トップページ > 経済をじっくり考える > 現代の納骨事情は劇的に変化を遂げている。

  サイト内検索ボックス


現代の納骨事情は劇的に変化を遂げている。

 2019年08月17日


 スポンサーリンク

別に遺骨というものに多大な感情や思いを持たずとも、人は脈々と何かを繋ぐと俺は考えるのだけれど…。

それに生きている側としては精神環境を支える為の行為や行司であれば利便性を優先しても問題は無いと考えまする。(-人-)

○ 時事ネタ:最新の仏壇がスタイリッシュすぎると話題に

俺はいずれこのような形になると思ってた。

巷では墓苑とかで墓地取得~墓石建立の流れに大きな負担を感じる世帯が増えて永代供養とか、納骨堂の需要が増えてたのを既に10年ほど前から話題になってたからな。(´・ω・`)y-~

そりゃね…地方に出てしまったら墓地とかが超山奥にあると、そりゃ大変よ?

オマケに寺の敷地内とかに存在すると墓の移転手続きで埋葬に関する証明書手続きとかマジで大変なの。

何かのニュースで昔…墓の移転で許可書の欄に[ 管理者 ]の項目だったかな?

寺の住職がゴネて代金1000万円を請求した事例が話題になって裁判沙汰になってた記憶があるけど、過疎化が進む寺の経済事情も必死なのだと当時は驚いたものだ。

それ故に寺側のビジネス戦略を考えれば拠点を利便性の良い駅前とかへ移してからの~納骨供養施設とか永代供養サービスを提供して顧客側(門徒)への精神安定サービスをお金で交換するのも時代のながれなのだろう。

上記動画での納骨システムに関しては殆どの人が馴染みが無いだろうが生産関係に勤めている人は凄く知っているシステムなのよ。

実はラックビルシステムなの。

多くの部品やパーツを扱うとなると自動搬入で管理するから倉庫の運搬や管理システムの統合をするとなると、このような資材管理となるのが一般的。

このシステムは現代において金融部門の[ 自動貸金庫 ]とかにも運用されている事を知っているだろうか?

コレを納骨堂に転用したシステム。

ココで『けしからん!』(#゚Д゚) ゴルァ!!…と逝った人は少し自分の常識とか既成概念を観察した方が良いだろう。

理由はこの企画ブログサイトでも沢山類似記事を書きまくったけど、元来日本人は無宗教国家なんですよ?

 スポンサーリンク

クリスマス・ハロウィン・正月・冠婚葬祭…
あらゆる宗教を上手に利用して精神生活を豊かにして生きている。

それに日本国内で宗教テロに全く感心が無いから海外のようなテロが起きない国家としても非常に世界から注目されている。

不思議でしょ?

ソレもそのハズで、日本は元来…[ 多神 ]を始めから根付かせているの。

そもそも[ 八百万神(やおろずのかみ)]という言語があるように古来から[ あらゆるものに神が宿る ]とされているからなのよ。

ジブリ映画[ もののけ姫]でもコレが如実に表現されているが大半の人がコレを観ると懐かしさを感じるのは当然。

その意味を含め、日本という国は海外での[ 一神教 ]からの争いには全く興味を示さないし参加する意思さえ示さないのは当然だ。

だから日本は[ 宗教を上手に取り入れ、精神を豊かに且つ安定させる為に活用している ]という表現になる。

俺はコレで全然構わないと考える。(´・ω・`)y-~

そもそも根底に[ 八紘一宇 ]が日本の根底である以上、世界が1つの屋根に在るのであれば喧嘩や戦争する理由が見当たらない。

例えるなら家族が各々の漫画や雑誌、そして新聞を見ていてもイチイチ好みで喧嘩や言い争いはしないのと同じ。

だけど世界レベルで観るとコレをガチでやっているから不思議である。
まぁ…戦争ビジネスとか経済操作が入るからそうなるのは人間の特質なのだろうけども、日本は基本的に無関心なのは根底にソレがあるから救われるのも事実である。

まぁ…話は逸れたけど、現代の日本の供養事情は経済情勢の流れに沿うのがベストだと考えるのは当然の流れ。

それに人口も確実に減少の一途を辿るならば遺骨に執着せずとも精神環境を整えるという意味合いを重視して形だけを重視して利用すれば問題は無いでしょう。

そもそも生きているのと、死んでいるという境目って何なのか?
そこに意識があるのと、完全に抜けてしまっているもの。

ココに言葉の意味が含まれている。

 スポンサーリンク

人が御亡くなりになると[ 亡骸(なきがら)]という[ 殻(から)]と言われるのも[ 遺骨は遺骨 ]…つまり[ 殻 ]という純粋な入れ物として[ もの ]と扱うのであれば供養の形は大切な記念品(生きた証)として墓石に拘る必要は一切無く、個人や家族…そして一族の[ 崇拝(すうはい)]形式に委ねるのは当然です。

別に常識とか既成概念に囚われる必要性も義務も見当たらない。
だからハイテク供養が今後普及するのは当たり前田のクラッカーでござる。

故に宗教は戦争や軍事ビジネスの道具ではなく、単に個人の精神環境を安定させる大切な道具の方が実は平和だったりする。(´・ω・`)y-~


(´・ω・`)つスペースを取らないコンパクト仏壇





→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 経済をじっくり考える > 現代の納骨事情は劇的に変化を遂げている。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク


ページのトップへ戻る