トップページ > 経済に目を向けよう > 会社組織は詰まる所、収益格差のヒエラルキー。事実、会社役員は好き勝手にやってますよ?

  サイト内検索ボックス


会社組織は詰まる所、収益格差のヒエラルキー。
事実、会社役員は好き勝手にやってますよ?

 2019年05月26日


ゴーン君が少し前に大きな話題になったけど、実際問題…会社の役員とか上層部ってみんなが知らない所で昇給や高額報酬をガッツリ抜いている場合が多い事を知らない人は多い。

コレと同じ様に不満を持って大きな反発を現実化してしまったのがゴーン君の事件と思われる。

 スポンサーリンク

コレから先の未曾有の経済情勢で露骨な上層部達が利益をガッツリ貪る事を悠長に構えていると、どうしても搾取されまくっている労働者や就労者側の立場は悪化の一途を辿るし、ブラック系の企業体は無駄に生き残ってしまうのが懸念される。

以前にトヨタの時事ネタを取り扱ったけど売上高が30兆を越える大企業ですら粗利が極薄なのが気懸かりな面があるけど、実際に報酬とかを透明化すれば結構、面白いモノが見れると俺は踏んでいる。

○ 関連記事:時代の節目を見た気がした…会社の限界が来ましたな。


これ等に関しては何も企業体だけの話ではない。
議員の報酬とかも似たようなもので昨今の昇給事情とかでも明るみに出ていないだけで国庫がカツカツでも増える所…というよりも、甘い汁を吸血する輩は結構多い事、この上ないものでござるよ。
(#゚д゚) 、ペッ

関連時事ネタ
○ 最大5000倍!社長と従業員の「報酬格差 」が止まらないカラクリ
○ 議員が増えて国民には30億円の“新規負担”  消費税も上がるのに国会議員は「身を切る改革」をしないのか


それと団塊の世代達の票も確実に絡んでいるのか?
結構複雑な裏話も相まって[ 取れるだけ取って崩壊させる ]という現象も確実に始まっているから話がややこしくなる。

そんなウソみたいな現象も確実に起こっているから世の中、不思議ちゃん。
( ゚д゚)ポカーン

ソレ等の経済動向を総計しても今後、各自というか個人個人のレベルで別の経済活動形態を持つのは確実視されるのが鉄板でしょうな。

その為にダブルワーカーもこれから沢山出始めるだろうし、副業とかも常識化するのは目に見えている。

その中でもネットビジネスは大きな市場となるのは確実ですわな。
ネットビジネスと一言で言うには大き過ぎる。

ココでは単にインターネットを利用したビジネスと伝えた方が解るだろう。

それは販売網を利用したものや、デジタルコンテンツを販売する事。
そして金融商品を個人レベルで運用する場合とかザックリ別けると、真っ先に思い付く部分。

 スポンサーリンク


販売網を利用するとは…転売や自家生産品をネットで売る事も含め、リアル商店を持たずしてマーケットを広げる方法。

特に無店舗経営メリットや、リアルに広告を打つ行為がネット普及以前よりも格段に低くなったのは大きい。

実際にSNS関係で手広く農産品を直売している人も存在するレベルになっている昨今、この自家農産事業は昔のJAを通過させない分…大きなマーケットになっているのは事実である。(組織媒体を通す事での昔で言う[ 寺銭(現代用語では手数料)]が不要になるのが大きい。)

事実、Amazonやメルカリとかのプラットホームを通さずしてSNSから個人運営でのHPへ誘導し、農産品を販売している人も沢山いる。

消費者⇔生産者との直接的な繋がりがブランド力を底上げするというのは食に対しての安全性と信頼が成せる構築関係なのだろう。


デジタルコンテンツを利用したものとはアフィリエイトを始めとした、自分のコンテンツを販売する事も含めると大きな魅力がある。

無在庫・無期限・無固定資産税…というトリプルカウンターで運営者に取ってはノーリスクでの運営が財布に優し過ぎる点にある。

ただ大変なのは構築する為の作業量がネックとなるで候。
コレを金で外注する人もおるが、逆に自分の思い通りならないのもビジネスに他人が絡む弱点だと言える。


そして最後に金融商品を個人で運用する部分は言わずとも知れた[ 株式 ]や[ 為替(FX)]に関するもの。

 スポンサーリンク

昨今の株式市場はマーケット自体のキャパ(参加率)が低い傾向が高いので締約に難がある御様子。

その為に安定した参加率が高いFXが最も人気が高いのも魅力となっている。

軍資金が少ない人が意外と海外口座にも流れ込んでいる現状を観ると今後の資産運用や就労対価に未来が見えない日本の現状が伺えるのも頷けるのは当然だろうか?

○ 関連記事:貴方に根負け。海外口座をこの記事で教えとくから後は好きにしてくれ。


そんな現状と冒頭の企業体との関連を遠目に伺っていると思わず…

(´・ω・`).。oO(人が介在するビジネスは終焉だな。)

…と感じてしまうのですよ。
実際に生産業界はAIや自動化になると極端に人が介在しなくなるが故にコスト面や品質、そして業務効率が格段に上がる悲しい事実がある。

上記の動画にも24h/365d体制の機械に初期投資以外のコストは不要のメリットと従業員や就労者に対してのコストデメリットを比較されると、もうグウの音すら出んわな。 (ノA`) アチャー

実際に今現時点で10000時間連続稼動している機械の実例もあるぐらいだから人が機械に張り合うのも無駄な気がする。

結局の所…労働者や就労者というのは出資者とか株主保有の役員とかに利益が流れる仕組みであって底辺現場には利益を還元される機会は皆無だと断言出来るのはこの為なのかも知らん。

そろそろ自分自身の特異性をビジネスにした方が賢明な時代なのでしょうな…と、俺は考えています。(´・ω・`)y-~


(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】



推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 経済に目を向けよう > 会社組織は詰まる所、収益格差のヒエラルキー。事実、会社役員は好き勝手にやってますよ?

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク


ページのトップへ戻る