トップページ > 経済に目を向けよう > 逆スラップで稼ごうとする国民性って危なくない? 

逆スラップで稼ごうとする国民性って危なくない?

                    2018年12月20日


金が取れれば何でもアリなのかい?
( ゚д゚)ポカーン

○ 時事ネタ:“強制労働”韓国人ら約1,100人 韓国政府を相手取り、約110億円補償求め提訴へ


特殊な逆スラップもココまで来ると流石にある意味スゲーわ。
((;゚Д゚)ガクガクブルブル

先の徴用工訴訟問題で日本企業への賠償を裁判勝訴してから、今度は韓国政府に金を請求するとは…最早、金が取れれば何だってOKって感じなのだろうか?

感情国家となると日本のように三権分立の有難みがよく解るで候。

独立&中立の立場の司法が国民感情に左右されるとなると国として今後成り立つのだろうか…チョット危険視してまうわな。


俺…少し思う節があるンだが…

もしも…
もしもよ?

世界中の裁判でお金の請求権利自体が無かったら…世界中のどれだけ裁判が減るだろうか?

純粋に名誉の回復とか、意地の貫きという単なる[ 勝敗 ]とか[ 白黒ハッキリさせる ]とかという[ 刑事裁判 ]のみの主旨で民事裁判のように[ 一切の金銭請求&賠償 ]というものが無くなったと仮定したらどーなるだろうか?

俺が予想するに大半の民事訴訟が無くなると考える。

[ 精神的損害請求 ]とか[ 慰謝料 ]と聴こえは良いが最終的には[ 金 ]に尽きる部分ではあるかなぁ?( ゚д゚)ポカーン

金持ちケンカせず…って格言があるけど、そー考えると…あながち的を得ていると思うわ。

徴用工からの〜今度は韓国政府への賠償問題。
少し見物かも知らんですな。(´・ω・`)y-~




(´・ω・`)つ  

→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU