トップページ > 経済に目を向けよう > 何が何でも現金化したい心理を逆手に取った自治体で規制強化に拍車が掛かる!…流石にワロタわ。 

何が何でも現金化したい心理を逆手に取った自治体で

規制強化に拍車が掛かる!…流石にワロタわ。

                    2018年09月29日

露骨な返礼方法で何やら賑わっておりますな。
人口数の多い都市 vs 地方都市との対立が激化して流石にワロタ。

○ 時事ネタ:ふるさと納税の返礼品にAmazonギフト券が登場!


今回の時事ネタ…流石に気になってヤフオクで[ ふるさと納税品 ]と検索したら…やっぱり出てきますたよ。

壷やら…皿やら…食料品やら。Σ(゚Д゚;)

結局ね…税金を出来るだけ節税したいとか、ケチりたいという心理がある以上、今回の時事ネタは返礼合戦に何れは出てくる問題なのだと改めて思う。

中核都市以上は納税のパイが少なくなるから騒ぎまくっているけど地方都市とかはココぞとばかりに躍起になっているなァ。

そして納税者も少しでも現金化したい目論見が伺える気がするわー。

コレはある意味、多重債務者がキャッシング枠一杯で首が回らない状態からの〜ショッピング枠購入 → 転売して現金化。

そんな感じですかね。
一昔前にメルカリでシーマンが売られてたり、折り紙が売られてたりしてたけど人間が現金を是が非でも獲得しようとする心理を上手に利用していると感心した事がある。

規制が入る直前には…
『高級魚売ります』とか…
『[ 家政婦は見た ]を売ります』とか…
『目玉の親父の折り紙』とか…
『インド人のコスプレ折り紙』とか…

もうネタだと思えるレベルで現金販売合戦の嵐だった記憶がある。

コレなら多重債務者がショッピング枠で直接現金を手に出来るし利潤も確実にヒットするから考えるヤツは考えるなー…と感心せざるを得ない出来事だったわ。

今回のAmazonギフトの返礼品って正にコレを思い出させる様な[ 血で血を洗う ]に相応しい返礼合戦の幕開けでござるな。

その内に現金とか金券を露骨に返礼したりするのだろうか?
現金の折り紙だったら絶対にバズると思うわwww

まァ…誰かが止めんと違法スレスレ合戦は激化の一途だろうけど、実際何処まで逝くのか正直[ 野次馬根性 ]で見届けたいのも少しはあるでござる。(*゚∀゚)=3ハァハァ


→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU