トップページ > 経済に目を向けよう > いつの時代も自動販売機は経営者にとっても人気な理由。資本がない経営者は自動化出来ないから人間を機械扱いしたいのが本音だったりする。 

いつの時代も自動販売機は経営者にとっても人気な理由。

資本がない経営者は自動化出来ないから

人間を機械扱いしたいのが本音だったりする。

                    2018年11月24日


昨日、記事書いた後にツイッターを眺めたら気になるつぶやきを見かけた。

クリックするとツイッター表示されまする。

一昔前に実はこの機械が開発されて結構な割合で『機械化なんてたかが知れてる…』と言われてたんだけど、材料投入や料理完了までオートメーションになってくると味の安定性観点から考えれば、この進化は目覚しい。

コレが数年前の動画。


コレを見て大半の人が『人間が作った方が…』という人は経営者感覚から以下の動画を見て頂きたい。


経営者の意向と現場の従業員との意識はまるで対極に向いているのは何時の世も大きなテーマになっている。

だから抜き打ちチェックや、店舗訪問という対人監視コストが掛かる。

現代のフランチャイズ系飲食店を始め、各種旅館や地方の飲食店が冷凍食品のクオリティを利用して経営に使用するのは、上記の理由の延長線上にあって、人件費コスト以外にも安定した提供サービス上、どーしても必要な技術になっているのも解るだろう。

それだけ経営者は従業員という名の人為が工程に入るのを嫌う。

コレに異論がある人は考えて貰いたい。
飲食店に限らず会社組織を眺めるとヒエラルキー式に位置する上司を眺めて貰いたい。

多分多分、上に逝けば逝くほどに仕事量が軽減されていると察するのではないだろうか?

確かに中間管理職というのは激務な人が多いがソレを指示する上司は基本的に肉体労働から解放され、逆に責任と頭脳労働が多くを占めている。

さらに上になると…もはや現場レベルの負荷は一切掛かっていない。

ソレくらい異なる。

そして更に上に行くと…解るかな?
経営者目線になればなるほど、ある種の[ 自動化 ]感覚として管理上での[ 通常運行 ]を理想としているから現場意見との価値観に隔たりが必ず出来るの。

コレが良いとか悪いのではなく、経営とはサービス提供として安定した品質とクオリティを維持しつつ、無駄なコストを掛けたくはないのが本音。

逆に従業員とは極端な話、会社の存続や利益には一切興味が無い。

詰まる所、安定した月収対価にしか興味は無く…何よりも[ 労せず効率良く対価を得たい ]のが本音でござる。

だから人為が入りサービスや品質が低下すると経営者は従業員にアレコレ要求を迫り、従業員は無駄な作業が増えてパフォーマンスが低下する。

始めから[ 決められた事を決められたように安定して同じ事を繰り返す事を低コストで出来る ]事を経営者は望む。

だからこそ、コスト量が一定を把握出来る自動販売機経営が実は経営者としては一番理想形となるのはコレが理由で候。


昨今、従業員の品質とか不正とかが、わりとニュースになっている御様子。

○ 関連記事:もう人間に頼る時代は終了するかも知らん。ある意味、機械の方が信用性が高くなる気がしてならないって件。


経営者はこのように人為のよる質に常時神経を尖らせている。
その意味でも設備投資や増資、資金の流れがテクノロジーへと流れるのは当然と考える。

皆、経営者側に立てば解るのだけど従業員の立場にいるとコレが嫌で嫌で仕方なくなる。

コレに関しても漫画レビューで書いたけど、この溝は永遠に埋らない。

○ 関連記事:久々にコンビニで見かけた[ 資本論 ]が漫画になってた件で色々と考えが巡る人間の弱さ…今後の経済活動にも大きな指針になる一冊。


今後、生産関係やサービス業界…特に日本は海外労働者からの情勢リスクを懸念する傾向が強い。

そんな経緯も含め、AIや自動化、さらにはオートメーション化に拍車が掛かり無人化に特化する国になると俺は考えている。

俺はたまたま経緯上、アフィリエイトや投資へ首を突っ込んで就労世界から離脱出来たから余計に[ 自動化 ]という人為を噛まさない恩恵を実感出来ている。

過去、人間の不安定さがビジネスに大きな失敗を経験しているので今でも利害関係や会社組織の仕組みをマジで吐き気がするぐらい嫌気が差している。

それに独立失敗した経験から、世の中の大半以上の人が従業員洗脳を常識化して気付かないまま経済の世界で負荷やストレスを抱えている人を見ても、自ら気付いて這い上がるしか手段が無い事も腹の底から解ってしまった。

だからこそ経営者感覚という[ 人に頼らず仕組みを構築する ]という行為やマインドはレビュー記事にも書いたけどマジで必須感覚だと確信している。

○ 関連記事:やっぱりそうーだったか!昔アフィリエイト作業中に読んだ本は的確な問題指摘を促していた!書籍[ 社長は「人」に頼るな、「仕組み」をつくれ!]


どのみち日本は税金をガンガン上げないと、どーにもならん部分は否めんし、政治家さん達は己の保身と高額給与に目が眩んで毎日毎日の勤労が[ 批判と上げ足取り ]で手一杯な御様子。

その意味でもアフィリエイトは超が付く位に優秀な自販機経営が構築出来る優れたビジネスですだよ。

何せ人件費も諸費用も一切掛からん。
ソレに人が介在しないからデモもストも起こらない。
在庫も無いし…あったとしてもデジタルコンテンツだから腐らん。

固定資産税金のように莫大なコストも維持費も掛からない。
なんせネット上の固定資産という自販機だからな。
暫くは国も所得税金のみの扱いだから。

未だに御役所にはFAXが現役で存在するし…(;゚д゚)ポカーン


だけど油断はならんと思う。
アイツ等は搾取ビジネスの権化だし、アクセス数で課税対象になったら目も当てられん。

その前に構築して、いずれは離脱すべき。
その意味でも今が構築する時代なのかもなぁ。( ゚д゚)ポカーン


足し算の上級ビジネスであるアフィリエイト。
そして掛け算の上級ビジネスである投資分野。

このコラボが現段階で俺が体験している優れたビジネスモデルだと感じる今日この頃で候。(´・ω・`)y-~

(´・ω・`)つ  

→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU