トップページ > 経済に目を向けよう > 冷え玉が来ますたよ。ナンピンを開始します。 

冷え玉が来ますたよ。ナンピンを開始します。

                    2019年03月21日


イイカンジで冷え玉が投下された御様子。
全体的にキッチリ抑えが入ったですな。( ̄ー ̄)ニヤリ

弾数ガッツリ確保して静観してたから仕掛けますだよ。
やっぱりココって時にまで待つのもトレードでござる。

しかし…今年の頭から定期的に乱高下するから昨年のような一方的な流れに成り難くて有難いですな。

自分で自動ロジックを組む人なんかは結構有利そうな…気がする。

俺みたいなオッサンは腰を据えてでしか出来んから短期で回したり、デイトレは絶対に無理っす。

色々とやってみたが1日2回ほどPCを数分眺める程度でしか、成績上げ&投資スタイルが確立せんかったわ。

でも、この分野は[ 自分スタイル ]を確立した人から自由人への入り口が開かれるから、ある意味[ 鏡に映っている自分 ]との戦いなのかもな。

コレが解っていないと全ての現象や情勢が敵に見えて来る。
つまり全ての現象や情勢に恐怖を覚え、生きた心地がしないという体験や経験をしてまう。

結果、己の恐怖が招いた結果なのに自己責任を受け止められない器が露呈して責任転嫁をしてしまうという愚行を犯してしまうのですな。

よく人は投資の分野においてスグに『教えてクレ』という人が凄く多い。

俺はコレを見て現代教育や一般社会の洗脳だと本気で考える。

学校でも会社でも[ 個性を抜く ]事を長い間に施されると[ 自分で考えられない ]状況に追いヤラレ、終いには[ 失敗する事に対して極端に恐れる幻想 ]に襲われる。

細かな失敗から[ 学ぶ力を取り戻す ]までザラ場に精神的ダメージを喰らい留まり続けると、どんな意気地無しでも流石に学ぶ。

人は[ お金 ]というものに[ 過剰な程の痛みを重ねている ]事に始めて気付く。

その恐怖を乗り越えて戦術を[ 考える ]事が大切なのである。
相場の戦術はそんなデンジャラスな所に留まると本来の能力が目覚めるという事なのですよ。マジで。(´・ω・`)y-~

この部の悪い恐怖に慣れる期間を嫌うというのは人生に対して…というよりも初歩的な部分での[ 経済戦略手段 ]というチャンスを失っている気がする。

つまり[ お金に対する恐怖心 ]を克服出来ないようになると、実はリアルに長期的な経済ビハインドを長く体験する羽目になるのが実際の所さん。

何だか形のない事に対して逝っているけど世の中の大半の人達はその意味でもかなり[ 無駄な恐怖心 ]を学校教育・世間情勢・そして近しい人間関係から刷り込まれている。

特に親ね。(#゚д゚) 、ペッ

だから義務教育を終了したら俺としては高等教育段階で[ 就職の為の学歴積み ]よりも[ 経済力獲得の為の学問を積む ]方が有益な気がしてならない。

もうね…就労は経済獲得原理から観ると初歩中の初歩となる。
元金獲得してコレを消費に回すよりは[ 学び ]に回してビジネス構築に使用して学んだ先の[ 有益性 ]と[ 時間持ち ]を目指して欲しいと切に願う。

お金と時間。
コレを獲得した人から自由人となる。
インターネットの世界ではこの概念が実際にあるから若い子達には独学でも良いからアフィリエイトや投資を学んで欲しいと思う。

結局、人生を[ 安定 ]という就労に費やすのか?
ソレとも人生を[ 自由 ]という学びに費やすのか?

洗脳や情勢に染められる事無く[ 己とは何ぞや?]という問い掛けを自分の人生に常に問い掛けて欲しいで候。


(´・ω・`)つ  

○ 関連記事:改めて投資に関する良書を紹介しておく…参考にされたし。(´・ω・`)y-~
○ 事前質問対策記事:貴方に根負け。海外口座をこの記事で教えとくから後は好きにしてくれ。


→ 【ツイッター】


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU



 ------------- 広告 ------------




 ------------- 広告 ------------


 ----------------------------------- 広告 -----------------------------------