
海外旅行者がなぜ日本で爆買するのか?
コレも同じ事を示唆している。

そもそもの原因は[ 自分を変えられない事 ]が上げられる。
だからライバルや商売敵の足を引っ張る、蹴落とす、策略に嵌める。

『あいつが悪いんだ!あいつさえ居なければ!』と。
実は己の中の弱さに気付いていない。
見ようともしない。

本当に自身や確信があれば、その必要すらないのにな。

昨日書いた記事関連のビジネスも近い将来に台頭してくるだろうが最初の内、暫くは鍔迫り合いが国内外でも出てくるだろう。

関連記事
○ めんどくさいヤツは何処に逝ってもめんどくさいでござる。(#゚д゚) 、ペッ
○ 人工食肉ビジネスが近い内にやって来る!イイ事ずくめの高品質食材となる可能性が高いかも知らん。


最終的には世の中のニーズやコストでの天秤が采配するんだけどな。

経営者は引き際を問われるのは間違いないし、泥舟に乗っている事を自覚しつつもしがみついて奮起するか、無駄にバタバタもがくのか…という運びになるでござろうな。(´・ω・`)=3


会社や組織内でもエゴによる鍔迫り合いというものを俺は幾度も見てきたが非常に虚しさを感じざるを得ない。

リーマン当時はコレで結構、いがみ合っていた事にバカらしくなって独立はしたが…いざ自分がビジネス内で人間というシステムに依存すると本当に振り回され、手を焼かせられ、挟まれ、最終的に己に食われるあの辛さ。

そしてブラック就労時代に掃き溜めばかりの人間をてんこ盛りで囲まれると人生が腐乱して施しようが無くなる最底辺の環境で人間関係最悪の縮図を見るとマジで終わる。

そんな中でも己のビジネスを所有するという事の大切さを始めて腹の底で味わえたのは、振り返って見ても幸いだった。

冒頭の時事ネタでも読んだら解るとは思うが、己の習得したビジネスという確固たるものを持っていれば[ 立ち位置というものはあまり関係が無い ]事が解るだろう。

つまり持っている[ 旗(ビジネス)]があれば何処でも立てる気概さえあれば、そこが[ 自分の居場所 ]となるのでござるよ。

コレ人生の大教訓ですダヨ。マジで。(´・ω・`)y-~

(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU