トップページ > 経済に目を向けよう > 人の怨恨や理不尽さがビジネスを崩壊させる時代…機械化需要に拍車が掛かりそうでござるな。

人の怨恨や理不尽さがビジネスを崩壊させる時代…

機械化需要に拍車が掛かりそうでござるな。

                    2018年10月07日

消費者にはこの手の暴露系情報は企業体制是正として有難いが、これから無人化という閉鎖主義的な助長へと変化しそう…

時事ネタ
○ ヤマト運輸の社員がクビ覚悟で配送センターの惨状をリーク!!人手不足により荷物が酷い状態に…
○ 相撲協会が"貴乃花の政界進出"を恐れる訳


上記の時事ネタとしては[ 共通点 ]として[ 人の私怨 ]が特徴的な印象を受ける。

ソレが個人的なものなのか倫理的なものなのか…は別として。
消費者や納税者にはどちらも有難い申告ではある。

そもそもSNSとかの正当性重視という情報発信は大賛成。
だけど意味の無いバカッターさえなければ有益なものだと俺は認識している。

まァ…娯楽面としての容認も必要だろうけどw


話はさておき…このような[ 死なば諸共 ]発想の内部告発って凄いよなァ…。

昔[ 食肉偽装事件 ]とかはマジで衝撃だったけど近年、次々と情報暴露される[ 企業の闇 ]ちゅーんかいな?…その闇が[ 金 ]や[ 組織体質 ]の側に偏ったものを目にすると[ 組織本質 ]っていう人間の醜さって、やっぱり消えないんだなーと改めて思う。

○ wikipedia:ミートホープ

俺は過去、生産部門やブラック就労に携わっている事で共通した[ ある事 ]に気付いたの。

それは[ 人の惰性 ]。

コレは別記事にも記載しているが人間の本能的な醜い部分。
集団心理の成せる業
とも言うべきなのか?

○ 関連記事:久々にコンビニで見かけた[ 資本論 ]が漫画になってた件で色々と考えが巡る人間の弱さ…今後の経済活動にも大きな指針になる一冊。


人間が就労する時に[ 美学 ]を追求するのか?…ソレとも[ 対価 ]としての効率を追求するのか?

その部分から観ると本当に昭和以前の価値観や倫理観って改めて考えると凄いと感じざるを得ない。

敗戦直後、復興と生活の豊かさを求めて国民は必死に経済を立て直して来た時代を俺は端境期という[ バブル崩壊時代 ]で体験&経験してきた。

始めは[ 就労対価のバランスが崩れた ]と単に考えていたけど、時代の選択支として[ 考え方や価値観の多様性 ]の選択が随分増えた弊害も実際には多分にあると感じる。

コレが良い悪いではなく[ こんな考え方で生きても良くね?]という解釈を自己都合で捻じ曲げてしまって発信する人が増えたのを現代教育現場で近年感じた次第。

実直性が[ 堅物 ]・[ 真面目過ぎ ]・[ 消耗的印象 ]
誠実性が[ 融通が利かない ]・[ 正義感の押し付け ]
柔軟性が[ アバウト過ぎる ]・[ 手抜き ]・[ 自己都合 ]

そんな事を履き違える側面が割と増えて来た。
実際には正解自体、不明瞭なものだけど…その境界線が近年[ 本能的ニュアンスが多分に含まれる ]傾向が強くなって来たと感じる。



流石にこーなると機械やロボットの方がサービス性としては重要視される事になるのは明白な時代。

もうね…これは避けられない現実なのだろうな。(´・ω・`)y-~

それにビジネス面からも逝ってしまえば[ 人間 ]を噛ます事で経営者が描くビジネスが曲げられ、意思疎通が必ずしも末端にまで浸透しない時代になってしまったからなのだろう。



不思議なモンで[ 経営者 ]や[ 消費者 ]側の立場に立てば[ 品質安定 ]や[ 安全性 ]と[ 信用性 ]は絶対条件なのに…[ 就労者 ]側に立てば『会社の将来や未来は関係ねぇ!給料さえ楽して稼げればOK!』という本音を抱えながら働く人は確かに増えて来たのを肌で感じた。

ブラック就労時代後期(最後は派遣だったかな…)に、ある程度アフィリと投資で再独立カウントダウンしてた頃に俺は割りと就労評価が高かったと噂になった事がある。

そもそも過去に残業200時間とか、肉体労働系アルバイトを苛烈なまでにして[ 体力と寿命 ]を対価に換金してたクチだから現代の人達から見ると就労姿勢は確かに群を抜いてたんだろうけど、就労という[ 対価を得る ]という[ 価値観 ]よりも単に[ 仕事の質 ]や[ 就労姿勢 ]が信用と金を得るという[ 思考姿勢 ]が生きる過程で勝手にインストールされてたからしゃーない。

それと相まって、この頃に[ 経営者と就労者 ]の矛盾を常に抱えながら動いてたのが結果として良かったのかも知らん。

コレからの時代は[ 働く意欲 ]というニュアンスよりも[ その道の極み ]という仕事に挑む人と[ 単に目先の就労を仕方なくする ]という人達に区切られるのだろう。

前者は[ 人財(じんざい:有益で必要とされる人材の意)]であり後者は[ 人罪(じんざい:不利益をもたらす人材の意)]となる恐れがある。

自動化は後者に代替され前者はコレを管理する事でより良いシステムを維持・成長させると俺は考える。

[ 労働 ]が[ 就労 ]になるか[ 生き方 ]になるかを問われる時代になった事で冒頭の時事ネタにも通じる事だが最終的には企業や組織に巣食う[ 就労者 ]や[ 保身者 ]は今後どうなるか?

正直、行く末に興味が湧いてまうわな。(´・ω・`)y-~

(´・ω・`)つ  

→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU