トップページ > 経済に目を向けよう > 目覚しい技術革新!人が要らぬ時代へ水面下で劇的に進んでいる。 

目覚しい技術革新!

人が要らぬ時代へ水面下で劇的に進んでいる。

                    2018年10月13日

近い将来、クロネコが空を飛ぶらしい。
コンビニも人が関与しない自販機化となる模様。
( ゚д゚)ポカーン

時事ネタ
○ クロネコヤマトが空飛ぶトラックを開発へ!2020年代半ばまでに実用化予定!
○ ローソン、コンビニ終日1人運営も ICタグ活用で省力化

もうね…日本での労働関係に纏わる労働トラブルや就労トラブルって次第に無くなるのだろうな。

代わりに経済二極化時代が到来。
ベーシックインカムまで、どーなるんだろうか?
そんな感じがしそうな予感。( ˙-˙ )y-~

自分のビジネスを持つ事を俺は超勧めたい。
そしてローンとか負債を抱えている人にはサッサと償却しておきまっしょい。

もう、就労や労働自体に対価をゲットして逝ける時代ではないと察知すべきでござるよ。

○ 関連記事:まずその泥舟から脱出しよう!そしてマイナスの度合いを軽くしてから地に足を付けて生きる事が先決。


日本は海外とは違って一般サービスに[ 人との触れ合い ]というものを求めていない傾向が強い。

対価とサービスの交換。
ソレをスムーズに行えれば事が足りる事を顕著に見る機会が増えた。

人が集まり飲食やアイテム購入。
アトラクションやレクリエーションに至るまでサービスを対価で交換する際に同行者とのコミニュケーション以外でのサービスという面において極端な話、事が足りてる現代社会。

日本はコスト面や労働&就労でのトラブルは経営側にとっても、働いている人にとっても極力コストを割きたくないのが本音だしな。



その内に対人関係での就労や労働という世界が無くなり、究極的には学校の授業でさえも教師という業種がハイブリット化(個別指導系補助システム化でのロボット導入)されたりするかも知らん。

教育とサービス…それをビジネス化すると単に[ 知能を伸ばす ]とか[ 能力の開花 ]という[ 情報系 ]には特化する傾向は確かにあるな…と考えるのが妥当。

[ 体験系 ]や[ 人生学習系&人格形成系 ]に関しては、まだ×2異論の余地はあるだろうけど多感な時期にしょーもない人間関係でのトラブルとか比較でのストレスという人間にありがちな[ 本能のダークさ ]という阻害因子は撲滅出来るポイントは興味がある。

個別指導の良さは多感な時期を温室育ちに出来るメリットは否めないと考える…反面、協調性や共同歩調、そして協力関係という人間独自の文化を否定する事にも問題は尽きないですけどな。

俺は今後の日本での技術投下には期待を込めて静観したい派。
何せ老後になると人間よりも機械に御世話になる確率が高い気がしてならんし…。

だから将来の対価獲得という意味では[ 就労ビジネス ]という世界は[ 無能 ]と直結する確率は極めて高いと考えるのが容易な気がしてならんのよ。

人間しか出来ない、人間ゆえのビジネスを持つ事が大切な時代に突入したと捉えた方が良いでござるな。(´・ω・`)y-~


(´・ω・`)つ  

→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU