トップページ > 経済に目を向けよう > 経済の思惑がルールになるという現実がある。

  サイト内検索ボックス


経済の思惑がルールになるという現実がある。

 2019年05月25日



昨今、大麻問題が騒がしい。
先の国際動向でカナダとかが合法化した経緯もあって情報が一気に広まったでござるな。

情報のグローバル化で国の情報隠蔽率が格段に低くなりつつある事と昔のようにシークレット情報とかがやり難い状態になっているのだろうかねェ。
( ゚д゚)ポカーン

それはそーと、日本が大麻解禁となる場合…逮捕者や刑務所にいる輩達はどーなるんだろうか?

そんな素朴な疑問も湧いてくるけどな。( ゚д゚)ポカーン

しかし、海外とかが解禁が相次いでいる中で企業体が速攻で嗜好品の開発が成されている。

こうなると最早[ 社会貢献度 ]という意味では単なる[ 税収 ]ぐらいしか考えられないレベルだけど…。

それとカナダとか飲料水とかに大麻飲料として開発が進んでいる御様子。
日本は世界有数のストレス社会だから解禁になると大きな市場になると俺は考えてまう。

日本煙草の代名詞である[ JT ]は早い段階から煙草産業に見切りを付けて早々と冷凍食品とか飲料水とかにビジネス転換して大きな産業となっている。

そして2000年過ぎた頃から煙草に注意書きがされるようになったの。
あれだけCMとかしてたのにな。(#゚д゚) 、ペッ

○ wikipedia:たばこ警告表示

今後、アメリカちゃんが経済やビジネスライクな外交で日本にアプローチしてくるだろうけど、案外というか…意外にも国内での麻薬撲滅的な意味で暴力団資金源を絶つ目的の末の合法化とかになったりする可能性もあるかも知らん。

煙草以上に安全性や、脳への損傷が軽度であれば…と考えてミターリ。
まぁ…それは時代が判断するのだろう。

そんなワケで俺は静観するでござる。( ˙-˙ )y-~

多分…俺がジジイになる1歩手前の頃には『昔は煙草が合法で大麻が非合法だったけどアレは一体何だったのかねェ…』とか言う時代になってそうな予感ですわ。(#゚д゚) 、ペッ


(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 経済に目を向けよう > 経済の思惑がルールになるという現実がある。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

ページのトップへ戻る