トップページ > 経済に目を向けよう > 芸能界って経済の原理原則が解っていない気がする。

  サイト内検索ボックス


芸能界って経済の原理原則が解っていない気がする。

 2019年07月22日


吉本興業社長の会見を見たけど当然の結果だと俺は感じた。
理由は経済の原理原則に則った判断だからだ。

コレは未だにビジネス教訓として俺の中に刻まれている。
ソレは…

 スポンサーリンク

株式会社は株主のもの。
有限会社は出資者のもの。
個人事業主は個人のもの。

コレばかりは仕組み上、変らない事である。
仕方がない。(#゚д゚) 、ペッ

○ 時事ネタ:加藤浩次さんが「スッキリ」で大激怒「経営陣が変わらないなら俺は辞める!」、「岡本社長はそういうことをする人」


とは逝っても会社の商品である芸能人は人間。

数字を取る…しかも社会的な発言発信に世間の知名度やイメージがあるが故に『辞める』とか[ 物申す ]という行為は会社の主力商品が離れるのは確かに痛いのかも知れんけど、会社とメディアとの水面下の繋がりというのは俺には解らん世界だろうが…何かあるかも。

そんな感じがするのは俺だけ?( ゚д゚)ポカーン

その意味では[ 所ジョージ氏 ]とか[ たむらけんじ氏 ]のように自分のビジネスを持つ事で目先の[ お金 ]というライスワークからは逃れられる。

じっくり腰を据えて芸能活動を選り好み出来る立場となり、晴れて自由の身であると言える。



会見で減俸の話が出ていたけど実際にはそんなに痛手はないだろう。
その理由は役員であるならば…多少なりとも…何かの報酬部分(kwskは言えんが)には給与とは別枠のハズだからだ。

つまり単なる体裁を装うのは当然の結末。
コレに従業員が腹を立てても仕方がない。

オマケにこの騒動の発端は当人である芸能人側という大前提があるのだから今後も確実にしこりが残るのは必死。

多分、何かしら仕事量に制限が掛かり…その内にメシウマネタでワイドショーを騒がせるのは予想に難しくない。

まぁ…その証拠に社長の顔を見れば[ 腹の虫は収まってない ]のは明白。
それに人間ちゅーのは、そー簡単には変われない。
余程の本能レベルでのショッキングな事が無い限り、データの書き換えはミラクルレベルでは起こらんのでござるよ。

 スポンサーリンク

これらから考えるに本気で将来を考えるならば知名度がある内に、とっとと独立してしまえば良いと俺は考える。

[ 長島一茂氏 ]や[ ヒロミ氏 ]なんかも、その意味ではかなり自由度が高い活動をしているのは参考になるだろう。

結局の所…自分自身のビジネスを所有している人ほど会社組織に依存する理由も必要性も無いままに自由に仕事を選べるのはライスワークから脱出しているに他ならない事実があるで候。(´・ω・`)y-~


(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 経済に目を向けよう > 芸能界って経済の原理原則が解っていない気がする。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク


ページのトップへ戻る