トップページ > 経済に目を向けよう > 経済面での情弱者が海外で犯罪に走ってしまう…日本は[ お金の学問 ]を高等学校レベルで採用する必要が急務ですな。 

経済面での情弱者が海外で犯罪に走ってしまう…

日本は[ お金の学問 ]を高等学校レベルで採用する

必要が急務ですな。

                    2019年03月21日


さっきネットニュースを見てビックリ!
たかが400万円の借金で海外犯罪をするとは…( ゚д゚)ポカーン
完全にヤバかろ。

○ 時事ネタ:カンボジア日本人逮捕、借金苦400万円

そもそも日本は個人再生に関する情報なんてネットやメディアで山ほど伝えているのに情弱者はコレに気付かない。

それだけ日本は就労洗脳に当てられ過ぎると閉鎖的な視野になってしまうのですよ。

さっさと任意整理や自己破産をして、自分のビジネスを構築した方がイチイチ海外に逝って一旗上げようという超高いハードルに挑むリスクは回避出来るのにと思う。

○ 関連記事:まずその泥舟から脱出しよう!そしてマイナスの度合いを軽くしてから地に足を付けて生きる事が先決。


もうね…日本の高等教育が[ 就職の為の学歴 ]だけにフォーカスされているから純粋に経済獲得の手段が単純に[ 就労 ]しか手段を持てず、さらに就職してから企業体に個性を磨り潰され…更にはイエスマンという従順な労働力としての駒化してしまう結果、貧困直行便になる。

これは幾ら日本の方針が目の先でしか機能していない事が浮き彫りになってるでござるな。 (ノA`) アチャー

そもそも人手不足という温床を低賃金が賄っている事に政治家さん達は気付いても見て見ぬフリをして私腹を肥やすから世間様とは全く真逆に給料が信じられないレベルで上がる。

そりゃマズイでしょ?

こーなると俺は大人が個人個人、独学で変化する必要性が出て来ると考えてしまう。

可能なら親がその姿勢を実践するべきなのかも知れんが、中にはソレに拒絶反応をする大人も実際に居るから一概に言えん。

何せ今まで完全に学歴洗脳を受けまくってしまっていると今更、独学だの・独立だの・ネットビジネスだのと拒絶するのは否定出来ない。

何せ俺の暴君親父も人生を変えようとは思うどころか完全に消耗して燃え尽きてしまった人でもあるし、そんな窮地に俺はビックリして自分の生き方を選択する余地無く金を稼ぐしか方法が無かったのだから。

リーマン~独立失敗~ブラック就労を経て今現在、経済力と自由を獲得してはいるが…今、振り返っても[ お金の学問と実践という独学力は早いに越した事無し ]と痛感している。

もし高等学校時代にコレに気付いてネット普及初期に一心不乱で取り組んでいたらと考えると畳を掻き毟りたくなる衝動に駆られるのでござる。

そんな経緯上、次世代の子達にはネット上から俺が伝えたいのは純粋に『まずは親を越えなさい。』という事。

結構、ゲスい言い方だけど純粋に[ 経済力と時間の獲得 ]を完全にマスターすれば基本的に世間様はおろか、親や保護者達から文句は言われないだろう。

それに会社なんぞ起せば多分『ウチの子は社長でね…』とか自慢げに言うと察する。

あれだけ[ 安定 ]を連呼している親でさえ社会的ステータスと実績を叩き出すと評価が手の平クルクル大回転となるのは、詰まる所…殆どの親や保護者というよりも大半の大人達にとって自分の子供という存在を世間体との見栄と体裁が幾許か含まれている傾向が極めて強い。

ドライに言うと最終的にこの経済世界では就労よりも大事な部分で[ 経済力の獲得と時間の獲得 ]というスキルは何よりも尊いと俺は考える。

ホームレスやブラック就労を通じ、リーマン時代の200h/月残業を経験しても豊かには成れなかった経験上、確実に断言出来る。

それだけ就労者というのは経済情勢という組織体に全てを依存しているという側面を露見している。

時間も通勤を含めると1日の半分以上を拘束され、子供に割ける時間すら捻出出来ない。

最も両親という存在が実は根源の教育者なのに、その時間すら作れないのは就労というサイクルが災いしている事を学業で学ぶべき事なのに国はコレを推奨しないのが不思議ちゃん。

もうね…それだけ[ お金の学問 ]は大事なんですよ。
ソレを次世代に投資しないと犯罪率は上がる一方なのだと俺は感じてしまうのです。ハイ。ε=(-公-;)ゞ

(´・ω・`)つ  

→ 【ツイッター】


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU



 ------------- 広告 ------------




 ------------- 広告 ------------


 ----------------------------------- 広告 -----------------------------------