トップページ > 経済に目を向けよう > 知らない所で起こる[ 談合・密会・袖の下 ]というビジネスは人間だからこそ起き得る出来事かも知らん。 

知らない所で起こる[ 談合・密会・袖の下 ]という

ビジネスは人間だからこそ起き得る出来事かも知らん。

                    2018年09月23日

経済という世界を無知な菅田君に説いている凜さん。
偏見を持たないで世界を覗くと色んな所で利潤が巡っている。
そんな一幕…[ ハチワンダイバー12巻の1コマ。]



この世に価値が生まれる限り、絶対に利潤の流れは存在する。
これ…人間独特の価値観だと改めて感じる時事ネタでござる。

時事ネタ2件。
○ 1話1500万円を要求 中国で視聴率の買収が横行
○ Amazonの社員らの不正が判明 金銭を受け取り否定的なレビューを削除


別記事にも書いたけどサービス提供側が費用対効果には非常に神経を尖らせているカテゴリーの1つが[ 広告 ]。

○ 関連記事:自爆ビジネスは単なる社畜ビジネス…さっさと独立しまっしょい。(#゚д゚) 、ペッ


昔、俺も学生時代に新聞配達のバイトで金欲しさにMAX160件配ってたから解るンだけど正月とかはdでもない広告チラシが新聞の厚み以上に詰められてんの。

1部配達する厚さが酷い場合30ミリぐらいあった記憶がある。

正月だけは流石に市営住宅とかの階段に中継地点として配達所から新聞(広告詰め後のもの)を荷降ろしして貰って必死に配ってたわ。

だけど最近の新聞って広告が入ってんのかなー?
新聞すら読んでいねーから解らん。( ゚д゚)ポカーン

新聞の広告の費用対効果なんぞ今時、金をドブに捨てる程度のモンだと俺は認識している。

今や最寄の量販店やスーパーぐらいしか利用していないんだと思うわ。

この広告費用対効果が企業は画策を練ってCM合戦している現状からユーチューバー達の未来予想図とかの雑談には割と考えさせられる部分があるでござるよ。

この費用対効果というものを考えるとアフィリエイト方針とかも、アドセンス利用する場合は色々と画策を練る必要がある。

純粋に道楽サイトとかユーチューバーであれば純粋に量を上げれば良いのだろうが少ない労力で質の高いコンテンツ作りを目指すならこのマーケティング思考は外せないかも知らん。

広告という分野においては[ 集客能力 ]と[ 顧客属性 ]が殆どを占める分野だから奥が深いディープな世界でござるな。


冒頭の時事ネタに戻る。

世間様はコレ等のネタに[ 倫理 ]や[ 道徳 ]を持って来てしまって批判ラッシュがトレンドとなるが、悲しいかな[ 対価価値 ]を支払う側にとっては[ その先の利潤が莫大であればあるほど金を仕込む ]のは[ 金 ]という[ 力 ]なのだろう。

最終的にバレた時点で民意の感情に淘汰されるから、ソレまでの間に[ 稼ぎ逃げ ]を遂行出来るかが課題になる裏側も事実あるんだと睨んでいる。

現代では情報化社会とは言われているが、まだまだ裏の経済死海文書のような、隠れた経済の仕組みは人間が張り巡らせていると考えてよさげな感ですな。(´・ω・`)y-~


(´・ω・`)つ  

→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU